« カジノ特区構想には裏面があるのではないか | トップページ | 安倍首相に歴史修正主義者という烙印をおす その朝日る根拠とは? »

桑田に紫綬褒章を与えた役人は責任をとれ

『桑田さん 年越しライブ巡り謝罪文書』(1月16日、NHKweb)

去年の大みそかに横浜市で開いたコンサートの中で、桑田佳祐さんが去年の秋に「紫綬褒章」を受章したことを報告する際、ポケットに入れた紫綬褒章を取り出したり、競りにかけるようなパフォーマンスをしたということです。
これについて多くのメディアが取り上げ、今月11日には事務所の前で抗議行動が行われたということです。

この5~6年は紅白歌合戦を見てません。ボクシングを見て楽しんでました。
よって桑田の年越しライブが昨年末の紅白に登場し、問題になったことも知らなかった。そのことを後でネットで知り、ひどいな~と思ったものです。
「多くのメディアが取り上げ」とNHKは書いてるけど、大手マスゴミ新聞やおTVがこれは問題だと報道しましたか? 桑田が謝罪文書を出してから取り上げたのが事実でしょう。
週刊紙はすぐ報道していた。元日の朝日新聞は、桑田の「平和の鐘が鳴る」の歌詞などを全面広告で掲載した。桑田が紅白ではしゃいだ翌日だから、タイムリーというかなんというか。朝日と桑田の出来レースと疑われても仕方がない。

自分は日本語をつばきを飛ばして発音するような歌手は、桑田に限らず好きではない。そんな彼が紫綬褒章を受章したことには驚きました。

彼はこんな歌を作詞作曲している。
「経験Ⅱ サザンオールスターズ」

はめて Woo woo
はめて
穴に穴に穴に
そうはめて

行くなら Goin
お嫌なら stop
男と女の Long way from home

舐めて Woo woo
舐めて
エロく エロく エロく
そう舐めて

・・・・・この後も歌詞は続くが書き続けるのがあほらしい。
経験Ⅱ(セカンド)で検索して下さい。

こういうのを作詞作曲している歌手に紫綬褒章授与とはこれいかに、です。
いかなる尺度で選考しているのか。彼よりは授与させた問題の方がはるかに大きい。今どきの世の中で、ステージでこれを歌い、それを聞いて喜んでいる多くのファンがいても別にへんてこりんではない。
紫綬褒章の対象にしたことじたいが考えられない。紫綬褒章は日本国天皇の名で授与されるのです。

TBSは「うたばん」という番組で、桑田のこの下ネタソングをオープニングテーマ曲として流していたとか。さすがにTBS。エロネタを世界に向けて発信するのがお好きなようで。毎日新聞は日本では息子の性の処理は母親がする、と日本人がほとんど読まない英語版で世界に報道していた。日本をはめるのがお好きなわけで、さすがに仲間です。オープニングテーマ曲としてのこの曲に対して勿論視聴者から苦情が殺到し、数か月で流すのをやめたらしい。ご苦労さん。

今回桑田さんは素直に謝罪した。一件落着というところでしょうか。彼の紅白でのはしゃぎを擁護した漫才師の太田光や朝日る連中も謝罪するべきではないか。今回桑田の言動に抗議された皆さんがおればこそ謝罪文が出た。お疲れさまでした。

NHKはwebで他人事のように書いてる。当事者意識がない。これには呆れる。

|

« カジノ特区構想には裏面があるのではないか | トップページ | 安倍首相に歴史修正主義者という烙印をおす その朝日る根拠とは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/58600559

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田に紫綬褒章を与えた役人は責任をとれ:

« カジノ特区構想には裏面があるのではないか | トップページ | 安倍首相に歴史修正主義者という烙印をおす その朝日る根拠とは? »