« SEALDs報道から見える毎度のマスゴミ | トップページ | 嘘つきレンホウと朝日る北朝鮮 »

華僑レンホウとヘイト屋


政治家は法的には二重国籍でもOK?
そんなもんらしい。正直勉強不足と言われたらそれまでだが、まさかそんなことはありえないと素直に思っていた。

二重国籍で政治家になって、どっちの国に貢献するのだろう? どっちにも? 器用ですな。
アイデンティティは、地球市民ですかいな。尖閣問題では、日本が実行支配しているものの、シナも台湾も盗っ人猛々しく我が領土と主張している。
二重国籍の政治家どもは、竹島など日本の領土領海に対していかなる見解を持っているのか、日本国民及び有権者につまびらかに自ら表明すべきです。

マスゴミも問いただして当然だと思う。ところがほったらかし。マスゴミはやっぱり役立たず。マスコミではなくマスゴミたる所以ここにあり。

二重国籍のことがここまで盛り上がっているのに、民進党の皆さんは意に介せず、粛々と代表選をすすめていくおつもりのようです。さすがに民進党、通名の如く党名をかえたけど、頭も尻も隠さず。イメージにぴったんこです。

二重国籍でも日本の政治家になってもよい、なんていうことは根本的に大問題です。工作員が堂々と暗躍出来るザル法を速やかに改正してもらいたい。

民進党はまぁこのまま代表選をやりなはれ。パヨクな面々、パヨクなマスゴミのそんなの関係ねぇの励ましにおされても、圧倒的大多数の国民・有権者に益々そっぽを向かれることでしょう。

人権は尊く、誠実にお互いに守りあうべき大事なことながら、以前は人権屋、今はヘイト屋が横行しています。
稼業として、イデオロギーを拡散する手段として、ヘイト問題を悪用している。気がふれた人に刃物を持たせるがごとく、何でもかんでもヘイト呼ばわりをして、議論を人権問題にすり替えてこすりつける。

レンホウの二重国籍問題をとやかくいうのはヘイトだ! には驚きました。
会見を開いて政治家として、野党第一党の代表選の候補者としてまずつまびらかに説明責任を果たすべき事柄ではありませんか。
ヘイト云々は、パヨクのまさに議論のすり替え。ヘイト論で遮断すると、彼女の今後にも有益とは思えない。

|

« SEALDs報道から見える毎度のマスゴミ | トップページ | 嘘つきレンホウと朝日る北朝鮮 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/67402694

この記事へのトラックバック一覧です: 華僑レンホウとヘイト屋:

« SEALDs報道から見える毎度のマスゴミ | トップページ | 嘘つきレンホウと朝日る北朝鮮 »