« 日本人としての沖縄県民の良識に期待する | トップページ | バトルもいろいろ »

近隣諸国を刺激してはならない という反日売国奴のセリフ

排水量約2万トン、全長248メートルの護衛艦「いずも」が3月25日より就役することになった。
ヘリコプター9機を搭載できる。オスプレイも可能とのことです。海自では最大規模だが、戦闘機の発着はできない。シナなどのモノと比べるとまだまだ可愛い存在といえる。

TBSでは、こんなのをつくったので「中国などの周辺国を刺激する可能性があります」とアナウンサーがしたり顔で喋っていた。まるで日本がいけないことをやったように聞こえる。

「近隣諸国を刺激する」という言葉を古い昔から何度聞いたことやら。朝日るマスゴミと共産党や社会党の日本自虐の常套句です。
気の毒な拉致被害者をぞろぞろと増やしながら、シナ朝鮮半島に土下座をさんざん繰り返してきた。
逆にシナ朝鮮半島国から「刺激」を感じない朝日るマスゴミとその勢力によって、イジメの対象として我が国は便利な存在になってしまっている。
シナの圧倒的な軍事力は、今そこにある危機として我が国をおびやかしている。シナ朝鮮半島国の刺激の方がすごいではないか。

『「抗日戦争勝利70年」記念行事、安倍首相が中国の招待を断るー中国紙』(3月25日、Record China)
外相の王毅は、「70年前に日本は敗戦したが、70年後に日本は再び、良識を捨ててはいけない。加害者がその責任を忘れなければ、被害者が受けた傷は癒される。誰であろうが、誠意をもって来ればわれわれは歓迎する。」と記者会見で偉そうに述べた。
一口で言うと、土下座をしながら来るなら歓迎してやるぞであります。

菅官房長官は、たかが外相の発言だとぴしゃりと反応したのはよかった。領土領海の拡張強奪にあけくれるシナにこそ良識がない。チベットの皆さんやウィグルの皆さんをぶっ殺し続けながらよくもえらそうに言えたものです。子供でもわかる現実です。
朝日るマスゴミはシナのやることになると口をつぐむ。
日中記者交換協定にびびりまくり、日本のマスゴミはシナの真実を自力で報道できない。シナも卑怯なら日本のマスゴミも卑怯者ばかりであります。

シナも南鮮も、ことあるごとにまずこちらの言い分を聞くならと注文をつける。失礼極まりがない。
彼らは日本と真摯に対話する気がない。
「抗日戦争勝利」行事に、その対象国である安倍首相に来いとよく言えたものです。愚弄に他ならない。

軍事パレードをやるから安倍首相は招待に応じないなどと日本のメディアは報じている。軍事パレードがあろうがなかろうが、シナごときの戦勝記念行事に安倍首相が出席しなければならない理由はない。クルクルパーの鳩山元首相なら喜んで行くかもしれない。ひょっとすると鳩山に声をかけそうだ。



|

« 日本人としての沖縄県民の良識に期待する | トップページ | バトルもいろいろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59413241

この記事へのトラックバック一覧です: 近隣諸国を刺激してはならない という反日売国奴のセリフ:

« 日本人としての沖縄県民の良識に期待する | トップページ | バトルもいろいろ »