« 朝日る左巻きは裁判が大好きらしい | トップページ | 命の危険にさらされた日本人を救えないような憲法なんて もういらない! »

政商二階俊博と南鮮へ ぞろぞろとついて行った間抜けが1400人

日韓スワップ協定は、そもそも国際的に信用が低いウォンを安定させるために行った。日本にとっては片務的であり、メリットは全くない。2011年10月700億ドルにふくれあがる。

ISILが2億ドル(約240億円)をよこせ、と日本政府に迫ったことと比較すると、700億ドルは膨大に過ぎる。
国際社会に南鮮の信用保証を日本がやってきた。実にあほらしい話です。

イ・ミョンバクが竹島に上陸し、天皇陛下に向かって謝罪せよとほざいた以降、いかなお人よしの日本も気がついた。
色々な面で疎遠になることは必定。その上に反日こそが我が命の朴・クネが登場し、関係悪化の仕上げをやってくれている。

どんどん減り、100億ドル残っていたのだが、この2月23日に期限を迎える。延長はするべきではないと願っていたところ、どうやら日韓スワップ協定の延長はしないと決定したらしい。
よかった、よかった。

シナの安売りに押されてサムソンの業績が顕著に落ち込んできた。次に頼るべきは中韓スワップに違いない。朝鮮半島がシナの属国になる原因がまた増えた。朴・クネも南朝鮮人も、日本との関係を絶ってもシナだと心情的に受け入れやすいことと思える。朴・クネはシュウキンペイにすがりつくようにしっぽを振り、反日プロパガンダの援助を色々と要請している。

軍事的な紛争は今のところないが、心理的には南朝鮮は日本に向かって戦争をしかけている。さまざまな事象を見ても明らかです。日本はどうかというと、残念ながらこのたびの二階俊博による土下座訪韓などは、アホ丸出しの象徴になった。あちらを慢心させるネタふりをやった。

旅行関係業者などが中心らしいが、1400人も連れて行った。その中には県知事や市長もいる。そして朴・クネが一方的に主張する慰安婦問題に対して追従同意したとの報道には呆れる以外にない。

二階は政府与党である自由民主党の総務会長という要職にある。政府の人間ではないが、朴・クネに屈従の姿勢を見せた。また大きな誤解を相手に与えることになった。
自由民主党に内在する暗黒の恥部が出たわけで、うんざりする。やがて近いうちに、大挙引き連れて今度はシナに朝貢訪問をするといわれている。

二階は和歌山県御坊市が選挙区の中心になる。御坊市の市外の海に向かってアメリカ村がある。同和であることに失望して、村人のほとんどが海の向こうのアメリカに移住した歴史的事実は有名です。和歌山では新宮市にも同和問題が古くからあり、歴史のあるところには共通してそういう問題があった。

同和差別には反対です。今生まれた人間が、遠い遠い昔の歴史の出来事を背負って生きなければならないなどとは理不尽極まる。
純粋な人権活動なら大賛成だが、残念ながら横道にそれた人権活動には賛成できない。解放同盟はどうして反日、反体制に傾いたのか。
大事な人権問題に、日本人なら容認できない安っぽいイデオロギーがくっついてしまった。

二階俊博は、自民党内でも人権擁護法案の推進者として名高い。北部九州の炭鉱を地盤としてきた古賀誠、野中広務は京都の園部出身で解放同盟の重鎮だと巷間いわれてきた。
彼らの共通項は、シナ朝鮮半島に優しい。というよりも屈従する。悪法である人権擁護法案の熱心な推進者であること。

所属は自民党だが、言動は共産党と同じ。このような左翼のなりすましが自民党にはまだまだ数多くいる。政権与党を隠れ蓑にして政治信条である反日に精を出せるのだから、悪賢さもここまでくれば天下一品。たいしたものだ。

野中は、終戦時に坂本龍馬像の前で自決を考えたと喋っている。
龍馬と全然イメージが結びつかないのだが、いうのはタダだから好きなようにそりゃまぁ言える。

共産党は国体の解体が信条なのだろう。日本をぶっ壊して、その後に権力を握る。穏便で平和な日本であることを嫌う。でなければ出る幕がない。解放同盟は日本の歴史全部を宇宙のゴミとして捨て去りたいのではないか。一緒に活動してなくても心根には通じ合えるものがあるものと思える。
野中も二階も古賀も、そもそも共産党の議員として活動すべきところを自民党に入党した。昔の自民党はそんな政党でもあった。

思えば政界やマスゴミには反日売国奴が数多くのさばっているのだが、あの民主党政権を3年で叩き潰すことができた。今となっては成果として大きい。と、共に有権者の洞察力と英断を評価し勇気をもらえる。

話をもとにもどすが、南鮮とのこれからであります。
産経新聞元支局長の拘束がまた延長になった。人質扱い同然ではありませんか。すでに敵対国家であることを我々日本人は深く心に刻むことです。

朴・クネがいう千年たっても許さない、それは事実でしょう。日本人にとってはいわれもない言いがかりがこれからも延々と続くことは間違いがない。
世論調査でも日本人の多くの心は南鮮から離反している。これも日本国民は賢明です。

アメリカは駐韓米軍を守る理由でミサイル防衛システムの配備を南鮮に要求。シナは即刻反対を表明し、朴・クネは困っているようだ。ロシアのマスゴミはシュウキンペイの顔を立ててアメリカの申し入れを断るだろうと予測している。
そうなった時のアメリカと南鮮の関係が面白い。
日本がとるべき道もはっきりする。

舛添都知事の軽さ、政商二階俊博の醜態、ネットというツールを使って大いに断罪しなければなりません。
民主党の千葉景子や岡崎トミ子、仙谷由人を引きずり下ろしたのはネットの力ですから。

|

« 朝日る左巻きは裁判が大好きらしい | トップページ | 命の危険にさらされた日本人を救えないような憲法なんて もういらない! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/58932640

この記事へのトラックバック一覧です: 政商二階俊博と南鮮へ ぞろぞろとついて行った間抜けが1400人:

« 朝日る左巻きは裁判が大好きらしい | トップページ | 命の危険にさらされた日本人を救えないような憲法なんて もういらない! »