« 安倍首相訪米 またまた誠意を見せろと脅すヤクザもんの南鮮 | トップページ | 現実を直視し 日本の未来に富んだ米議会での安倍演説 »

安倍首相米議会で演説 売春大国南鮮に謝罪など必要がない

Aho200

上の写真を眺めると一部の薄汚れた昭和という朝日る恥部を思い出す。何を今頃3人で仲良く話しあっているのでしょうか。不思議な光景です。

『英紙タイムズ 民主党岡田代表のインタビュー掲載 中国と限定的衝突が起こる可能性も』(4月28日、産経)

驚くべきは、『岡田氏は、日本が将来的に徴兵制を復活させる可能性があるとも述べた。』

え!っと驚くようなことを喋ってる。徴兵制復活!? やるわけなどない。何を血迷っているのやら。
集団的自衛権を閣議決定、だから将来的には自己判断で徴兵制を復活させる首相が現れるだろうと。
民主党議員全員がそうだが、間抜けな妄言を吐かないでもらいたい。徴兵制を復活させるような政党を国民が選ぶわけがない。
徴兵制などせずとも、仮に今の自衛隊の陣容だけで侵略されるようなことがあれば日本は終わっている。

『中国と限定的衝突が起こる可能性も』と予測するのであれば、民主党はいかなる対処を政策として持っているのか説明しろ。であります。領土と国民の安全をいかにして守るのか、公党として説明がいる。
正直なところなんの考えもアイデアもないのではないか。

今日29日、安倍首相は米議会で演説される。
南鮮、シナの嫌がらせ。今も根強く保持している日本を植民地と見下すアメリカメディアの反日主義。
それらを乗り越えて堂々と喋ってもらいたい。安倍首相だからやりきってくれることでしょう。

南鮮・シナの反日・反安倍は予想できるが、アメリカメディアの安倍イジメと日本イジメにはほとほと呆れる。
日本の自立をえらそうに批判し、かの大戦のことやらの自分たちの都合のよい部分だけを引きずり出して批判する。
アメリカメディアの民主主義も、それじゃシナとかわらんではないかという感想にもなる。

人類最大のホロコーストであった原爆投下を反省もせず、多くのインディアンを殺したアメリカの建国、黒人奴隷を蹂躙した歴史を忘れたかのように日本をイジメるアメリカメディアの理念とはいったいなになのか。

いずれにせよ我が事には勝手なものであって、アメリカも例外ではない。シナは官製メディアなので当然だが、南鮮もアメリカのメディアも祖国を愛し祖国に誇りを持たせる努力はきっちりとやる、内政で政府をいかに激しく批判しても、外交では国益を守る道は外さない賢さというべきかずる賢さはたいしたものです。
外交では国のみかたをする。EU諸国をみても世界のメディアはすべてそうです。
日本の朝日るメディアのように、敵対するスパイのように外国に向かって国を売ることはない。

朝日新聞はニューヨークタイムズを取り込み、自分は表向ききれいな顔をして日本売り報道のネジを巻いている。
そしてそのニューヨークタイムズにはシナ資本がからみついている。
このシナ人の工作ツイートにそれらのからみがよく出ているのではないか。

Aho201_2


『安倍首相、慰安婦問題の反省なく「世界平和への貢献新たに決意』『計算されたホロコースト記念館訪問 観覧終えた後、反省ではなく「自画自賛」 訪米2日目、ハーバード大学で最初の演説 学生らの質問に責任回避』(4月29日、ハンギョレ新聞)
はぎしりしながら安倍訪米をねばりつくような目線でお眺めになっている。

安倍首相は売春婦という人身売買にはいきどおりを覚えている趣旨の発言をした。それくらいの発言は容認できる。
これ以上の安売りをすることなく訪米を終えられることに期待する。そうされることでしょう。
尖閣諸島を守ることにおいて日米同盟は進展した。
ならばけっこうなことではありませんか。

売春稼業問題にしがみつき、その恥部から民族の誇りをえようとするなど普通ありえない理屈であります。
間抜けで腐った理屈に拘泥する朝鮮民族に誠の誇りはあるのか。自分たちで自らの恥を世界に拡散している。

Aho202

済州島、ラブランド公園の像

|

« 安倍首相訪米 またまた誠意を見せろと脅すヤクザもんの南鮮 | トップページ | 現実を直視し 日本の未来に富んだ米議会での安倍演説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59813344

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相米議会で演説 売春大国南鮮に謝罪など必要がない:

« 安倍首相訪米 またまた誠意を見せろと脅すヤクザもんの南鮮 | トップページ | 現実を直視し 日本の未来に富んだ米議会での安倍演説 »