« 2015年9月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

環境の変化はとどまることなし

29日、北鮮の労働新聞は、「日本の圧力に徹底的対処」と電子版に掲載した。ご苦労さん、日本の対応が効果があるのだろう。

小池都知事は、朝鮮大学の認可見直しの意向を示したらしい。歓迎すべきことです。昭和のパヨクである美濃部都知事は、政治的にも社会的にもなんらコンセンサスをはからずに、強引に朝日る認可をやった。
これだけでも鳥越が知事にならなくて良かったと思う。

祖国が核実験を成功させ、武力大国になった。ノドンに搭載させて5~6発ぶち込めば、日本はがったがたになる。積年のよからぬ恨みを10分あれば果たせる。
朝鮮人としての誇りを持ち、祖国を愛する気持ちは認めるし理解はできる。

日本人であるのに、祖国日本を愛せない連中こそ理解できない。

在日の連中に対して不思議に思うのは、民族同朋をとことん踏みつけ、究極の圧政をやらかせている祖国の政権に対して、一向に反発しないこと。
在日のそんな言動などみたことがない。逆に同朋をいじめている政権に貢いでいるあんばい。
何がアイデンティティやらサッパリわからない。

クリントン女史とトランプのTV討論では、大方の予想通り彼女が勝ったようです。トランプの主張は底が浅い。政治の勉強などほとんどしていないのではないか。
しかし共和党の候補になったわけで、アメリカの変節の動きとしてきっちり認識しなければならないのだと思います。

TPPに対する両候補の主張からしても、クリントン女史が大統領になっても、アメリカの保護主義は今後強くなりそうです。トランプなら露骨に、クリントン女史ならぼちぼちと。
日本のパヨクが大好きな一国平和主義にアメリカがなろうとする。笑

日米同盟は徹底的に利用すべきながら、脱米路線も模索する必要があります。難敵中の難敵ながらも、安倍首相は日ソ交渉に力を注がれている。
相手が相手だから多大な期待はできないが、交渉しないよりした方がよい。

万が一そこそこの中身で妥結すれば、アメリカが驚くよりもシナが腰を抜かすほどビックリする。
クリミアがどったらこったらだし、ロシアに近づくのはいかがなものかと、視野の狭い朝日るマスゴミが批判している。アホらしい。

人道的だの民主主義がどうだのと便宜的にヨ-ロッパをほめる朝日るマスゴミだが、今や難民にもんくたらたらだし、シナのAIIBに我先にと浅ましく駆け込みました。
みんな国益のために努力している。

日本を取り巻く環境は日進月歩変わる中、安倍首相の外交はダイナミックではありませんか。
あのレンホウが、国体をかえる志位などにできるわけがない。
彼等が権力を握れば、シナや朝鮮半島国にやられる前に日本は終わっている。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近よくわからない ええ加減なこと

16日、連合の神津会長が、「二重国籍の議員は他にもけっこういる、目くじらを立てる問題でもない。」と記者会見で見解を喋る。ご苦労さんです。

最大の労組集団の親分が、議員は別に日本人でなくてもと言ってるわけで驚きました。こんな集団が応援する政党だから、レンホウが代表になるのも無理がない。

自治労や日教組は、善良なる国民の血税をちょうだいしてセレブに過ごせる連中であることは周知の事実。
民主党は日の丸をちょん切った党旗を掲げてきた。名前だけをかえても、朝鮮半島人は朝鮮半島人である如く本質は何もかわるわけがない。
日本をどうしようとたくらんでいるのやら。ええ加減な連中であります。
外骨人がよその国の権力を握って、日本がよくなるわけがない。

豊洲騒動もええ加減な話です。
誰の責任か、都庁の連中でしょう。圧力をかけただろう都議会議員の存在も予測される。

都議会共産党がマスゴミを引き連れて、めっちゃアルカリが強いとパフォーマンスをやったけど、今更なんじゃらホイの話です。コンクリートそのものがアルカリだし。
終わった後でもんくを垂れても遅い。共産党の恥知らずさはいずこでも相変わらず。

都ではあれども、親方日の丸事業のええ加減さに呆れる。小池都知事は大変ですね。食の安全を守ることにとるべき手段を集中する、それ以外にない。

どうでもええのだけど、変に気に掛かること。高畑息子の強姦問題。
警察がもらした話にマスゴミが尾ひれをつけて、犯罪者と決めつけて拡散し過ぎたのでは? と思えてしまう。示談で解決し責任をとらざるをえなかった事実から免れることはないが。
豚箱に入れられる事件でなかったことも事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘つきレンホウと朝日る北朝鮮

本日レンホウは、台湾に籍が残ってましたよん、としれっと釈明。今までの経歴に対する嘘を、政治家としてどう責任をとるのでしょうか。
人には厳しい責任を要求しても、朝日る連中は自分がやったことには大甘なので、ほったらかしにすることでしょう。

代表選では、レンホウが一発で当選する勢いらしい。さすがに民進党! 外国籍があるということは、すなわち外国人であるということで、外国人に政治家になってもらってお国をお任せしたいと思う日本人などまるでいるとは思えない。

まず日本をガタガタにしてから、権力の乗っ取りを画策する朝日る共産パヨクならいざ知らす、圧倒的大多数の健全な日本人が許すはずがありません。

市民連合や志位ルズが、代表選後も我々と共闘せよと圧力をかけている。無能民進党は、やがて朝日る共産パヨクの下請けになること間違いなし。

北鮮の核開発はもうどうにも止まらない。六カ国協議をやっていた頃から、多くの保守的ブログがシナのメンツを立てるだけに終わると指摘されていました。朝日るパヨクマスゴミは、シナ様にお任せしろとどれだけの記事や言説を垂れ流してきたことか。

シナは北鮮の核は自分たちには向かわない、と確信している。
シナが困るのは、引き金となって南鮮や日本に自力核武装論が賑やかになること、それだけです。

G20では、オバマちゃんはシナの出迎えにコケにされ、近年アメリカの外交衰退が甚だしい。
クリントン女史の健康不安も出て、同盟嫌いのまさかのトランプが大統領になる芽も大きくなってきた。

日米同盟などどうでものトランプを、沖縄で暴れている朝日るパヨクがどうして支持しないのか不思議です。

命を守ってほしけりゃ金を出せとトランプ大統領に言われたら、南鮮は名実ともに発狂すること間違いなし。笑
南鮮内に自力核武装論が出てきたようだが頑張れと言いたい。

ベトナムも日本もみんなで核武装すれば、東アジアの平和的均衡が保たれるなんて世の中も夢ではありません。
悪夢なのか正夢なのか、当面アメリカの大統領選が鍵になる。

それに比べれば、民進党の代表選などまさに屁のようなものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華僑レンホウとヘイト屋


政治家は法的には二重国籍でもOK?
そんなもんらしい。正直勉強不足と言われたらそれまでだが、まさかそんなことはありえないと素直に思っていた。

二重国籍で政治家になって、どっちの国に貢献するのだろう? どっちにも? 器用ですな。
アイデンティティは、地球市民ですかいな。尖閣問題では、日本が実行支配しているものの、シナも台湾も盗っ人猛々しく我が領土と主張している。
二重国籍の政治家どもは、竹島など日本の領土領海に対していかなる見解を持っているのか、日本国民及び有権者につまびらかに自ら表明すべきです。

マスゴミも問いただして当然だと思う。ところがほったらかし。マスゴミはやっぱり役立たず。マスコミではなくマスゴミたる所以ここにあり。

二重国籍のことがここまで盛り上がっているのに、民進党の皆さんは意に介せず、粛々と代表選をすすめていくおつもりのようです。さすがに民進党、通名の如く党名をかえたけど、頭も尻も隠さず。イメージにぴったんこです。

二重国籍でも日本の政治家になってもよい、なんていうことは根本的に大問題です。工作員が堂々と暗躍出来るザル法を速やかに改正してもらいたい。

民進党はまぁこのまま代表選をやりなはれ。パヨクな面々、パヨクなマスゴミのそんなの関係ねぇの励ましにおされても、圧倒的大多数の国民・有権者に益々そっぽを向かれることでしょう。

人権は尊く、誠実にお互いに守りあうべき大事なことながら、以前は人権屋、今はヘイト屋が横行しています。
稼業として、イデオロギーを拡散する手段として、ヘイト問題を悪用している。気がふれた人に刃物を持たせるがごとく、何でもかんでもヘイト呼ばわりをして、議論を人権問題にすり替えてこすりつける。

レンホウの二重国籍問題をとやかくいうのはヘイトだ! には驚きました。
会見を開いて政治家として、野党第一党の代表選の候補者としてまずつまびらかに説明責任を果たすべき事柄ではありませんか。
ヘイト云々は、パヨクのまさに議論のすり替え。ヘイト論で遮断すると、彼女の今後にも有益とは思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2016年10月 »