« シナのバスに乗り遅れるな 日本は孤立するとビビる脳なし新聞 | トップページ | 南鮮からどうして 「日韓断行」 の声が出てこないのか »

思い上がりの勘違い漫才師 太田光が安倍首相を「バカ」呼ばわり

村山富市がシナの抗日戦争勝利70周年軍事パレードに出席することを表明した。鳩山兄さんはどうするのやら。
シナが呼びかけたら鳩山兄さんは喜んで行くに違いない。あの天然バカを招待したら逆効果になるとシナが判断したのかどうか。

前回も指摘したが、日本の元総理総裁、あるいはそれなりの要職についた連中のその後の生き様の節度のなさには呆れてしまう。老醜、我執、しつこい。
固執せず、公のために潔さを旨とするのが日本人の文化であり美徳だったと解釈しているのだが、戦後の政治家にはそれがないのが多すぎる。

村山富市は、尖閣諸島日中共同開発を主張している。
シナからすれば、村山・河野洋平・鳩山兄さんなど、利用するに便利な政治家が多い。
元総理総裁を看板にして、主権在民の民意で選ばれた現政権を批判する。真逆の意見を世界にばらまき国家国民の足を引っ張る、その神経がわからない。

鳩山兄さんを利用したロシアが悪いのか、村山富市に来いと声をかけたシナが悪いのか、そもそもしっぽを振ってお気軽に行く方が悪い。
同じように悪いのは朝日るマスゴミでもあります。
現政権を批判するために、ちょろちょろと昔の総理総裁を引っ張り出して今の政治に対してご意見を述べさす。
諸外国でこんなことをやってる国はない。節度のない劣悪なマスゴミがこんな政治風土を作り出した。

漫才師の太田光がラジオで安倍首相を何度も「バカ」呼ばわりをしたという記事を読む。
左翼な立場を強調するとマスゴミ受けし、インテリ漫才師であることを売りにできると考えてるのかどうかしらないけど。野良犬の小便話ではないか。
芸人が政治を批判するのに反対だからいうのではない。
芸人らしいユーモアだとか、笑いをとれよ。
凶産党や社民党のバリバリの支持者のように首相をバカ呼ばわりをするなら、タレントではない。

『中国主導銀:参加見送りに野党批判「外交の完全敗北」』(4月2日、毎日) 

この記事は野党だけではなく朝日る毎日の主張も込められているのだろう。「完全敗北」などとよく言えたものだ。何を根拠に?

シナは北鮮の参加を拒んだが、AIIBから北鮮への融資も可能と南鮮に説明したとの報道がある。
事実ならあほらしくてものもいえない。北鮮の核開発にAIIBが資金協力するかもわからないことにもなる。
外交の完全敗北とはよく言えたものだ。
いかなる目線なのか。野党もマスゴミも劣悪すぎる。

|

« シナのバスに乗り遅れるな 日本は孤立するとビビる脳なし新聞 | トップページ | 南鮮からどうして 「日韓断行」 の声が出てこないのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59519093

この記事へのトラックバック一覧です: 思い上がりの勘違い漫才師 太田光が安倍首相を「バカ」呼ばわり:

« シナのバスに乗り遅れるな 日本は孤立するとビビる脳なし新聞 | トップページ | 南鮮からどうして 「日韓断行」 の声が出てこないのか »