« 近隣諸国を刺激してはならない という反日売国奴のセリフ | トップページ | 河野洋平も野中広務も老醜をさらすな 国民には迷惑だ »

バトルもいろいろ

大塚家具のお家騒動は、家具屋姫を支持する株主が6割をこえて決着がついた。一部上場企業で身内の騒動があからさまに表に出るのは珍しい。
3月に入る前後から大塚家具の株価はべらぼうに上がった。名前が売れて良くも悪くも宣伝になった。大塚家具にとっては思いのほか損のなさげなお家騒動だったように思う。

昨夜の報道ステーションで古館・古賀のバトルがあったとか。政府からの圧力がどうのこうだの、そんなのあるわけがない。被害妄想でしょう。
はっきりとした圧力があれば、朝日系のことだからそれみたことかと喜んで世間に開陳するはず。チンケな人間ほど自分は国策の影響を受けたといいたがる。くっだらない。

バトルでは、サウジがイエメンに軍事介入した影響が大きい。イスラム教の2大派閥のいさかいに終わりがない。
スンニ派の親分的存在であるサウジと、シーア派の親分であるイランとの確執がイエメンを舞台にして混乱を深めようとしている。
世界への影響もある。日本も影響を受ける。

アメリカはイエメンから大使館を撤退させた。オバマ民主党はイエメンをほったらかしにすると決めた。中東諸国でリカバリーしてね、ということらしい。
ことの行く末によっては、その混乱にイスラエルが噛みこまざるをえない状況も起こりえる。
もしそこまで行けば、とんでもないバトルになる。

イエメンはホルムズ海峡に接している。日本への原油タンカーが通る。ISILはしぶとく動いているし、中東はどうなることやら。目が離せない。

ドイツの格安航空会社「ジャーマンウイングス」のエアバスが墜落。乗客乗員150名が死亡。副操縦士が機長をコックピットから締め出し、自ら墜落をさせた疑いが濃いという。事実だと乗客はたまったものではない。
副操縦士の家から勤務不可能の診断書が発見されたとは。
時々考えられないことが起こる。
副操縦士自らのバトルで多くの人が命を失った。

南鮮がシナ主役のアジアインフラ投資銀行への参加を表明した。米日の封鎖から突破するチャンスをつかんだと自分たちの責任を誰かに押し付けるのが好きな国民は大喜びらしい。アメリカが要望しているミサイル防衛システムの導入は、結局日本の防衛に役立つようなもので反対しろという声も高いらしい。
南北朝鮮は瀬戸際外交がお好きです。はたから見るとちんどん屋風情なのだが、バトルが好きな民族性は南北かわらない。
面白いことになってきました。オバマアメリカの態度はいずこでも軟弱で、中東もしかり、世界はかわろうとしている。

シャーマン国務次官は、南鮮からの猛烈なクレームを受けて、慰安婦は人身売買だったから許せないと南鮮向けに釈明した。結局なんだよ、日本非難かよになる。もんくを言ったほうが勝ちで、おとなしくしていると損をする、という印象になる。まぁ今のアメリカは煮え切らない。

安倍首相の米議会演説を前に、アメリカ民主党内から慰安婦問題を含めてその演説で謝罪しろという注文が日本政府内に入っているとも言われている。
それもアメリカの国益とするなら、厄介さではアメリカもシナとかわらない。
南鮮の二股外交(瀬戸際外交)が、やがて東アジアの関係を整理してくれることでしょう。

国会では安倍首相の「我が軍」という言葉じりをとらえて、朝日る野党はバトルをやろうとしている。
自衛隊を軍隊でないといわせようとしているのは、国内の左翼だけ。外国から見ると軍隊です。
我が軍と言ってどこがおかしいのかさっぱりわからない。
はっきりと正直に今まで言わなかった言わせなかった方がおかしい。

全然のぞまないが、今後東アジアで戦争が起これば、絶対に日本側からしかけるもんだと頑強に決めつける妄想が理解できない。現実性がない。
朝日る左巻きは、すべからくそれを根底にして善良な日本社会にバトルをふっかける。



|

« 近隣諸国を刺激してはならない という反日売国奴のセリフ | トップページ | 河野洋平も野中広務も老醜をさらすな 国民には迷惑だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59435130

この記事へのトラックバック一覧です: バトルもいろいろ:

« 近隣諸国を刺激してはならない という反日売国奴のセリフ | トップページ | 河野洋平も野中広務も老醜をさらすな 国民には迷惑だ »