« 朝日の慰安婦記事 そのプロパガンダが暴かれる時がやってきた | トップページ | 予算を人質にする 野党戦術は卑怯だ »

ゆすり たかり 拉致 売春大国の南鮮とは縁を切ろう

22日、与那国島で陸自配備の賛否を問う住民投票が行われた。
1284人に投票資格があり、選挙権のない中学生41人や永住外国人5人にも投票資格が与えられた。 投票率は85.74%だった。

結果は陸自配備賛成632票、反対445票。 国防は国の専権事項とはいっても、嫌な感触がする住民投票だった。良識ある結果が出てよかったとは思う。

しかし4割くらいの反対票が出たことには驚く。与那国町民に対する反日左翼の浸透とシナの工作と予測できるが、これで配備が決まりそうだといってもあなどれるものではない。国の統治能力の向上が一層のぞまれる。

シナ漁船によるサンゴ密漁事件は、我が国の統治能力の欠陥をつくものだった。正直に言って今の海上保安能力では小笠原諸島まで手が回らないことを露呈した。 日本は海洋大国だ、と言われても「大国」言葉になじめない人が多いと思う。領海線は遠大で、シナはサンゴ密漁によって強力なジャブを送ってきた。

だいたいからして攻撃する側は好きな場所を選べるが、防御する方は場所を選べない。究極のところテロをなかなか防げないというのはその辺のところにあると思う。

日本の長い領海線を守りきるには膨大な軍事費がいる。 日米同盟はコストからして実に有効なのだが、そういう手段をとってるにしても、どこか我が国はなよなよしている。 その根本は、国民の負託を得た政治家の統治能力と思える。 祖国日本を守るどころか、統治力を削ぐことに躍起になっている政党政治家や朝日る連中がいるわけであり、致命的に厄介なのであります。

シナの密漁船に小笠原のサンゴをごっそり盗られている最中に、首長である舛添都知事はオリンピックを視察するといってイギリスに外遊していた。
急きょ帰国することもなかった。国にお任せで当事者意識のかけらもなかったのではないか。

ややこしいことから卑怯にも逃げたとしか思えない。 年もあけてこの2月になって、舛添はようやくのことに父島を視察したのだが、とっくの前に火事が鎮火して後片付けが終わった後に消防のホースを持ってかけつけたあんばいで、何の役にも立っていない。

地方を預かる首長としての責任感がない。 住民の安全と資産を守るという統治意識などこの人の頭の中にはかけらもないのだろう。 狂産党からの舛添都知事に対する評価は高いという。
こんな政党から評判が良いのだから、実態がうかがえる。 二元外交をやるのが大好きな舛添に対する都民の評判はよくないのだが、都庁の幹部や各政党からの評価はえらくよいらしい。
やりやすい都知事だという。 都知事として何でもホイホイは無能の証ではないか。 舛添サマはよい都知事だというなら、都の各政党も都庁の幹部もみんなひっくるめて東京都を統治する意識があるのかどうなのかと疑いたくなる。

舛添さん、次の外遊先はどちらですか? オーストラリアでっか? オリンピック視察ネタはつきないようで、ご苦労さん。

国会議員たるものとして、国益を守ること、国民の安全を守る意識は最低限持っていてもらいたい。政治家として統治意識がどれだけあり統治責任をどれだけ持っているのか。 首相だけが問われる問題ではない。

国家感の疑わしい政治屋が多いのにうんざりする。 二階俊博などは今度はシナに4000人を連れていくという。 南鮮では朴・クネに慰安婦問題お任せリカバリーと約束し、シナに行けば二国間の尖閣問題大有りとこの売国奴は認めるのではないかと心配です。

22日の島根県「竹島の日」に松本洋平内閣府政務官が出席したが、もういい加減に島根県だけに任せるべきではないと思う。 式典を国が挙行し、前段階として担当大臣が主催する、その時期が来ている。

敵対国南鮮にどうして遠慮しなければならないのか。李承晩ラインにより不当に拿捕された日本漁民は3929人、攻撃された日本漁民の死傷者は44人。
南鮮に対するこの恨みは千年たっても忘れまい。

|

« 朝日の慰安婦記事 そのプロパガンダが暴かれる時がやってきた | トップページ | 予算を人質にする 野党戦術は卑怯だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/59033535

この記事へのトラックバック一覧です: ゆすり たかり 拉致 売春大国の南鮮とは縁を切ろう:

« 朝日の慰安婦記事 そのプロパガンダが暴かれる時がやってきた | トップページ | 予算を人質にする 野党戦術は卑怯だ »