« 人権擁護法案とヘイストピーチ規制の危険性 | トップページ | 女性3閣僚が靖国秋季例大祭に参拝される »

素直に「反省」できない 朝日と南鮮 そして河野洋平

骨が入ってる「うちわ」がどうの、入ってないのはどうの、レベルの低い話題で盛り上がっている。どうでもええよ、うるさいわい、国民に関わる議論を国会でやってくれと思っている人が実際のところ多いようだ。
小渕経産相の金銭問題が浮上。なんと脇が甘いことか。他界された親父さんの番頭連中が引き続いて娘さんを支えているのかもだが、問題になってることのなかみが古臭い。

将来の宰相候補だとマスゴミが書いた時、あれ?っと思った。いつからそんな話になったのかいなと。彼女の国家観はどうなのか、自分の勉強不足かもだが全然わからない。それに関する目だった言動はいままでなかったように思う。
若くして当選回数がすごいから、それが根拠になっているような感じだ。
女性宰相の候補になるなら稲田朋美さんのような政治家がふさわしい。すきっとした政治理念が伝わってくる。例えば野田聖子議員のような、古い自民党で泳げる才覚だけが目立つ人に首相候補などになってもらいたくもない。自分のイメージでは小渕さんは野田聖子と似通っている気がする。だから今回の件で大臣を辞任しようがどうでもええのであります。
安倍政権に大きな傷をつけないうちに辞めなさい。ご苦労さん。

大事な国会で下世話なことばかりを追求する民主党って、やっぱり民主党だわな~という思いです。恐怖のエボラ感染、世界景気後退による消費税問題、日本の化石燃料依存が88%、それによる燃料コストが景気を圧迫している問題、重要で緊急を要する課題が山積している。野党は真っ当な政策を提言して政府にぶつけるべきだ。
何の案も持ち合わせていないのか? そう思う。あほらしい。ため息が出る。

『慰安婦問題 韓国も自らの足元を見つめよ』(10月18日、読売、社説)を読んで納得した。しかり。問題点が簡潔に要約されているので全文コピペします。

≪重要な証言が明らかな誤りと分かった以上、修正するのは当然だ。                                     1996年に慰安婦問題に関する国連報告書をまとめたスリランカ人法律家、クマラスワミ氏に対し、日本政府が、報告書の吉田清治氏の証言部分の撤回を申し入れた。

 多くの朝鮮人女性を慰安婦として強制連行したとする吉田証言は報告書作成時から疑問視されていた。最初に報じた朝日新聞も今年8月、虚偽を正式に認めた。

 クマラスワミ氏は、撤回に応じなかった。吉田証言は「証拠の一つにすぎない」と主張している。首をかしげざるを得ない。

 報告書で、元慰安婦を除けば、吉田氏は強制連行を認めた唯一の証言者だ。それが虚偽であることは、当事者以外の客観的証拠がないことを意味する。「証拠の一つ」との主張は説得力を欠く。

 菅官房長官は「国際社会において、我が国の考えを粘り強く説明し、理解を得たい」と語った。強制連行を裏付ける証拠は存在しないという日本の立場を、強力に世界に発信することが大切だ。

 人権問題を扱う国連総会第3委員会では、韓国大使が慰安婦問題について「今も解決していない紛争時の性暴力の主な事例だ」と日本を批判した。慰安婦問題を取り上げたのは4年連続だ。

 だが、慰安婦を含む日韓間の請求権問題は、1965年の国交正常化により国際法上は「解決済み」だ。政府は、アジア女性基金を設置し、韓国人約60人を含む285人に「償い金」も支給した。

 第3委員会で日本側は、朝日新聞が吉田証言の誤りを認めたことにも言及し、韓国に反論した。

 そもそも、韓国が、日韓2国間の問題を国連の場に繰り返し持ち出すこと自体が異様である。

 「性暴力」を問題視するなら、韓国国内はどうなのか。

 今年6月、在韓米軍を相手にしていた「米軍慰安婦」らが、売春を強要されたなどとして国家賠償請求訴訟を起こした。支援団体によると、韓国政府が米軍専用の特定地域を設置し、慰安婦の管理なども行っていたという。

 ベトナム戦争に派遣された韓国兵士らがベトナム人女性との間にもうけて、現地に残した子供は5000~3万人とされる。

 売春や強姦(ごうかん)の例も含まれ、「日本に執拗(しつよう)に道徳的責任を問いながら、我々の暴力について免罪符を主張するのは自己欺瞞(ぎまん)」とするコラムを掲載した韓国紙もある。

 韓国は、自らの足元を見つめるべきではないか。≫

南鮮人の辞書には「自ら反省する」なんて文字はない。言ってもムダだが、諦めずに何度も言ってやることだ。読売と産経に健闘してもらいたい。日本の良識を声高に代弁してもらいたい。

●「吉田調書」をめぐる問題を検証する「報道と人権委員会」

●慰安婦問題をおもに担当する「第三者委員会」

上の2つに加えて

●「信頼回復と再生のための委員会」(委員長、飯田真也東京本社代表)を朝日新聞が新たに発足させた。委員会をつくるのが好きですね。慰安婦問題など偏向捏造報道を反省し今後はやんぺにする! ウソを書くなと記者教育を徹底する! と国民に土下座し、世界に向かって宣言すれば委員会を色々つくらずとも社内問題は解決するのではないか。

どこかそこら辺をうやむやにしてごまかしたいというスケベ根性が見え見えで、どこまで堕ちても朝日は朝日だな~という印象になる。

世間はわいわいやってるのに河野洋平はモグラのようにすっこんでいる。彼を追いかけないマスゴミも不思議だ。村山富市や菅ちゃんが南鮮に言ったぞホイホイ、うすらバカの鳩山兄はロシアに行ったぞホイホイ、みんな安倍政権のありようを非難しあちらで反省したぞホイホイ、とマスゴミは報じるのだが河野洋平をほったらかしにしているところが理解できない。

世界に対する信用から河野談話は撤回するべきではないと自分は過去に書いたが、河野洋平が自ら表に出てきて今から考えるとあの談話は間違ってましたと公に謝罪すべきだと強く思っている。

|

« 人権擁護法案とヘイストピーチ規制の危険性 | トップページ | 女性3閣僚が靖国秋季例大祭に参拝される »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/57712635

この記事へのトラックバック一覧です: 素直に「反省」できない 朝日と南鮮 そして河野洋平:

« 人権擁護法案とヘイストピーチ規制の危険性 | トップページ | 女性3閣僚が靖国秋季例大祭に参拝される »