« 用なしの鳩山のクルクルパーが 今度はクリミヤ半島に行きたがってるとか | トップページ | メルケルさんがやってきた 今頃なにをしに? しりません »

羊頭狗肉というあほらしい欺瞞

切られた米大使に、南鮮の心優しい老人が犬肉スープやワカメスープを届けたと報じられている。あちらでは犬肉スープは傷を癒すのによく効くと珍重されているとか。
だけどリッパート大使は愛犬家だったようで、差し入れしてもらっても心境は複雑だろうと想像する。

想像だけど、愛犬家のオレに犬肉を持ってきやがってバカにするな! と内心思ったのではないかと。心優しい老人が届けたと情緒的に報じるあちらのマスゴミは、事件をなんとか穏便に終わらせたいという思いでいっぱいなのだろう。
これぞ「羊頭狗肉」というべきか。なにをやってもかの民族は浅ましい。

朝鮮半島は儒教の国だから礼儀を重んじるのだ、と朝日るメディアや取り巻き芸者がなぜかしらねど昔からかの民族のために宣伝してきた。国会でも儒教の国だから我々が礼を重んじて配慮すべきだ、などと質問をする政党政治家も多かった。
前にも書いたが、上着は立派な背広を着ていても、下はふんどし一つという国民性ではないかと思っている。
何事によらずそういうところがある。

2018年の平昌オリンピックの準備遅れがひどいらしい。スポンサーがなかなかつかず、実際建設も遅れている。
いよいよ単独で開催できなければ、日本に一部競技の開催をさせてやれ、などとの声が出ているとか。
上から目線でモノをいう。ええ加減にしてもらいたい。石にかじりついても単独開催をやり抜け、と思う。
隣国がお困りなら友好を深めるためにお手伝いするべきだ、とそれらしい人情論を説くクルクルパーの勢力が我が国に存在することが懸念される。

親日家だったという理由で資財を召し上げ、今度は親日家名簿をつくって永久に非難をするらしい。
反日を讃える。
ひとえにあちら勝手の劣等感による発露だろうが、精神的な敵対行為であることは周知のごとくです。
友好も糞もへったくれもない。

そんなあんばいなのに、2028年の夏季オリンピックに釜山・蔚山・慶南が共同誘致するなどと言い出したようだ。
激情型発狂民族なので、本気なのではないか。ご苦労さん。

米大使への切りつけは北鮮の差し金だと政治的に上手に利用する意図大有りのようだが、全然そうとは思えない。
金大中やノ・ムヒョンがそうであったように、気持ち反米の親北勢力があちらの政治風土の中に強く根を下ろしている。政治的に左右の対立が激しいのだが、反日となると上手に一本にまとまるわけで始末が悪い。

アメリカは大使の命に別状はないわけで、大人げない対応もできない。米韓関係に亀裂が入るなんてことまではいかないだろうけど、腹の底ではさぞかし頭にきていることでしょう。
80針も縫うけがを負わされた大使は自力で歩いて車に乗り込んだのに、切りつけた犯人は担架に乗せられていた。
反対ではないか? 笑

事件が起きるまでは、シャーマン米国務次官が歴史問題をめぐる日中韓の対立は中韓にも責任があると言ったことに対して発狂のあんばいで反米ムードだったのだが、切りつけ事件後すっかり忘れているようだ。
当面はアメリカに土下座をやるが、シナ属国への流れは中長期的にはかわるまい。

シナが戦勝70周年記念の軍事パレードをやる。心をいれかえて来るなら安倍首相も招待してやってもよいとそんな意味のことを王毅外相が発言したとか。戦勝したのは蒋介石であって毛沢東のシナではない。
今やばりばりの帝国主義のシナなのに、あん時はファシズムに勝利したのだと言い触らす魂胆のようだ。

シナもロシアもかの大戦の戦勝パレードにこだわり、自己主張したがってるけど、アメリカには目立ってそんな動きはない。腰折れのオバマちゃんが大統領になってるが、国柄としてはやっぱりアメリカの方が上。

『大阪市がヘイトスピーチ対策・・・条例制定へ審議会答申受け』(3月5日、民団新聞)←いつまで掲載されてるか不明ながらリンク付け
『今回の答申は、橋下市長が14年9月3日、市人権推進審議会に対し、市としてとるべき方策を諮問したことを受けたもの。5人の有識者からなる「検討部会」が6回の会合を経て1月に答申案としてまとめ、さらに審議会で答申として固めた。検討部会には弁護士を含む在日同胞・市民グループが積極的な提言を行ってきた。

 答申を受け取った橋下市長は「国全体に広げていけるようにしたい」と語った』

橋下大阪市は、在日のご意見を全面的に採用するらしい。
都構想を問う住民投票に敗れると橋下氏は政治家を辞めると発言した。都構想には賛成だったが、こんな動きを見せられると気持ち大阪の都構想などどうでもよくなってきた。
ヘイトスピーチに関する裁判費用は大阪市が公的資金でかたがわりしてやるという。アホだろ。
名誉棄損という民民の問題に、条例などの権力を持つ地方自治体がその力を乱用するなら、恐怖政治というべきか恐ろしい未来しか予測できない。

本日は羊頭狗肉と思えることどもを書いてみました。

|

« 用なしの鳩山のクルクルパーが 今度はクリミヤ半島に行きたがってるとか | トップページ | メルケルさんがやってきた 今頃なにをしに? しりません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59201185

この記事へのトラックバック一覧です: 羊頭狗肉というあほらしい欺瞞:

« 用なしの鳩山のクルクルパーが 今度はクリミヤ半島に行きたがってるとか | トップページ | メルケルさんがやってきた 今頃なにをしに? しりません »