« 大阪市のヘイストピーチ条例案は 暗黒の口封じ社会を予見させる  | トップページ | ニューヨーク・タイムズの田淵広子には気をつけなければならない »

日本をゆすり・たかる・売春大国である南鮮を アメリカは冷静に見るべきだ

『竹島は日本の領土!』 CIAに続いて米国務省領事局も=韓国ネット「やっとわかった・・・」「国際社会から孤立しているのは韓国の方?』(3月16日 Record China)

『米国務省領事局は昨年10月31日、ホームページを更新し、「韓国旅行情報」に添付された地図から「リアンクール岩礁」を削除。また、韓国政府が「東海」併記を主張している日本海については「日本海」とだけ表記した。一方、「日本旅行情報」には、日本海の真ん中に小さい点を描き、「リアンクール岩礁」と表記。色も、ほかの日本の都市と同じく、黒で塗られているという。』

『また、今年初めには米中央情報局(CIA) が「ワールドファクトブック(The World Factbook)」の韓国地図から「リアンクール岩礁」を削除した。』

力を入れ始めた日本のロビィー活動が効果をあげてきたのか、どうか? これは朗報です。朝日や毎日は日本人が喜び南鮮が悔しがる情報などほったらかしにするのはわかってるけど、産経新聞は隅から隅まで読んでるのだが、CIAの竹島に関する記事はなかったような気がする。それともそんな記事があっても気がつかなかった自分のミスかもです。

朝日新聞の購読者数はやはり減っているようだが、どういうわけか朝日より以上に読売の方が減り方が多いとか。
元々発行部数が読売の方が多かったからかもしれません。
南鮮や国内の左巻きの中から読売は右翼新聞だとバカなことをいうのがいたりする。
自分の感想では読売系もリベラル色が強く、産経新聞のようにスタンダートではない。

とにかく戦後日本は政治もマスゴミも教育もなにもかもが左に傾いていた。リベラルというかたまりの中で読売は右かもしれないのだが、南鮮や朝日る左翼から見ると右翼だ! というレッテルをはりたくなるのかもしれない。
朝日と同じように読売の部数が減ったのなら、産経のようなスタンダードさがないことに不満を持つ読者が多いのかもしれない。読売の往生際の悪さというべきか。

新聞は親が購読していたからということで、ず~と同じ新聞をとりつづけている家が多いと思う。世代はかわり時代はかわり、ネット社会になった。朝日や毎日のように反日捏造記事を今までのように気軽に拡散できないまともな時代になった。よからぬ新聞は必ず淘汰される。

ネット社会になって多くの日本人の考え方は10年前とおなじではなくなった。嘘が多い朝日る左翼報道にだまされない。
この変化は歴然としている。マスゴミ屋の方が身近にわかってることだろうけど、そう長くは知らんふりはできない。

拉致問題にどこよりも早く熱心に取り組み、従軍慰安婦問題では朝日の捏造を暴いた産経新聞の功績は甚大です。
ところが購読者数が増えないようで残念に思う。
朝日・読売・毎日はTVを上手に利用しグループとしてタイアップをしているが、産経にはそれがない。
フジテレビは韓流屋左巻きという印象が強い。
グループなどを強調すれば、逆に産経新聞が減りそうだ。
資本の問題があるのだろうが、フジテレビや関テレが産経新聞のコマーシャルを流したのをあまり見たこともない。グループが機能するなら無料で宣伝してやれと思う。
反日左巻き情報を垂れ流しながら不動産業で大儲けしている朝日に比べると、産経は商売がお上手ではない。

長々と横道にそれたけど、日本と南鮮に対するアメリカの見方がよきようにかわってくれるのであれば、それはそれでけっこうなことです。何よりも日本の正義が勝つという意味では、そうなってもらわないと困る。

安倍政権は言論弾圧をすると叫ぶへんてこりんな連中が増えた。国会でも民主党が安倍首相を責める。反日TBSの番組に出演した時に安倍首相が反論したことが発端の一つにもなっているらしい。
オームによる殺戮テロ事件の時には、坂本弁護士一家殺し事件にメディアとして加担したかの実績を持つTBSです。
何の反省もしない朝鮮半島属テレビ会社です。朝日に比べても反日左翼ぶりっ子としてのレベルは低い。それだけに露骨なことをやる。

昨日のサンデーモーニングでは、寺島実郎が毎度の能書きを垂れていたが、クルクルパーの鳩山政権時代は外交ブレーンをお勤めになられた。
鳩山の「県外へ~~~」話の嘘っぱちにも貢献したのではなかったっけ。
TBSの番組は、よくもまぁロクでもない者ばかりを上手に集めるものよと感心する。TBSでまともなことを言ってるのは「昼おび!」の八代弁護士くらいしかいない。

映像編集、街角インタビュー、汚いサブミナル効果をもっとも乱用しているのはTBSではないか。安倍首相は言論弾圧をすると民主党に国会質問をさせたのはTBSだろうけど、みんなが見ているTVカメラの前で安倍首相がその報道は実態とは違うと反論したわけで、公明正大であります。
それが気に食わないというTBSは何サマですか。
報道の自由をふりかざして、汚い理屈で首相の言論を封殺しようなどとは恐ろしい。

首相にも言論の自由もあれば表現の自由もある。でなければ総理総裁などできるわけがない。まるでないかのように言うマスゴミもいるが、それでマスゴミ稼業が成り立つものだと呆れてしまう。

|

« 大阪市のヘイストピーチ条例案は 暗黒の口封じ社会を予見させる  | トップページ | ニューヨーク・タイムズの田淵広子には気をつけなければならない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59288485

この記事へのトラックバック一覧です: 日本をゆすり・たかる・売春大国である南鮮を アメリカは冷静に見るべきだ:

« 大阪市のヘイストピーチ条例案は 暗黒の口封じ社会を予見させる  | トップページ | ニューヨーク・タイムズの田淵広子には気をつけなければならない »