« 2015年4月 | トップページ | 2016年9月 »

2015年9月

SEALDs報道から見える毎度のマスゴミ

SEALDs、そのリーダー格である奥田愛基などを普通の学生が立ち上がったとマスゴミはやんやの応援報道を繰り返した。

一部にはいただろうけど、奥田の出自や彼らの背景にはどのような連中がいるのか、開かれた情報革新のネット世界の今はだまされない。

欺瞞たっぷりの報道は、TBSなどの毎日系が特にひどかった。国会に呼ばれた奥田を真面目な普通の好青年だと支援解説をする。それを聞いてお前はアホかと笑ってしまいました。

さて、安保法案に大反対をした民主党や共産党の支持率はどれだけ上がったのでしょうか。つぶさに報道してもらいたい。民意、民意、というマスゴミの焦点はそこにある。その後の動きをみているとまるで隠すかのようなあんばいです。

サブリナル効果を駆使してまで、民意とかけ離れた少数意見を声高に報道する。これぞマスゴミの本分だと解釈しているらしい。赤旗と同じ、あるいはその上をいく左翼な報道を垂れ流すことを本分とするなら正当性はない。
悪臭を放つゴミ報道にすぎない。商売でネタを売るなら、賛成・反対の意見が存在することを平等に報じるべきなのです。

偏向報道に明け暮れるあまり、マスゴミの連中こそ世間がわかっていない。第四の権力の中に安住し、視野も立ち位置も狭くしている。記事の方向性は常に決まっているわけであり。だから朝日の元記者植村や靖国参拝をシナに売った加藤千洋のような、奇人変人が出現することになる。
常識良識のある日本人ならとてもできないことを平然とやれる。
誠に不思議なことと思わざるを得ない。

SEALDsの皆さんは、次は反原発に力を入れるとか。民主主義国家だからお好きなようにやって下さい。しばき隊であったり革マルであったり、日々お忙しいことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相に感謝です

さて朝日るマスゴミの応援支援を受けて暴れまくった民主党などの反日野党だが、支持率がどれだけ上がるのか見ものです。

ぜんぜん上がらないのではないか。

 日本の最近の軍事力強化、軍事・安保政策の大幅な調整は、平和・発展・協力の時代の潮流と相いれない。とシナの報道官が述べられたらしい。
南シナ海や東シナ海でやってることを棚にあげて、どの面をぶら下げてそんな発言をできるのでしょう。

抗日パレードではおどろおどろしい武力を見せつけて威嚇した。アホらしくなる。

シナと南北朝鮮は日本の脅威です。事実として明らかではありませんか。

戦争をする国になるのはいやだと叫んでも、戦争をしかけられる国であってよいのでしょうか。戦争はみんないやなのです。
当たり前ではありませんか。

俳優の石田純一風にいえば、現実離れしたお花畑平和主義は日本の文化かもだが、シナや南北朝鮮はもはやそんな寝言など許してくれない現状です。

核弾頭を搭載できるミサイルをシナは抗日パレードで見せつけた。シナがその気になれば、あっという間に日本列島は地獄絵図さながらになってしまう。

アメリカの核の傘にたよらざるをえないわけで、人任せである以上ささやかな抑止力にすぎない。
こんな程度のことで反対だ反対だと大騒ぎ。軟弱な日本的民主主義を世界に見せつけた。恥ずかしい限りです。

でも平和を現実的に守るための一歩を踏み出したことは確かです。安倍首相に感謝です。

ココログのスマホ機能の評判は悪いけど、アップできるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やがて憲法改正を!

事情があってスマホからの久しぶりの投稿です。

民主党は何でも反対原理主義に逃げ込んで、国会で有益な議論をしなかった。
勉強不足なのでまともな議論をできなかったのだろう。

安倍政権の覚悟と努力に拍手!
憲法改正の一里塚をこえたとといえる。
本来は憲法を改正すべきなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2016年9月 »