« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

ドゥテルテは面白い

アメリカよ、我々はクサリにつながれているのではない! と言うドゥテルテのご意見にはどことなく賛同できる。

アメリカは同盟国にそういうところがある。攻撃力を米軍に頼り、専守防衛の日本はアメリカのクサリにつながれているところが大いにある。

航行の自由作戦と言って、米軍の艦船が時たま南シナ海を行くけど、たいしたききめがない。ミサイル迎撃システムを同盟国に押し付けるが、実際のところどれだけの効果があるのかわからない。

クリントン女史は、尖閣で日本の国粋主義者がシナを挑発していると最近もぬかされているようです。

アメリカは頼りにはならない、ドゥテルテの言動は正直にそう示している。
そんなドゥテルテをあんたアホやの~
とは言い難い。

大統領選では、アメリカさえよければ競争で、世界をこうしたいどうしたいと言う意見がクリントン・トランプから全く出てこない。アメリカの器が小さくなった。

お前らアメリカの軍事力に頼れない、と言うドゥテルテさんの意志表示に興味を持つ。で、アメリカはどういう態度にでるのか。

本日ドゥテルテさんは安倍首相と会談する。フィリピンとアメリカの関係に深く立ち入らない方がよさそうに思う。両国の関係を客観的に見てこれからの参考にすれば。

ドゥテルテは、領海問題を棚上げにしてシナから2兆円を超える金を引き出した。棚上げだから譲ったわけではない。なかなかのおっさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土人発言に食らいつく朝日る毎日屋

毎日傍若無人に暴れている沖縄のヘリパッド反対屋に対して、その阻止のためにお手伝いに遠方まで出向いている大阪府警の機動隊の若者が、「おい、土人」と言ったとか。笑

直感的に思うのは、売り言葉に買い言葉の発言ではないかということ。
何もしていない普通の人にいうなら問題だが、ついつい言ってしまうほどストレスが相当あったのだろう。

沖縄は、パヨクのプロ市民と称される連中が反日のために自由に暴れられる聖地になってしまっている。
反対屋の中には、朝鮮半島人も混じっているともいわれいる。

昨今日本人の多くは、沖縄のやれこれに同情しなくなった傾向がある。
原因として考えられるのは、朝日る反日プロ市民が暴れていて、純粋の住民運動ではない現実を知る人が増えたこと。

そんなこんなで、また沖縄がもめてるのかいな、うざいの~ということになる。朝鮮半島人の慰安婦問題もんくたれと同等扱いになってしまっている。

民民のもめ事に、一方がヤクザを使ってもう一方を責めているのと同じ印象を持ってしまう。極左のパヨクや朝鮮半島人を排除して、純粋の住民運動をめざすことです。

沖縄のこじれは、歴代政府の対応に最大の問題があります。ヤクザなパヨクや朝日る反日プロ市民をいくら甘えかしても、いつまでたっても何も変わらない。パヨクの無法なテント村や、パヨクによる住民検閲を阻止すべきです。彼等によって公道も自由に通れず、困っている住民の皆さんが多いと聞く。そういう大事な事実を報じるマスコミはまさに希少。
パヨクの悪行には、報道しない自由を反日マスゴミはしれっとやる。

不当な反対テロをやめさせ、ヘリパッドを早く完成させる選択肢以外にありません。沖縄の実情を眺めて、シナはさぞかし大喜びのことでしょう。

全国から沖縄のために遠路出張されている機動隊の皆様、本当にお疲れさまです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

世の中色々

今度は豊洲から水銀が検出されたと騒いでます。今頃になってあれやこれやというなら、各党政治屋もマスゴミも建てる前から熱心にやってればと思う。築地の地べたも掘り起こして色々やってみればと思わぬでもない。
何がしか出てきそうな気がする。

国籍に対して、レンホウの説明は意図的に杜撰。ええ加減なお人であります。日本や有権者をバカにしている。
ところがパヨクな朝日や毎日は二重国籍に協力的で、いつも驚かされる。
パク・クネやパン・ギブンが、次は日本の首相になるぞといっても朝日や毎日などのパヨクな連中は大歓迎しそうな気がします。

パヨクは日本を売り叩くことにやたら熱心で、そのことに優越感を持ち、オレは立派なのだと思い込んでいるわけで始末に悪い。いろんなパヨクの共通項です。
思い込みがやたら強くて、まさにカルト。そして朝鮮半島人に盲目となり土下座する。同朋愛もなく、国益に反発する。

最近も大阪の寿司屋のワサビが多かった少なかったと朝鮮半島人が大騒ぎ。
あの連中は日本に因縁をつけることに精魂を傾注しまくり、今度はワサビでした。目の前に出されたものを見て、気に食わなければこうせいああせいと注文をつければ良い。
ネットにネタふりをして話を大きくしたかったのではないか。

一つには嫌韓感情の盛り上がりが気に掛かっているのでしょう。
ヤクザ、犯罪者、不正、社会悪にいそしんでいるのが日々の事件でもてんこ盛りで、日本人から好かれるような事例などまるでありません。

差別だのヘイトなどに関係がなく、好き嫌いという感性で嫌われているのです。あちらは日本が嫌い、こちらもあちらが嫌い。お互いさまです。
それでよろしいのではないでしょうか。日本人だけにあちらを好きにならないと、それはヘイトだ!というなら理不尽極まりない。

中日新聞が、貧困をネタにろくに取材もせずに想像で記事にしたという事件がありました。同じパヨクの東京新聞がそっくりそのまま掲載したらしい。
笑止千万。謝罪したようですがあほらしい。それでも謝ったのですからまだましというところでしょうか。
朝日や毎日ならほったらかしでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつろい

今年はなかなかスカっとした秋がやってこない。台風18号は、日本海沿岸を進んで北陸や東北地方に行くらしい。あっさりと朝鮮半島に行けばよいのにへんてこりんなコ-スではありませんか。季節のうつろいが素直ではない。

赤旗の購読者が深刻なくらい落ち込んでいるとのこと。朝日新聞を退職する人間がこれまた増えているらしい。
世の中のうつろいは健全に進行しているのだと確信する。

いかなる商売も、嘘や粗悪品を世間さまに押し付けて成り立つわけがありません。報道の自由という神聖な理念を権威づけて悪用してきた。
ダラダラとひっそくするよりも、スカっと倒産してもらいたいものです。
新聞社の「押し紙」は、非道なシステムです。在庫を下請けに押し付けて、部数という広告料の基準を偽る。悪質な詐欺です。そんな詐欺屋が、偉そうにパヨク的道徳を垂れる。

マスゴミという権力者に一矢を放ったのは、開かれたネットの世界です。
詐欺屋の報道と正しい報道の区別が明確になりました。
マスゴミには、我々が社会を見張っている指導者だと思い上がっている気分屋が多いが、いまや健全な国民に見張られている現実に気づこうともしない骨董的バカが多い。
マスゴミこそ世のうつろいから立ち遅れている。

若者にパヨクの人気がない。でもって右傾化、右傾化したと姦しく非難している。あほらしい。
騙されて反日に共鳴しない健全な若者が増えたわけで、実に真っ当なことであります。右翼が増えたわけではなく、リベラル本来の人が増えたと捉えるべきでしょう。朝日る戦後リベラルは反日極左だった。

代表質問でレンホウは22回も「提案する」と叫んだのだが、民進党面々の質問は「お前の母ちゃん出べそ~」的なことしか安倍首相に言いえていない。嘆かわしいことではありませんか。民進党は社会党に先祖帰りしたという意見もありますが、そもそも社会党のエイリアンが民主党にたくさん潜んでいたわけであり、であって当然といえる。まさに世のうつろいから立ち遅れている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »