« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

ヘイト言葉にすがる乞食パヨク

何の縁もないか弱き女性をホー厶から線路に突き落とす。
鉄パイプを振り回して、地蔵さんやお稲荷さんの首をはねる。しかもあちらこちらで大量にです。最近起こった事件ですが、いずれの犯人も鮮人でした。

難儀な連中ではありませんか。善良な日本人に嫌われる原因を性懲りもなく増産している。
こんなことをしてはダメだ、と言うと、鮮人さまにそういうのはヘイトだ! なんちゃっていうバカまでいる。正しい悪いの判断などそっちのけで、鮮人に関することになると病的に反応する。

お稲荷さんの首をはねても、昔むかし日本は朝鮮半島にひどいことをしたのだから我慢せんかい! とのたまう。
拉致被害者のことをとやかく言うな!
拉致被害者が出ても当然じゃ! と言うパヨクが多い。したり顔で。

味噌クソ一緒で、なんでもかんでも日本が悪いからが正解だと高圧的に決めつける。そんなパヨクや鮮人のみなさまを異常と思わざるをえない。

「ヘイト」という言葉の対象は、日本人に対してのみ、というあんばいてあります。「日本死ね!」は流行語として表彰されても、「朝鮮半島死ね!」と言ったらそれはヘイトだとさぞかし責められる。
普通の日本人なら、○○死ね! などと滅多なことでは言いません。
そんなことを言ったらダメ、それが常識というものです。

南鮮の弾劾騒動でつらつら思うのは、一口で言って「野蛮」。直接選挙で自分達が選んだ大統領を今度は掌返しで追い込むわけで、国民としての反省が全然ない。それが不思議です。
まぁ好きなようにやりなはれ。

IR法案でごちゃごちゃと。パチンコ博打も反対だ、という意見がマスゴミからも全然出てこない。
「朝鮮玉入れ博打」を「遊技」と称してごまかしてきた。
そのええ加減さにアホらしくも苦笑せざるを得ない。

まぁとにかくヘイトと言った方が勝ち、というアホらしい風潮がまかり通るのもへんてこりん過ぎる。
名誉毀損という法律の上に、人民裁判を置いたような悪臭がする。
あなおそろしや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パヨクの便所の落書きメディア「リテラ」 つるの剛士さんを虐める

野党は代案も出さず、なんでもかんでも反対ばかりをやり続けている。

国会の論議が全然面白くないし、興味が失せてきた。

安倍首相なら大丈夫だろうとなにかとお任せ。そんな思いの国民が

多いのだろうし、安倍内閣の支持率は堅調。

公約を実現するためのトランプ政権の布陣がじょじょに見えてきた。

トランプさんは濡れ手に泡の金融で儲けるよりも実業じゃ! とも言ってる

わけで、興味深い。

人は社長だけで、工場は機械だけが動いている。人件費がいらない。

それを理想とする。工場も機械も持たず、金を転がすだけで儲ける

ハゲタカファンドなるものがもてはやされて久しい。

トランプさんは、工場も機械も増やして雇用も増やす、としているなら

なかなかのものであります。

プーチンさんが日本にやってくる。しかも安倍首相の山口県までくると

いうのだから面白い。手ぶらでやってきて歓待だけ受けて帰るつもり

なのだかどうだか。苦笑

日本の敗戦が濃いと見るや、不可侵条約を一方的に破棄して

千島・樺太・北方四島を強奪し、しかもあまたの日本人を拉致して

シベリアで強制労働をやらかせた卑怯な国柄です。

うならすならではおさまらない相手だから、安倍首相も日本も

大変です。プーチンは食い逃げをするだけなのかどうなのか、見物する

だけの価値はある。結果はどうあろうともプーチン訪日は日本にとって

無駄とは思わない。

朴クネ騒動で日中韓3カ国会議がお流れになりそうです。

やっても何の意味もない。

流行語大賞トップテンに、「保育園落ちた 日本死ね!」が選ばれた。

公然と「死ね!」という言葉を使ってもよいらしい。

えらい世の中になってきたものです。右寄りの人が使うと名誉棄損や

ヘイトになり、パヨクなら「死ね!」を使ってもよいなんてことは、まさか

ありませんわね。

パヨクは「日本死ね!」をよく選んでくれたと拍手喝采し、良識ある人は

そりゃおかしいだろと批判。論議を呼んでいる。

半年前くらいには、「安倍死ね!」とツイッターにあげたパヨクなおばちゃん

もいたけど、せっかく流行語大賞のトップテンに選ばれたのだから

〇〇死ね! 言葉をみんなで言い合ったらよい。

当然殺伐とした世の中になりそうね気がする。笑

パヨクな連中の便所の落書きメディアである「リテラ」が、「死ね!」

言葉が選ばれたことに疑問を呈したタレントのつるの剛士さんを

お前は右翼かとたたきまくった。

人の道に外れて暴言をこすりつけてるのはどう考えても「リテラ」

の方で、パヨクは恐ろしいと思わざるを得ない。

「死ね!」言葉にお墨付きを与えた選考委員よ、お前ら「死ね!」とも申し

あげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »