« 南北朝鮮はシナよりも悪質でタチが悪い | トップページ | 嫌がらせと日本をなめた 産経前支局長を拉致した南朝鮮  »

南北朝鮮の民族主義歴史観は煮ても焼いても食えるものではない

多かれ少なかれ世界いずこの国でも民族主義史観を持ち誇りとしている。
歴史学ほどややこしいものはない。いつの時代でもいずこでも勝者が自分にとって都合のよい歴史をつくりあげる。実際は敗者の方が正しくても、勝者の歴史観ではそうはならない。だいたい世の中そんなもんです。

日中韓で同じ歴史認識を持とうなんて動きが前々からある。中韓がタッグを組んで日本をやりこめる。朝日る左翼な反日屋が中韓に迎合して、永遠に土下座を続けるための歴史教科書をつくりたい、などというおバカな意図がたっぷりあったりなんかしている。
シナ朝鮮半島の民族主義史観は実にあさましい。
土下座をいつまでも続けたいという朝日る反日屋イデオロギー史観が幅を利かせていたりして、歴史学ほど厄介なものはない。
日本の歴史観だけは正しい実証主義であってほしいと思う。

今年も日本に桜が咲く季節がやってくると、「ソメイヨシノ」は朝鮮半島が起源だと南鮮人が騒ぐ。いかなシナ人でも孔子や秦の始皇帝までもがそもそもが朝鮮人だったといわれてびっくりしている。
今や「韓国起源説」は嘘八百言葉となっている。実証もできず実態もない。韓国起源説のあれこれは、誠に珍奇珍妙なる嘘の羅列で面白い。劣等感の裏返しなのだろうが、気の毒なものです。

先日司馬遼太郎の本を読んでいて面白い意見に出会いました。曰く、朝鮮人の男にはスネ毛がなく日本人にはあるとのことでした。そうだったのかと思った次第です。
日本人と朝鮮人をみわけるにはスネ毛でわかるらしい。
そうきっちりと分別できないにしても、そういう傾向にあるということなのだと思います。

9日、南鮮の首相がおおげさにも緊急記者会見を開き、日本の教科書に「任那日本府」が記述されることについて歴史歪曲は許さないと非難した。
これなどは嘘八百でも何とか捏造をして民族主義史観を守りたいという朝鮮半島人の悲しい性(さが)のあらわれと思える。

任那日本府の存在を証明する証拠はシナにも多くある。
それらをていねいに実証でもって叩き潰して日本を非難するならわかるが、とにかく言わないと損だというあんばいで発狂する。

朝日新聞の前社長である木村は、南鮮は兄のような存在の国だとあちらでよいしょ話をしたようだ。戦後の朝日る進歩的文化人と言われる人種にこう言うのが多い。
任那日本府が統治した時期があり、当時の日本をマネてあちらにも前方後円墳が数多く残っている。
糸魚川産のヒスイの勾玉があちらの方々から出土する。
朝鮮半島にはヒスイの原石は出ないらしい。

600年も続いた李氏朝鮮は、仏教を弾圧し廃仏毀釈にいそしんできた。そのなごりなのだろう。南鮮にはキリスト教に関連する宗教を信仰する連中が多い。
統一教会などややこしい新興宗教屋が多い。
対馬のお寺には、あちらの廃仏毀釈時代に非難してきた仏像がけっこうあるという。
歴史的に捨て去った仏像を返せ、返せといったりする。
自己中心的で煮ても焼いても食えない民族性ではありませんか。

朝鮮半島人の自己中民族主義史観は根底に劣等感があり荒唐無稽と嘘が多い。こんな連中と歴史観をすり合わせしようとすることなど大間違いであり、生産性も正義もない。




|

« 南北朝鮮はシナよりも悪質でタチが悪い | トップページ | 嫌がらせと日本をなめた 産経前支局長を拉致した南朝鮮  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59615570

この記事へのトラックバック一覧です: 南北朝鮮の民族主義歴史観は煮ても焼いても食えるものではない:

« 南北朝鮮はシナよりも悪質でタチが悪い | トップページ | 嫌がらせと日本をなめた 産経前支局長を拉致した南朝鮮  »