« 2015年3月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年4月

現実を直視し 日本の未来に富んだ米議会での安倍演説

安倍首相は、米議会上下両院合同会議での演説を終えた。

『韓国広報専門家、ニューヨーク・タイムズに「真珠湾爆撃」の広告を掲載』(4月29日、中央日報)

苦笑せざるをえない。アメリカ国民の誰かが安倍訪米を嫌って「真珠湾爆撃」の写真広告などを出すならわかるが、朝鮮半島人が出したとは恐れ入る。
朝鮮半島人が我々アメリカ人のために広告を出してくれたと喜ぶ人などどれだけいるのだろうか。
嫌味もここまでくるとマニアックな域をこえている。
常識や良識でもって到底朝鮮半島人を相手にできない。

『「期待に届かず」と批判=謝罪、慰安婦言及なしー韓国通信社』(4月30日、時事通信)

日本に対して非難を声高に叫ぶのが国是になっている。立派な国益になると信じて疑わない。
国を挙げて武器を使わない戦争を仕掛けているわけで、何がどうあろうが満足を示すことなどない。
こちらも十二分にそんなことは承知している。ご苦労さん。

安倍首相は、過去を痛切に反省し、歴代首相の談話を引き継ぐことを米議会演説で表明した。
保守論客の立派な皆さんの中に、河野談話や村山談話を取り下げて訂正しろという意見がある。
心情まさにそのとおりながら、その時の日本の最高の権力者が世界に向かって吐いた言葉は重い。
いかに間抜けな談話であっても、その時々の権力者を民主主義のルールである選挙で選んでしまったものであります。

バカやアホな為政者を選んだ責任はおしなべてその時々の国民にある。日本の最高権力者が吐いた言葉を打ち消したくても、世界は許してくれない。厳然たる事実であります。ごめんね、ごめんね、あれは言いそこ間違いだったのよん、と言って許してくれる世界の常識ではない。

歴代首相の談話を引き継ぐと述べられた安倍首相の心情をおもんばかると心が痛いし、もちろん悔しい気持ちでいっぱいです。歴代首相の間抜けなお荷物という汚点を背負った上で、未来を切り開いていく必要がある。

数十年にわたって慰安婦強制連行という捏造報道を垂れ流してきた朝日新聞の悪行が明らかになった。
南京事件もシナ工作のでっちあげだったという事実が解明され、証拠が積み上がりつつある。
偏向イデオロギーによる談話で国を売るのは簡単だろうが、その間違いを訂正するには膨大なエネルギーがいる。
安倍首相の登場によって、ようやくそのスタートに立つことができた、そう思っている。

戦後長年朝日る売国と土下座をよしとした連中の欺瞞が破たんしつつある。暴かれてきた。
まさに大岩のごとく善良な日本人のおもしになっているが、事実誤認と論理矛盾という隙間を見つけてノミを撃ち込み、砕くときがやってきたのです。

バンドン会議における安倍首相の演説の中に「謝罪」という言葉がなかったと、産経をのぞく朝日・日経・東京・読売が批判した。ネットの世界という情報革新によって普通の国民の意識とマスゴミ屋の考えとの乖離が顕著になったが、まだまだマスゴミ屋の安直な国売り意識は根強い。
米議会演説でも「謝罪」がなかったとカエルの合唱にように歌うのかもしれません。

「村山談話」や「河野談話」にどれだけの歴史的な効果があったのでしょうか。譲りに譲ってもなんの値打もないように、南鮮とシナはふるまっている。それよりもこの二つの談話を日本イジメの材料としている厳然たる事実を直視しなければならない。
より大嘘をこいて、村山・河野談話をこえるすんまへん談話を何回出そうが、彼らは納得などしない。
明らかではありませんか。

何の価値も効果もなかった談話に拘泥する朝日る勢力の知恵のなさに驚かざるをえない。カルト化している。
女々しい期待感と弱弱しい思い込みで風船をふくらませても、シナや南鮮はそれみたことかと世界に向かってその風船をけりまくることでしょう。

安倍首相は、日本は反省をふまえ、シナと南鮮の発展に寄与したと演説された。両国ともにその事実を指摘されて、よもやそんなことをいうとはと驚いたのではないか。
無意味な謝罪ばかりでは未来がないことを安倍首相は的確に指摘されたわけで、大歓迎したい。
今後日本から安直な謝罪は出ないことを骨の髄から強欲な彼らは知ることになれば幸い、この意義は大きい。

シナや南鮮が期待するなら、再度朝日る売国政党である民主党が政権を盗るまでまたなければならない。
悪知恵であろうがシナは知恵があるからそれなりの判断をするだろうが、クルクルパーの朝鮮族国家である南鮮はより過激に精神的戦争を我が国に向かって仕掛けることになるのかもしれません。
朝日る民主党と同じで天に向かって吐いたつばがわが身に降りかかってくるというみっともない姿を見せてくれながら、南鮮の連中はのたうちまわることになる。

村山・河野・朝日る連中の合作であった売国談話に対する総括と蔑視は、これからより厳しくなっていくことは間違いがありません。謝罪の安売り、欺瞞に満ちた土下座外交から脱皮して、日本は新たな未来に向かってチャレンジしていく必要があります。
米議会での安倍演説はその示唆に富んだものであり、歓迎します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相米議会で演説 売春大国南鮮に謝罪など必要がない

Aho200

上の写真を眺めると一部の薄汚れた昭和という朝日る恥部を思い出す。何を今頃3人で仲良く話しあっているのでしょうか。不思議な光景です。

『英紙タイムズ 民主党岡田代表のインタビュー掲載 中国と限定的衝突が起こる可能性も』(4月28日、産経)

驚くべきは、『岡田氏は、日本が将来的に徴兵制を復活させる可能性があるとも述べた。』

え!っと驚くようなことを喋ってる。徴兵制復活!? やるわけなどない。何を血迷っているのやら。
集団的自衛権を閣議決定、だから将来的には自己判断で徴兵制を復活させる首相が現れるだろうと。
民主党議員全員がそうだが、間抜けな妄言を吐かないでもらいたい。徴兵制を復活させるような政党を国民が選ぶわけがない。
徴兵制などせずとも、仮に今の自衛隊の陣容だけで侵略されるようなことがあれば日本は終わっている。

『中国と限定的衝突が起こる可能性も』と予測するのであれば、民主党はいかなる対処を政策として持っているのか説明しろ。であります。領土と国民の安全をいかにして守るのか、公党として説明がいる。
正直なところなんの考えもアイデアもないのではないか。

今日29日、安倍首相は米議会で演説される。
南鮮、シナの嫌がらせ。今も根強く保持している日本を植民地と見下すアメリカメディアの反日主義。
それらを乗り越えて堂々と喋ってもらいたい。安倍首相だからやりきってくれることでしょう。

南鮮・シナの反日・反安倍は予想できるが、アメリカメディアの安倍イジメと日本イジメにはほとほと呆れる。
日本の自立をえらそうに批判し、かの大戦のことやらの自分たちの都合のよい部分だけを引きずり出して批判する。
アメリカメディアの民主主義も、それじゃシナとかわらんではないかという感想にもなる。

人類最大のホロコーストであった原爆投下を反省もせず、多くのインディアンを殺したアメリカの建国、黒人奴隷を蹂躙した歴史を忘れたかのように日本をイジメるアメリカメディアの理念とはいったいなになのか。

いずれにせよ我が事には勝手なものであって、アメリカも例外ではない。シナは官製メディアなので当然だが、南鮮もアメリカのメディアも祖国を愛し祖国に誇りを持たせる努力はきっちりとやる、内政で政府をいかに激しく批判しても、外交では国益を守る道は外さない賢さというべきかずる賢さはたいしたものです。
外交では国のみかたをする。EU諸国をみても世界のメディアはすべてそうです。
日本の朝日るメディアのように、敵対するスパイのように外国に向かって国を売ることはない。

朝日新聞はニューヨークタイムズを取り込み、自分は表向ききれいな顔をして日本売り報道のネジを巻いている。
そしてそのニューヨークタイムズにはシナ資本がからみついている。
このシナ人の工作ツイートにそれらのからみがよく出ているのではないか。

Aho201_2


『安倍首相、慰安婦問題の反省なく「世界平和への貢献新たに決意』『計算されたホロコースト記念館訪問 観覧終えた後、反省ではなく「自画自賛」 訪米2日目、ハーバード大学で最初の演説 学生らの質問に責任回避』(4月29日、ハンギョレ新聞)
はぎしりしながら安倍訪米をねばりつくような目線でお眺めになっている。

安倍首相は売春婦という人身売買にはいきどおりを覚えている趣旨の発言をした。それくらいの発言は容認できる。
これ以上の安売りをすることなく訪米を終えられることに期待する。そうされることでしょう。
尖閣諸島を守ることにおいて日米同盟は進展した。
ならばけっこうなことではありませんか。

売春稼業問題にしがみつき、その恥部から民族の誇りをえようとするなど普通ありえない理屈であります。
間抜けで腐った理屈に拘泥する朝鮮民族に誠の誇りはあるのか。自分たちで自らの恥を世界に拡散している。

Aho202

済州島、ラブランド公園の像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相訪米 またまた誠意を見せろと脅すヤクザもんの南鮮

『韓国への配慮を見せるべきだ」 韓国紙、安倍首相の米議会演説に謝罪要求』(4月25日、zakzak)

ゆすりたかりがお得意の劣等民族のメディアはうるさい。「誠意をみせろい!」と騒ぐ。口車に乗って少しでも甘さを見せると、ゴールポストをちょっとずつ後退させる。
相手がヤクザなので真面目につきあっていると際限がない。

TBSの山口ワシントン支局長が、週刊文春にスクープ記事を提供した。そのなかみは、ベトナム戦争時に韓国軍が韓国兵専用の慰安所を運営していたことが記載された米公文書を発見したという内容です。
在日記者が多い反日TBSにも立派な記者がいるものだと感心した次第です。

この事実は南鮮にとっては痛い内容で、日本を一方的にせめづらくなる。ところがTBSは無視、報道しない自由を決め込んでいる。大好きな南鮮の欠点を報道などできないということなのでしょう。

想像だがそういうこともあって山口支局長は週刊文春にネタを提供したのだと思える。勇気ある英断に拍手を送りたい。ある種の貴重な内部告発であります。

TBSは気に食わないので山口さんの左遷を決めたという噂が立っている。事実らしい。
TBSはどっちを向いて報道しているのか、このことでもはっきりした。南鮮、朝鮮族の顔色を伺う、あっち向きの報道で日本人を洗脳している。
まさに朝日と同じ売国奴報道機関であります。

朝日や毎日、TBSによって正義が踏みにじられていくのだが、いつまでもそういうことが続くわけがない。山口さんの業績は大きい。

統一地方選は結果的に混乱もなく無事に終わったということでしょうか。投票率が低いと創価学会公明党や共産党などのカルト政党が強い。不正な生活保護や地方参政権問題などに悪い影響が出る。嘆かわしいことです。
こういうところで平和ボケ日本人と言われても仕方がない現象が出る。かなりよくなったのだが、他人にお任せ平和ボケはまだまだ根深い。

安倍首相がアメリカに行かれた。後ろから鉄砲を撃つ朝日るマスゴミをやり過ごすことができれば、よい結果を出されることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日や毎日の通名報道は 捏造詐欺報道ではないか

春の例大祭最終日の23日に、山谷国家公安委員長・有村女性活躍相・高市総務相の女性3閣僚が靖国神社に参拝されました。誠にけっこうなことです。
参拝した閣僚が女性なので、シナ南鮮の非難も小さく聞こえる。気のせいかもしれないが。

安倍・シュウキンペイ会談に対して、南鮮のショックは大きかったようだ。シュウキンペイのひざにすがりついて日本非難を強めていたわけで、まさか、と思っていたのだろう。
日本の朝日る連中もショックを受けているのではないか。
まるで日本側だけの責任かのように、対話の努力がなされていないとえらそうに安倍政権を批判しずらくなった。

『日本でも同様だ。自国の経済状況を無視して、度を超した反日姿勢を続ける韓国は経済面でも強烈なしっぺ返しを食らっている。

韓国貿易協会によると、1~3月期の日韓の貿易額は、前年同期から13・9%減少した。

 韓国の日本向け輸出は22%の大幅減。日本からの輸入額も内需低迷で8・8%減った。』(4月24日、ZAKZAK) 
最近、自分の周囲でも朝日と南鮮を嫌う人がかなり増えている。

南鮮は政界・マスゴミ・国民と国を挙げて反日で燃え上がり、自分勝手にずっこけている。お気の毒なあんばいであります。朝日新聞が靖国参拝に目くじらを立てても、昔のようにそれは立派な報道だと賛同する日本人など今は皆無に近い。化けの皮がはがれてきた。

日本人が右傾化したわけではない。国民はことの本質を知ったわけで、捏造報道に騙されていた自分に目が覚めた。

在日の男に勤務先の社長が本名を名乗るようにすすめたら裁判にかけられ、なんと静岡地裁はこのほど社長に賠償命令を出す判決を下した。そんな判決を出した裁判官は大久保正道。

朝鮮人のアイゼンティティーだのやれなんだのとえらそうにほざきまくるのだが、本名を名乗るのをいやがるなら整合性がない。自分の本名に誇りを持てない。
まるでアカの他人のごとくの日本人名をつけて世渡りをしてやろうという魂胆が普通の日本人には理解しがたい。

もっと理解しがたいのは、偽名を許し、偽名を守ってやるという日本の現行法これいかにであります。おかしいのではないか。

朝日や毎日などのメディアは、在日朝鮮人が日本人殺しをしても本名を隠してやることに躍起になる。
殺したのは通名なる偽名の日本人かのように思わせ、実際は朝鮮人であることを覆い隠す。
こんな不正義がまかり通る世の中はおかしい。

こういう批判は今や世に積もり積もっているのだが、一向にかわらない。通名使用不可の法改正をしなければいつまでも続きそうだ。

報道姿勢にいびつな朝日や毎日などの通名報道は、虚偽捏造報道になる。そんな行いに立派さを感じているなら、本名を名乗って堂々と生きてる朝鮮人たちをバカにしている。よき行いも悪い行いも、人間は素であるべきだ。
それが人間というものであり、アイデンティティーの要素になる。
通名を名乗った瞬間から人をだましたことになる。
それを推奨する左翼な朝日る連中の考えこそ異常ではないか。冷静に考えてみろ、そんなことがいつまでもまかり通るわけがない。

本名を名乗るようにすすめた社長さんは立派だ。というか、当たり前のことを言われた。
お手数ながら労力も大変だろうけど是非とも控訴していただきたい。筋の通らない法と法解釈をうきぼりにする必要がある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朴クネクネは外遊中らしい

安倍首相は70年談話に侵略・おわびの表現を「もう一度書く必要はない」と言われた。

反日捏造新聞の朝日はさっそく反応。『70年談話へー未来の土台を崩すな』(4月23日、朝日の社説) 小泉純ちゃんさえ60年談話で村山談話を踏襲したのだから、安倍も同じことを言わんかいと強要している。
はい、そうですか、なら、安倍首相は村山談話のペーパーをもって読み上げなければならない。
朝日る反日土下座という枠の中でテープレコーダーを回すあんばいになる。

100年後も170年談話の時も、500年後も570年談話の時も、反日朝日的ポン助やシナ南鮮は同じ非難を繰り返しそうです。朴クネは1000年たっても恨みを果たすと宣言しているので、1070年談話の時もそういうことになる。

作家の村上春樹の言い分だと、永久に日本は謝罪しまくり続けなければならないようだ。日本に烙印を押し、固定化させる、というのだからどういう発露からそんな怨念が出てくるのでしょうか。

過去何人もの首相がお詫び談話や政治の要人たちもペコペコ謝罪外交を繰り返してきた。全然その効果が出てこない。理由は、謝罪を受け入れたらそれでおしまいになる。永久に謝罪をさせ続けることが国益になるのだ、というずるい悪知恵があるからです。

安倍首相には、そんな悪意に満ちた殻を打ち破ってもらいたい。小さく背を丸めた朝日る反省猿の日本を、安倍首相に解放していただきたい。冷戦時代はとっくの昔に終わり、シナやISILが台頭する時代に変遷した。
オバマによる保護主義はアメリカを小さくし、中身は全然ながらもシナがAIIBを提唱する時代になった。
世界は10年前とは全然違う。70年前とはコロッと違う。

アジア・アフリカ会議で形だけの日中会談が実現した。
シュウキンペイは今度は仏頂面をやめてそこそこ普通に安倍首相に接したようだ。
AIIBのことも当然あったろうが、しばしの会談に応じたシナは、南鮮のクルクルパーに比べると知恵がある。
持論は、シナとは交渉できるが朝鮮族国家とは交渉はできないであります。小汚い民族性で約束事のサインをした直後から裏切る。劣等劣悪な民族性はこれから1000年過ぎてもかわらないでしょう。

世界4大文明は、メソポタミア・エジプト・インダス・黄河と言われている。
なんだかんだいっても歴史的にはシナはたいしたもので、東アジア諸国に文明を広めた。
朝鮮半島を日本の兄とするアホがけっこういるが、シナ文明の中継地にはなったが、朝鮮半島発祥の文明などない。
世界それぞれの民族にある文化は朝鮮半島にも当然あったが、朝鮮族が文明で東アジアによき影響を与えたものは何もない。

鎌倉・室町時代に、日本から多くの僧がシナに留学しシナ文明を取り込み、日本人の賢さで消化し国内で発展させ、日本としての文明を肉付けした。朝鮮半島に当時渡った僧などいない。
1000年以上もシナの属国として歴然と冊封され、卑屈な民族性が出来上がったのだろうが気の毒でもある。
そんな気の毒な民族とたまたまお隣りだというのでつきあわねばならない我が国も、もっと気の毒な立場になるわけで残念です。

南北朝鮮という腐った国のことなどブログに書くことじたいが本心邪魔くさい。
南北朝鮮族のみかたをするのは高尚だなどと思っている朝日る左翼が日本に多い。そう思っていることじたいが、朝鮮族をバカにしているのではないか。
韓流だのやれなんだのと、日本のメディアという畑で商売などできる。政治家もだがそこに利権がある。

首相がまたまた不正蓄財で南鮮の政界は大変なはずだが、そっちのけで安倍談話にやれこれと南鮮のメディアが日々発狂している。バカ丸出しとはこのことだろう。自分の足元を掃除しなさい。
南鮮はやがて北鮮の工作にぶったおれるのではないか。
日本だけには右翼発言をふりまいてるが、現実南鮮は極左化が進行しているように思える。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日るマスゴミやNHKの オレオレ詐欺師報道

『AIIB 独首相が日本に参加呼びかけ』(4月15日、NHKニュース) メルケルが安倍首相にいっしょに参加してよと呼びかける? へんてこりんだよね、と瞬間思ったのだが・・・。

『ドイツから参加よびかけの事実ない=AIIBで菅官房長官』(4月16日、ロイター)
やはりね。と納得がいった。そもそもドイツがシナの野望を代弁して日本に参加を要請するなどとは筋違い。
ドイツという国はそんなアホではない。

憶測記事を発信したNHKがアホだった。かの大戦での敗戦国である日本とドイツ。戦後処理がどうだのああだのと朝日る連中は対比したがる。
ドイツは立派に謝罪したので隣国のフランスやイギリスと仲が良い。日本の場合は謝罪の仕方が悪いので、シナ朝鮮半島国はいまだに日本を責め続けている。
だから我々日本人は反省をもっと深くしてドイツを参考にしなければならないのだ。

てなことを吹聴したいために朝日る連中はドイツを利用するのがおおはやりです。
つい最近も朝日新聞はメルケル首相を築地の本社まで招待し、民主党の岡田代表と対談させる段取りをとり、会談でメルケルさんはシナ朝鮮半島に対する日本の謝罪は少ないと発言されたぞ~と岡田に言わせた。
ドイツの大使館からも本国からも、そんなことなど言ってないと早速釈明発信があった。嘘、捏造がばれた。
恥ずかしい話です。

今度はNHKがAIIBの参加やれこれでドイツを引っ張り出したのだが、翌日菅官房長官がそんな話など聞いていないと否定した。憶測願望記事(嘘、捏造)であったことがはっきりした。NHKよ、やっぱりお前もな、という印象になる。

民主党によるNHK籾井会長イジメは、統一地方選前半の結果を見ても逆効果だった。
朝日るマスゴミは民主党議員の籾井会長おどし場面を垂れ流して応援支援したのだが、ご苦労なことに選挙の審判でそんなことをやったこと事態がマイナスであったことがはっきりした。

民主党の時は応援したのに、今度は自民党がNHKとテレビ朝日の騒動の説明を受けるとなると圧力だ横暴だとやっている。視聴者たる国民は事情をよく知ってるわけで、そりゃ朝日るマスゴミさんよお前さんたちの言い分は正しいとはならない。全然。

NHKでとにかく目立つのは1年365日、いずこかの番組で太平洋戦争がどうだったああだったと途切れなく報じ続けていることです。意図は反戦なのだろうが、今この時代で本当に反戦ならシナの軍拡膨張主義をつぶさに報じることではないのか。
他国の領海に突然土砂を埋めて飛行場をつくったりしている。軍靴の音たからかに他国や世界の平和を踏みにじっている。
目の前の危機ある現実に蓋をして、70年前の大戦は日本が悪かった話を念仏のように唱えても、シナが平和国家に生まれ変わるわけなどない。
日本が危険な国なのか、シナ朝鮮半島が危険な国なのか、誰が考えてもあきらかであり、朝日るマスゴミやNHKの反日報道に納得する視聴者国民などほとんどいない。

筑波大学がNHKだけ写らないアンテナを開発した。ところがこれでも受信料は盗られるという。理不尽な仕組みではありませんか。チャンネルの選択権がない。
こんな甘やかしを放置するなら、NHKに自助努力など期待できない。強い法律でNHKの特権を守る、そんな値打などどこにあるのでしょうか。

NHKや朝日るメディアが根深く根強くかの大戦のあれこれを報じるなら、1937年北京郊外で発生した通州事件、1946年に吉林省で発生した通化事件なども報じるべきです。シナ人に多くの日本人が虐殺された。
『竹林はるか遠くー日本人少女ヨーコの戦争体験記』が書籍になっている。あの南鮮でも翻訳されて発売されてる。

敗戦濃厚になり11歳のヨーコは日本への帰国の途についた。京城から釜山へと。多くの日本人は朝鮮共産党軍に殺害された。女性は強姦される。
殺戮後朝鮮半島人に金歯や銀歯を抜きとられたという。
ホロコーストではないか。

ソ連軍に売春婦問題が出ない。なぜならかの連中はよるとさわると強姦をしまくったわけで、金のいる売春婦など必要がなかったからです。

朝日るマスゴミやNHKの戦争話にはあきあきした。
安っぽいし、低俗に過ぎる。自分たちは立派だと思ってるのだろうが、今や彼らの世に役に立たない自己顕示欲だけでしかない。
事実を平等に伝えることを忘れて、どこが立派なのか。
偏向報道は詐欺師報道であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大気汚染の黄砂が飛んでくる季節になりました

安倍首相は14日夜に帰国した産経新聞加藤前ソウル支局長と、15日官邸で面会した。
「ご苦労さまでした。裁判が続くのでお身体に気をつけて下さい」と慰労した。
安倍首相の思いが加藤さんに充分伝わったと思うし、これはよかった。南朝鮮の理不尽な行為に、安倍首相は心を痛めていたに違いない。

この件だけのことではないだろうが、ブリンケン米国務副長官は「日韓関係はすでに正常な軌道に入った」と発言。
え! と思う見解だが、アメリカにとってはなんでもかんでもええから仲良くやってくれよということなのだろう。
ことの正邪を分析することなく、なんでもかんでもええやないかというアメリカのご都合主義に引いてしまう。
仲良しの日米韓をアピールしたいのだろうが、困ったものだ。ことの原因のすべては、南朝鮮がなんでもかんでも日本に喧嘩をうってきたことにある。
アメリカの希望とは別に、しこりは簡単に消えることなどない。

小さな企業を経営している知人の意見ですが、「シナ人は契約までとにかくうるさい、だけど金払いはよい。南朝鮮人は契約までスムースで甘い、ところが納品してからあれやこれやと難癖をつけて金払いがやたら悪い。」

ビジネスの約束ごとではシナ人は世界標準に近いが、南朝鮮人はタチが悪い。と言っていたけど実際そうなのだろう。日韓基本条約などなかったように、事後にあれもこれもと難癖をつけてくる。約束や契約が、朝鮮民族には通じないと思っていた方がよさそうだ。

『中国成長率7.0%に減速=6年ぶり低水準ー1~3月期』(4月15日、時事通信) これからのシナ景気の生命線は、公共投資拡大と減税及び利下げになる。
行けいけどんどんの時代は終わった。
アジアインフラ投資銀行に集まった資金を、自国の景気を維持するために使う、そうしなければやっていけない。
自分の立場が強ければ、加盟話に日本などほったらかしにしそうなのに、お手手すりすりでしつこく誘ってくる。
裏に隠された理由があるからです。

参加するしないはこれぞ外交力で、安倍政府の対応はたのもしい。民主党など辻元清美や維新の江田などのくるくるパーがAIIBに参加せよとうるさい。朝日るマスゴミとやっぱりこいつらかいなという感想です。

昔々、春の「風物詩」などと朝日の俳壇などで大喜びした黄砂が飛んでくる季節になりました。シナの大気汚染といっしょにやってくる。
鳩山兄が首相の時に、1兆7500億円を温暖化対策として世界118か国にバラまいたのだが、いったいどんだけの効果があったのやら。シナにも当然金がわたっている。
ため息が出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌がらせと日本をなめた 産経前支局長を拉致した南朝鮮 

統一地方選の前半戦が終わり、朝日る民主党の退潮だけが目立つ。特に大阪では府議はたった一人だけ当選、大阪市議は全滅。
壊滅なのだが、枝野幹事長は底打ちを確認できた、党再生の第一歩を踏み出すことができたと感想を述べた。
岡田代表も幹部も、傍観しているだけで何の手段も持ちあわせていないように見える。

こんな党などどうなってもよいのだが、有権者の意識の変化を強く感じる。朝日るマスゴミのムードつくりに乗せられて、鳩山や管を首相にまでしたことを反省する気持ちを多くの人が持っている。

国会での与党追求は、うちわだの週刊紙の後追い質問だのが多く、政策に真っ向から立ち向かう代案を提示できない。戦争をする国にしてはいけない、憲法がどうの、と古い昔の社会党のようなことを言っている。
朝日る反日マスゴミのちょうちん持ちのような政党のありようが、うけいれられなくなった。

現実としてシナの脅威があり、民主党はどう対応するのか、手段が見えてこない。南北朝鮮というヤクザ国家の嫌がらせ三昧に土下座しまくるのか、さっぱりわからない。

安倍首相が国立大学の入学式などで国旗掲揚と国歌斉唱をするのが望ましいとの認識を示したのだが、『大学で国旗国歌「幼稚」=民主・細野氏』(4月14日、時事通信)と反論した。
一口で言えば、大学の行事に国旗国歌は必要ではないと指摘した。朝日新聞と同意見です。

今時こんなことを言ってる以上、民主党はたちなおれない。朝日の社説もだが主張が古臭い。国民の認識は10年前や20年前とかわっている。かえたのはシナと南北朝鮮の影響が大きい。国民は脅威と危機を感じている。
シナや南北朝鮮に対する好感度世論調査にはっきりと出ている。

小中高校では学習指導要領で国旗掲揚と国歌斉唱をする決まりがあるが、国立大学はほったらかしという制度にも問題がある。やらせればよいのです。
大学の自治は自由だなどと間抜けなことを言っていても、社会に出ればそれなりの企業には社歌もあれが社旗もある。組織とはそういうもんです。
安全と平和を守るには相応の努力が必要で、「自由」をまもるにも努力がいる。お気楽に天から降ってこない。

朝日る民主党の頼りなさはたっぷりとみさせてもらったが、大学での国旗国歌は幼稚と断じる細野氏のご意見には恐れ入りました。彼だけではなく民主党の連中の大勢の意見はそうなのでしょう。
シナや南北朝鮮からの脅威を前にして、朝日るムードに流される国民ではなくなった。国民はお気楽ではない。

産経前支局長の出国禁止が解除された。こんな南朝鮮と価値観など共有できるわけがない。朝鮮人は南北ともに資質体質は同じ。
帰国は許されたとはいっても裁判は残っている。
外交的に良化のきざしなどとマスゴミが報じているが、底抜けに甘い。アメリカを始めとして世界からの非難に南鮮は嫌々ながら屈せざるをえなかった。

マイナスがゼロになったという政府関係の意見の方がマスゴミよりも正しい。しかもまだ裁判が残っているのでマイナスのままと言ったほうがよい。
朴・クネ側近の不正蓄財の話が出てきたりして、どこまでたってもこの国の連中は同じことを繰り返している。
大統領の任期が終わると逮捕される。

事前に暴けないマスゴミも無能力。反日記事ばかりにエネルギーを費やすのではなく、自国をただせ。
ではあるものの政府を追及するとお咎め裁判をかけられてるわけで、口だけいっちょまえながら漫画チックな後進国であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南北朝鮮の民族主義歴史観は煮ても焼いても食えるものではない

多かれ少なかれ世界いずこの国でも民族主義史観を持ち誇りとしている。
歴史学ほどややこしいものはない。いつの時代でもいずこでも勝者が自分にとって都合のよい歴史をつくりあげる。実際は敗者の方が正しくても、勝者の歴史観ではそうはならない。だいたい世の中そんなもんです。

日中韓で同じ歴史認識を持とうなんて動きが前々からある。中韓がタッグを組んで日本をやりこめる。朝日る左翼な反日屋が中韓に迎合して、永遠に土下座を続けるための歴史教科書をつくりたい、などというおバカな意図がたっぷりあったりなんかしている。
シナ朝鮮半島の民族主義史観は実にあさましい。
土下座をいつまでも続けたいという朝日る反日屋イデオロギー史観が幅を利かせていたりして、歴史学ほど厄介なものはない。
日本の歴史観だけは正しい実証主義であってほしいと思う。

今年も日本に桜が咲く季節がやってくると、「ソメイヨシノ」は朝鮮半島が起源だと南鮮人が騒ぐ。いかなシナ人でも孔子や秦の始皇帝までもがそもそもが朝鮮人だったといわれてびっくりしている。
今や「韓国起源説」は嘘八百言葉となっている。実証もできず実態もない。韓国起源説のあれこれは、誠に珍奇珍妙なる嘘の羅列で面白い。劣等感の裏返しなのだろうが、気の毒なものです。

先日司馬遼太郎の本を読んでいて面白い意見に出会いました。曰く、朝鮮人の男にはスネ毛がなく日本人にはあるとのことでした。そうだったのかと思った次第です。
日本人と朝鮮人をみわけるにはスネ毛でわかるらしい。
そうきっちりと分別できないにしても、そういう傾向にあるということなのだと思います。

9日、南鮮の首相がおおげさにも緊急記者会見を開き、日本の教科書に「任那日本府」が記述されることについて歴史歪曲は許さないと非難した。
これなどは嘘八百でも何とか捏造をして民族主義史観を守りたいという朝鮮半島人の悲しい性(さが)のあらわれと思える。

任那日本府の存在を証明する証拠はシナにも多くある。
それらをていねいに実証でもって叩き潰して日本を非難するならわかるが、とにかく言わないと損だというあんばいで発狂する。

朝日新聞の前社長である木村は、南鮮は兄のような存在の国だとあちらでよいしょ話をしたようだ。戦後の朝日る進歩的文化人と言われる人種にこう言うのが多い。
任那日本府が統治した時期があり、当時の日本をマネてあちらにも前方後円墳が数多く残っている。
糸魚川産のヒスイの勾玉があちらの方々から出土する。
朝鮮半島にはヒスイの原石は出ないらしい。

600年も続いた李氏朝鮮は、仏教を弾圧し廃仏毀釈にいそしんできた。そのなごりなのだろう。南鮮にはキリスト教に関連する宗教を信仰する連中が多い。
統一教会などややこしい新興宗教屋が多い。
対馬のお寺には、あちらの廃仏毀釈時代に非難してきた仏像がけっこうあるという。
歴史的に捨て去った仏像を返せ、返せといったりする。
自己中心的で煮ても焼いても食えない民族性ではありませんか。

朝鮮半島人の自己中民族主義史観は根底に劣等感があり荒唐無稽と嘘が多い。こんな連中と歴史観をすり合わせしようとすることなど大間違いであり、生産性も正義もない。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

南北朝鮮はシナよりも悪質でタチが悪い

上から目線で「粛々」と言うなと翁長が批判した。
沖縄に関係することで、政治家は今後「粛々と」という言葉を使うといけないらしい。反日朝日は早速同類の翁長を支援。朝日るマスゴミは、言葉狩りで首相と官房長官を袋叩き。
息苦しい世の中になってきたものです。

我々はシナが大好きです。日本が共産主義国家になることを願っています。だから沖縄をはじめとして米軍は日本から撤退せよ。
米軍よお前らはじゃまだ、我々はシナの属国になりたい、朝鮮半島の弟分となり、共産社会主義国家をめざしているのだと朝日るマスゴミははっきりと社説で意思表示をした方がよいのではないか。常々思う。

朝日新聞も田舎の左翼新聞も、「報道の自由」と「民主主義」を悪用しないでもらいたい。

今年の東大の卒業式で述べた石井学部長の挨拶が話題になっているらしい。
『善意のコピペや無自覚なリツイートは時として、悪意の虚偽よりも人を迷わせます。そしてあやふやな情報がいったん真実の衣を着せられて世間に流布してしまうと、もはや誰も直接資料にあたって真偽のほどを確かめようとはしなくなります』

『あらゆる情報の真偽を自分の目で確認してみること、必ず一次情報に立ち返って自分の頭と足で検証してみること、この健全な批判精神こそが、文系・理系を問わず、「教養学部」という同じ一つの名前の学部を卒業する皆さんに共通して求められる「教養」というものの本質なのだと、私は思います』

東大生にいうよりも、朝日新聞の連中に言ってやる方がぴったんこではないか。角度をつけて反日左翼な記事を書くことが前提にあって、「自分の頭と足で検証」もせずに記事をたれながしていたことが昨年明らかになった。

太った豚よりも痩せたソクラテスになれ、と東大の卒業式で喋ったのがいたが、国旗国歌を尊重しない連中が何を言ってもその言葉はむなしい。
国防に寄与する研究はお断りという、どこが日本の最高学府なのか。
太った左翼な豚を育てている。

民主党などは朝日新聞が社説や記事で書いた内容で後追い質問をし、政府を追求する。
こちらも「自分の頭と足で検証」もせず、朝日る報道の二番煎じだから質問が空疎で中身がない。国会で立派な議論がされているなんて状況になかなかおめにかかれない。

週刊紙の記事のことでああだこうだと貴重な歳費の浪費をするなら、「三面記事検証委員会」でも別に設けてこじんまりとそっちの方でやったらどうかと思う。

中学校の教科書に、ようやく「竹島」と「尖閣諸島」は日本の領土だと明確に記述することになりました。
今まで記載してこなかったことが異常たったのです。
朝鮮半島国とシナに対する遠慮と気遣い?
相手国が立派なら通じるかもだが、無意味で無駄でした。
そもそも日本を踏みにじってやれと思っている連中には日本的おもばかりなどなんの値打もない。
で結局どうなったか。日本の心配りに乗じて、逆に相手は軍靴の音高らかに踏みにじってきたではありませんか。

教科書は国の広報であってはならない、あちらの言い分も記載せよと朝日新聞は社説で早速反応した。
教科書の答えが二つも三つもあれば、生徒は混乱する。
ましてや領土領海に答えは二つなどない。

本来まともな国であったなら、南北朝鮮とは戦争をやっていなければならなかった。拉致事件、突然の李承晩ラインによる竹島盗っ人事件。
世界のまともな国ならば戦争が勃発していた事件です。

時々ふと思うのは、シナの軍事的脅威は今そこにある危機ながら、実質的な被害を考えると、南北朝鮮のやり口はシナとは比較にならない。
多くの同胞を誘拐拉致され、竹島を現実侵略されている。
南北朝鮮が日本にやってきたことは悪辣以外のなにものでもない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南鮮からどうして 「日韓断行」 の声が出てこないのか

日本大使館の前で安倍首相の人形の首をちょんぎったり、下等下劣な蛮行を繰り返している。そこまでやるなら大使館をたためとか、国交断絶をせよとどうして言わないのか不思議でたまらない。

『韓国外務省高官「日本は100回でもわびるべき」』(4月3日、産経) この発言はどうやら駐日南鮮大使らしい。大統領の朴・クネは1000年たっても恨み続けると言ったり、鮮人どものしつこさには舌を巻く。精神も根性も腐りきっている。
シナ人とは交渉できるが、鮮人と交渉はできない。やってもムダ。
今後何十年何百年たってもかの民族性は変わることはないだろう。

週刊文春が、このほどベトナム戦争中に南鮮軍が慰安所を設けていたというアメリカの公文書が発見されたと報道した。なんとその公文書を見つけたのは、TBSの山口敬之ワシントン支局長だという。
TBSとはおそれいったものだが、さすがにTBS、週刊文春は報じたものの在日記者が多いTBSはいまだに黙ったまま。

サイゴンに南鮮軍の慰安所があり、ベトナムの女性が慰安婦として収容されていた。
売春強姦エロ大国の民族性だから、こういうことはあって当然と思っていたものの、アメリカの公文書に記載されていたという明白な証拠が出てきたとなるとその価値は大きいのだが。

TBSは押し黙り、他の朝日るメディアはスルーしている。
南鮮のマスゴミも自分たちにとって都合の悪いことを無視し、せっかくの発見もこれでは価値が薄まる。

もっとも効果があるのはその慰安所に収容されていたベトナムの女性が被害を訴えれば世に明らかになるのだが、ベトナム人は鮮人のようなあさましさがなくプライド高い。
ベトナム戦争ではアメリカに勝ち、シナとの数多い紛争でも負けたことがない。これからもベトナムから南鮮の暴挙を非難する声がでることは期待できない。
立派な民族性だと思う。

南北朝鮮戦争の時には、南鮮軍はアメリカ兵に性的サービスをする慰安所を軍として設けていた事実がすでに明らかになっている。
慰安婦だった連中は、南鮮政府を今現在訴えている。
ようするに「在韓米軍慰安婦問題」が表に出た。

よって、政府もマスゴミも国民も、日本だけを責める根拠はまるでなくなったのだが、自らの悪行を反省することなく日本への攻撃がますます声高になっている。
実にタチが悪い。

ただこちらもいうばかりではなく大いに反省すべきは、そんな鮮人たちにおもねる朝日る反日日本人の存在であります。痛恨の極みというところです。
こんな日本人をのさばらせ続ける風土が根強くあるわけで、われ自らを傷つける戦後日本の体質にも大きな問題がある。

日本を攻撃するネタの中身に齟齬が出てきたことを南鮮人たちはそ知らぬふりをしながらも気づいてはいるのだろう、最近なにかとえらく焦っているように見える。彼らこそ日韓断行を叫び、シナ属国への道を帰っていくのがもっともふさわしいと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い上がりの勘違い漫才師 太田光が安倍首相を「バカ」呼ばわり

村山富市がシナの抗日戦争勝利70周年軍事パレードに出席することを表明した。鳩山兄さんはどうするのやら。
シナが呼びかけたら鳩山兄さんは喜んで行くに違いない。あの天然バカを招待したら逆効果になるとシナが判断したのかどうか。

前回も指摘したが、日本の元総理総裁、あるいはそれなりの要職についた連中のその後の生き様の節度のなさには呆れてしまう。老醜、我執、しつこい。
固執せず、公のために潔さを旨とするのが日本人の文化であり美徳だったと解釈しているのだが、戦後の政治家にはそれがないのが多すぎる。

村山富市は、尖閣諸島日中共同開発を主張している。
シナからすれば、村山・河野洋平・鳩山兄さんなど、利用するに便利な政治家が多い。
元総理総裁を看板にして、主権在民の民意で選ばれた現政権を批判する。真逆の意見を世界にばらまき国家国民の足を引っ張る、その神経がわからない。

鳩山兄さんを利用したロシアが悪いのか、村山富市に来いと声をかけたシナが悪いのか、そもそもしっぽを振ってお気軽に行く方が悪い。
同じように悪いのは朝日るマスゴミでもあります。
現政権を批判するために、ちょろちょろと昔の総理総裁を引っ張り出して今の政治に対してご意見を述べさす。
諸外国でこんなことをやってる国はない。節度のない劣悪なマスゴミがこんな政治風土を作り出した。

漫才師の太田光がラジオで安倍首相を何度も「バカ」呼ばわりをしたという記事を読む。
左翼な立場を強調するとマスゴミ受けし、インテリ漫才師であることを売りにできると考えてるのかどうかしらないけど。野良犬の小便話ではないか。
芸人が政治を批判するのに反対だからいうのではない。
芸人らしいユーモアだとか、笑いをとれよ。
凶産党や社民党のバリバリの支持者のように首相をバカ呼ばわりをするなら、タレントではない。

『中国主導銀:参加見送りに野党批判「外交の完全敗北」』(4月2日、毎日) 

この記事は野党だけではなく朝日る毎日の主張も込められているのだろう。「完全敗北」などとよく言えたものだ。何を根拠に?

シナは北鮮の参加を拒んだが、AIIBから北鮮への融資も可能と南鮮に説明したとの報道がある。
事実ならあほらしくてものもいえない。北鮮の核開発にAIIBが資金協力するかもわからないことにもなる。
外交の完全敗北とはよく言えたものだ。
いかなる目線なのか。野党もマスゴミも劣悪すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナのバスに乗り遅れるな 日本は孤立するとビビる脳なし新聞

『インフラ銀 「戦わずして日米に勝つ」 総裁は中国元財政次官か』(4月1日、産経) 産経さんがシナが日米に勝つなんて報じてる。

『東京新聞「米国偏重でアジアで孤立化した日本が、アジアのリーダーを中国に奪われることは明らか』

朝日も毎日も田舎の共同通信ネタふりの左翼新聞も、日本は孤立化する、とあおっている。
あほらしくて笑ってしまうのであります。

日本はアジアのリーダーだったのか? そんな野心を出したようなそぶりなど記憶にない。そしてリーダーとして尊重されてきたのやら。
大量のODAでアジアに貢献してきた。リーダーとしての野心など出さなかったから感謝されてよく思われている。
いくら金を注ぎ込んでも感謝のかの字もないのは南鮮とシナ。軟弱にも効果のないバラまきをやってきた。

おバカな大変屋稼業の新聞屋が孤立する孤立すると叫んでいるのだが、締切が終わった4月1日になってもシナは日本の参加を待っていると発言しているではないか。
その意味はいかなることか考えもしないらしい。
シナはこれで日本を孤立させることができれば、誘いなどしない。

ヨーロッパのハゲタカがなだれをうって参加し、南鮮もシナに当然のようにすり寄った。シナに「元」をやがて世界の基軸通貨にするぞという野心があっても、そんな簡単なものではない。シナが一番理解しているだろう。
おいら達も儲けされてくれと英仏独のハゲタカが参加した以上、AIIBをシナの勝手には運営することなどできない。

世界のルールを無視してきたシナが、ルールをつくる側に立つ責任は大きい。勝手な野心だけではなしとげることなどできない。これが契機となってまともな国に近づくのであれば結構毛だらけ猫灰だらけ。無理だろうけど。

軍事力以外でリーダーになるということは大変なことで、今までのシナのありようからすると苦労することだしご苦労さん。日米主導のアジア開発銀行の手を借りずに何ができるというのか。

弱小でシナにいじめられているアジア各国は、それでもAIIBへの参加を表明した。IMFもADBも審査が厳しい。金貸しは普通そうあるべきだと思う。シナが審査をそっちのけで、自国の勢力を強めるために金を貸し出したら十中八九焦げ付きが出る。
日本はAIIBの中に入ってリードするべきだと間抜けが言ってるが、底抜けの間抜けに思える。

シナとヨーロッパのハゲタカたちの今後のやりとりを見物する方が賢明で、うならすならで成功はしない。
シナが他国に権益を譲る国になり、それで大成功するなら歓迎すべきことであってけっこうなことであります。
日本はアジア開発銀行の主要な運営国としての責任をまっとうしなければならない。それをほったらかしにして、シナのバスに乗り遅れるなという新聞屋には良識などないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年9月 »