« 国会で足引っ張りに精を出すのではなく まじめな政策論議を希望します  | トップページ | 朝日る日韓議員連盟 この時期南鮮に土下座朝貢訪問 »

ヘイト言葉を悪用する反日ヘイト

小渕議員さん、色々話題を提供してますねぇ。
大臣になっていなかったら問題視もされていなかった可能性が大きいのだが、それもヘンな話です。ということは、与野党含めて大臣になれない連中にはけっこうたくさんの不正が隠されているのかもと思ってしまう。どうなっているのだろう。
ここまで発覚してきたら小渕さんは1日も早く議員辞職をすべきです。

次はあの軟弱だった宮沢喜一の息子大臣さんのSMバーと東電株のことを追求するぞと野党は萌えている。本人が行ったわけではない、秘書だった。値段は1万6千円くらい。東電株は600株。時価20万くらい。ちっちゃい話ですわね。野党もマスゴミも大喜び。うんざりする。兵庫県議だった野々村元議員さんのように、「この世の中を~~ワァ~、この世の中を~~ギャ~!」と泣き喚いて自己弁護しないかぎり大臣を辞めざるをえないスケールの問題ではない。

橋下市長と在特会会長とのバトル後の報道ぶりを観察すると面白い。
ニコニコ動画とYouTubeを見るとよくわかる。


あのバトルで価値があったのはこれ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24736947
二人のバトルが始まる前に在特会の会長がマスゴミを数社取り上げて罵倒した場面。
これには共感する。

在特会を生み出したのは、1にマスゴミ、2に政党政治家ではないかと想像している。嫌韓の火がついたのはイ・ミョンバクの竹島上陸、そして天皇陛下に対する謝罪要求が端緒の1つになっている。その時は民主党政権だった。それで日本人の多くは我慢も限界になってぶち切れた。マスゴミが真っ当に報道をし政治家が毅然とした対応をしていれば在特会は生まれなかった。

桜井会長が非難のヤリ玉に挙げたのは、NHK・朝日・毎日・共同通信。朝鮮半島土下座報道を繰り返し、あちらのご意見を拡散する工作員機関とさえ思わせる報道を続けてきた。反日マスゴミに説教をする。この部分に共感する国民はさぞかし多いことだろう。

マスゴミとネットの世界の乖離が著しい。南鮮のマスゴミは何社か在特会の会長に直接インタビューなどをし取材し、その上で南鮮で報じている。日本のマスゴミは直接桜井会長に取材をしたということなどないのではないか。さも忌み嫌うが如くヘイトだヘイトだと遠巻きに非難をするだけ。取り上げると存在を認めることになるからだからしない、それは報道機関がとるべき姿ではない。突っ込んで取材をして非難するなら非難する、それなら理解ができる。できないならマスゴミこそ在特会をヘイトしている。

橋下桜井会談の事実を知るには、ニコニコ動画やYouTubeの全体版を見ることだ。マスゴミが編集した場面とはその印象がえらく違う実態を知ることになる。

橋下市長は翌日ヘイトスピーチをやめれば特別永住制度の見直しに努力すると言った。やめなければそれをほっとくぞとも受け取れるわけで、これは子供だましのような交換条件でへんてこりん。今後は自分だけを攻撃してこい、とも言ってるのだが、どういう意味なのだろう。自分が在日の皆さんを背負うということなのか。それはそれで立派なことかもしれないが、在特会が橋下市長と在日特権を天秤にかけると思えないしことの本質はそんなものではない。

特別永住制度が在日特権の1要素ながら、大きな問題として生活保護がある。
次世代の党の桜内議員が今国会で問いただした内容である。日本人は1000人の内17人が生活保護を受けている。韓国と北朝鮮の在日は1000世帯で142世帯が生活保護を受けている。世帯を人数におきかえると何人かと問うと、官僚はわからないと答えた。
実にええ加減で扱いが甘すぎる。これだと在日天国だという意見があっても仕方があるまい。

それにしても次世代の党はよい仕事をしてますね。維新から次世代の党に乗り換える支持者が増えそうな気がする。

橋下市長は「民族をひとくくりにして批判するな」と言ってるが、個人や特定の団体を批判すると名誉毀損などの問題になる。現に在特会に対して京都朝鮮学校などそんな判決が出ている。彼は同和差別と民族のひとくくりを混同してるようだ。朝日が大好きな言葉「広義」な民族批判は差別になるとは思えない。

在特会が「ネオナチ」だという疑念をもたれないように留意して、先進諸国で伸張している「極右政党」のコアとしての道を進むなら社会的にも政治の世界でも価値が出てくる。
フランスではマリーヌ・ル・ペン女史が次期大統領になる可能性があるといわれている。
桜井氏にそこまでの政治的野心がなさげだけど、在日特権をなくせ、には朝日るマスゴミや反日売国奴政治家や左翼がいかに反対してもその理由は正当だ。
先進世界の流れや時代の流れからして日本でも「極右政党」が正々堂々と誕生する空気にはなってきた。古臭い偏向マスゴミや古臭い政治家の存在によってそんな政党政治家を支援したいと思う人が増えている。

一時期在日の皆さんは朝日る左翼に自分たちのイデオロギーを実現するネタに使われいらわれて気の毒だな~と思うこともあったけど、拉致問題、拉致に協力した土台人の存在、そして南鮮のあのありようを見るにつけ、あれと同じなら「広義の民族性」では日本民族と全然あわないよなと昨今思っている。

日韓断交、在日特権をなくせ、これはヘイトスピーチではない。

|

« 国会で足引っ張りに精を出すのではなく まじめな政策論議を希望します  | トップページ | 朝日る日韓議員連盟 この時期南鮮に土下座朝貢訪問 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/57781412

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイト言葉を悪用する反日ヘイト:

« 国会で足引っ張りに精を出すのではなく まじめな政策論議を希望します  | トップページ | 朝日る日韓議員連盟 この時期南鮮に土下座朝貢訪問 »