« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

朝日る日韓議員連盟 この時期南鮮に土下座朝貢訪問

朝日新聞が吉田証言記事をとりけすぞいと発表したこの夏前に、「知る沖縄戦」というお題目の教育資料を38万部中学校や高校に無料配布していた。
朝日がやることだから当然中身は捏造虚報満載にちがいない。他には「知る原爆」とか、シリーズ化して青少年を洗脳するつもりのようだ。
教育現場からはあまりにも偏向した内容なので子供たちに誤解を与えるという批判が上がっている。こういう良識的な先生がいる学校はよいけれども、日教組が強く支配している学校だと、右から左に生徒達に配布し、朝日新聞購読の宣伝と反日イデオロギー拡散のためにおさおさ怠らずいそしんだことに違いない。

生き残りをかけた企業努力で無料配布してるのだから「自由」だろボケ、ということだろうが学校現場で教師から配布されると、何も知らない純真な生徒たちは受け取りを拒否できない。
そこには「自由」はない。生徒たちに「選択の自由」がないのだ。
一般の家庭に配布するなら親がチェックすることができる。これだと真っ当な配布になる。日教組や全教などが支配する教育現場をたのみ悪用するこんなやり口は、絶対容認できるものではない。卑怯な手口に辟易する。

朝日だけではなく毎日・読売も子供新聞に力を入れている。購読者確保にてんやわんやであることは理解できる。はっきり言って新聞稼業に未来はありません。成長したネットの世界があるので、虚報捏造・偏向報道は今までのようにやりたい放題とはいかなくなった。ご苦労さん。
やがてアメリカの新聞社のようによくて1社あたり100万部くらいになる。
まともな報道さえやってればゼロにはならない。それは言える。
報道の品質が問われる時代にようやくなってきた。「天声人語」は名文なのだ、では売れません。なにせ左翼から見た目線のデマゴーグ満載であることがばれたのだから未来があるわけがない。

民主主義社会を維持継続するなら、マスゴミが消え去ることはない。マスゴミの皆さん安心してください。ただ今までのように好き勝手に報道の自由を楽しめる時代ではない。
そりゃあたり前だろう。他業種を見ろ。上質な商品を提供するために徹底した品質管理をやってきた。マスゴミだけがまるで後れている。報道の自由という権力にあぐらをかいてきた。社長以下えらそうにしている記者連中は共々に新聞をこわきに抱えて街頭に立ち、一部100円やらで売る研修でもすればいかがか。
原点の瓦版屋にもどれ。朝日の木村社長がせんだっての日韓のマスゴミが集まった会で「お互いに世論を
コントロールしよう」てなことをえらそうに言った。
ダメだね、これじゃ。

日韓議員連盟に所属する議員30名が25日朝貢土下座訪問した。
従軍慰安婦の問題について「当事者たちの名誉回復と心の痛みを癒やす措置がとられるよう共に努力する」などとした共同声明を発表』。世界から注目されている産経新聞元支局長が拉致されていることに一言もクレームをつけなかった。
よくもまぁこんな議員連中を当選させてきたものだ。我々有権者にも責任がある。日韓議員連盟には自民党議員がやたら多い。次は当然のように民主党。
戦後レジームいまだ改善されず。根深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘイト言葉を悪用する反日ヘイト

小渕議員さん、色々話題を提供してますねぇ。
大臣になっていなかったら問題視もされていなかった可能性が大きいのだが、それもヘンな話です。ということは、与野党含めて大臣になれない連中にはけっこうたくさんの不正が隠されているのかもと思ってしまう。どうなっているのだろう。
ここまで発覚してきたら小渕さんは1日も早く議員辞職をすべきです。

次はあの軟弱だった宮沢喜一の息子大臣さんのSMバーと東電株のことを追求するぞと野党は萌えている。本人が行ったわけではない、秘書だった。値段は1万6千円くらい。東電株は600株。時価20万くらい。ちっちゃい話ですわね。野党もマスゴミも大喜び。うんざりする。兵庫県議だった野々村元議員さんのように、「この世の中を~~ワァ~、この世の中を~~ギャ~!」と泣き喚いて自己弁護しないかぎり大臣を辞めざるをえないスケールの問題ではない。

橋下市長と在特会会長とのバトル後の報道ぶりを観察すると面白い。
ニコニコ動画とYouTubeを見るとよくわかる。


あのバトルで価値があったのはこれ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24736947
二人のバトルが始まる前に在特会の会長がマスゴミを数社取り上げて罵倒した場面。
これには共感する。

在特会を生み出したのは、1にマスゴミ、2に政党政治家ではないかと想像している。嫌韓の火がついたのはイ・ミョンバクの竹島上陸、そして天皇陛下に対する謝罪要求が端緒の1つになっている。その時は民主党政権だった。それで日本人の多くは我慢も限界になってぶち切れた。マスゴミが真っ当に報道をし政治家が毅然とした対応をしていれば在特会は生まれなかった。

桜井会長が非難のヤリ玉に挙げたのは、NHK・朝日・毎日・共同通信。朝鮮半島土下座報道を繰り返し、あちらのご意見を拡散する工作員機関とさえ思わせる報道を続けてきた。反日マスゴミに説教をする。この部分に共感する国民はさぞかし多いことだろう。

マスゴミとネットの世界の乖離が著しい。南鮮のマスゴミは何社か在特会の会長に直接インタビューなどをし取材し、その上で南鮮で報じている。日本のマスゴミは直接桜井会長に取材をしたということなどないのではないか。さも忌み嫌うが如くヘイトだヘイトだと遠巻きに非難をするだけ。取り上げると存在を認めることになるからだからしない、それは報道機関がとるべき姿ではない。突っ込んで取材をして非難するなら非難する、それなら理解ができる。できないならマスゴミこそ在特会をヘイトしている。

橋下桜井会談の事実を知るには、ニコニコ動画やYouTubeの全体版を見ることだ。マスゴミが編集した場面とはその印象がえらく違う実態を知ることになる。

橋下市長は翌日ヘイトスピーチをやめれば特別永住制度の見直しに努力すると言った。やめなければそれをほっとくぞとも受け取れるわけで、これは子供だましのような交換条件でへんてこりん。今後は自分だけを攻撃してこい、とも言ってるのだが、どういう意味なのだろう。自分が在日の皆さんを背負うということなのか。それはそれで立派なことかもしれないが、在特会が橋下市長と在日特権を天秤にかけると思えないしことの本質はそんなものではない。

特別永住制度が在日特権の1要素ながら、大きな問題として生活保護がある。
次世代の党の桜内議員が今国会で問いただした内容である。日本人は1000人の内17人が生活保護を受けている。韓国と北朝鮮の在日は1000世帯で142世帯が生活保護を受けている。世帯を人数におきかえると何人かと問うと、官僚はわからないと答えた。
実にええ加減で扱いが甘すぎる。これだと在日天国だという意見があっても仕方があるまい。

それにしても次世代の党はよい仕事をしてますね。維新から次世代の党に乗り換える支持者が増えそうな気がする。

橋下市長は「民族をひとくくりにして批判するな」と言ってるが、個人や特定の団体を批判すると名誉毀損などの問題になる。現に在特会に対して京都朝鮮学校などそんな判決が出ている。彼は同和差別と民族のひとくくりを混同してるようだ。朝日が大好きな言葉「広義」な民族批判は差別になるとは思えない。

在特会が「ネオナチ」だという疑念をもたれないように留意して、先進諸国で伸張している「極右政党」のコアとしての道を進むなら社会的にも政治の世界でも価値が出てくる。
フランスではマリーヌ・ル・ペン女史が次期大統領になる可能性があるといわれている。
桜井氏にそこまでの政治的野心がなさげだけど、在日特権をなくせ、には朝日るマスゴミや反日売国奴政治家や左翼がいかに反対してもその理由は正当だ。
先進世界の流れや時代の流れからして日本でも「極右政党」が正々堂々と誕生する空気にはなってきた。古臭い偏向マスゴミや古臭い政治家の存在によってそんな政党政治家を支援したいと思う人が増えている。

一時期在日の皆さんは朝日る左翼に自分たちのイデオロギーを実現するネタに使われいらわれて気の毒だな~と思うこともあったけど、拉致問題、拉致に協力した土台人の存在、そして南鮮のあのありようを見るにつけ、あれと同じなら「広義の民族性」では日本民族と全然あわないよなと昨今思っている。

日韓断交、在日特権をなくせ、これはヘイトスピーチではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会で足引っ張りに精を出すのではなく まじめな政策論議を希望します 

「日本は大丈夫かという海外の目ある」民主・有田議員

■民主党・有田芳生参院議員

 (憲法9条がノーベル平和賞の受賞候補に挙がった件について)安倍首相が記者から問われ「政治的ですね」と発言をされた。ネット上で批判する人もいたが、私はそう思わない。ノーベル平和賞はある意味政治的だ。オバマ米大統領や、沖縄の核(密約)疑惑のもと、佐藤栄作元首相もノーベル平和賞を受賞した。ではなぜいま9条が受賞候補になったか。海外からは、特定秘密保護法が成立したり、集団的自衛権(の解釈改憲)を閣議決定したり、日本はこのままで大丈夫かという厳しい目がある。そうしたことを背景にノーベル平和賞の9条問題を考えないといけない。(22日、参院憲法審査会で)←朝日DIGITAL

海外の厳しい目と言ったって、シナ朝鮮半島国くらいだろう。憲法9条に「孔子平和賞」の方がふさわしいと思う。シナにとっても授与させることは都合がよいのではないか。

Arita

最近ネットでよくこんな写真を見かけるのだが、こんな連中とねんごろらしい。有田議員さんこそ大丈夫ですか?

Asahi1

我が家に届いたものではない。本日のネットから写真を拝借。大変ですね。

Asahi2

これも本日のネットから写真を拝借。事前に読んでも受験に役立つなんてことはないでしょう。吉田証言捏造報道が発覚し、吉田調書の印象操作捏造記事でも謝罪。社会的に信用できない新聞から今後出題されるなら大問題になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮半島利権 パチンコ博打を廃止できない汚れた体質

かねてよりパチンコ博打を容認していることに反対です。
1年365日朝から晩までパチンコ博打をさせている国は世界で日本しかない。

敗戦後のどさくさに紛れて全国各地の駅前の一等地がヤクザな三国人に不当に占拠されたといわれている。特に朝鮮半島系のやることはひどかったのではないか?

警察は退職後の天下り先として、政党政治屋は利権にむらがる、マスゴミは広告代をちょうだいするためにパチンコさまさま、不毛でおぞましい構造がず~~~とパチンコ博打業界を守ってきた。パチンコ屋には朝鮮半島系が多いので、公営ギャンブルを批判することがたまにあっても、パチンコ博打を批判した政党は特に左翼系にはない。
先日他界した土井たか子さんのご趣味はパチンコだった。
一般の客に比べると出玉の調子がよかったのかもしれない。

何が遊技場やら。鉄火場ではないか。博打だとはっきりいえるカジノには賛成です。合法に税金を稼げる。最低でもパチンコの景品換金時の税金を正当に徴収するべきです。

べらぼうに儲かる上がりによって、南北朝鮮国のふところ具合もほっくほく。
在日は祖国朝鮮半島国に長い間大貢献をやってきた。その点は見上げたものだ。警察、政治家、マスゴミという権力者が、在日のパチンコ屋から利権をちょうだいしてお世話になってきた。そして今も続いている。誠に汚らわしくもありおぞましい構造です。

兵庫県の井戸知事さんが大阪市がやろうと考えてる「カジノ」について、兵庫県の住民から博打依存症が出ると批判した。橋下大阪市長は、「カジノだけを排除したって、兵庫県のパチンコはどうするのかという話になってくる」と反論。そのとおりです。グーの音も出まい。
パチンコ博打依存症になってる気の毒な日本人は全国にたくさんいる。
カジノはダメだがパチンコ博打はOKとする井戸知事の見識を疑う。

「次世代の党」が、パチンコの出玉の換金を禁止する風営法改正案を議員立法だが出すという。パチンコ利権に群がってきた政党政治家が多いので、すんなりと法案が通りそうにはなさげながら、ようやくこんな日が来たかという思いです。
次世代の党にがんばってもらいたい。今の国会でよい話だなと思えるのはこれくらい。

女性2閣僚が辞任。新潮の特ダネが出てからたった5日で辞任、段取りがよい。松島法相も大臣の椅子に拘泥することなく辞任。安倍首相にとっては身内から出た災難ながら、決断が早かったのはよかった。任命責任は当然追及されるが、「うちわ」で追及したレンホウさんや民主党が国民からほめられてる雰囲気は全然ない。

ニコニコ動画で橋下市長と在特会桜井会長との会談を見る。冒頭、桜井氏がエロ毎日、慰安婦朝日、偏向NHKを非難した光景がもっとも価値があった。
どちらが勝ったか負けたかとかよりも、会談をやって得か損かでいうと在特会の方が得をした。日本で1番有名な市長と子供喧嘩のようだったとは言っても言い合うことができたわけであり。総連や民団のつっこみに土下座しまくってきたマスゴミだけが、二人のののしりあいを見て大喜びだった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞に孔子平和賞を

あのルーピー鳩山がシナの孔子平和賞の候補になったらしい。
誠におめでたい話です。そもそもおめでたい鳩山兄さんだからさぞかしお喜びのことでしょう。

2010年、人権活動や民主化運動で度々投獄されてきたシナの劉曉波(りゅう ぎょうは)氏がノーベル平和賞を受賞。頭にきたシナはノーベル平和賞に対抗するべく孔子平和賞なるものをつくった。シナがやることだから当然その値打ちはまったくない。プーチンさんも受賞したが、受け取りに末端の役人が行ったようだ。

ルーピー鳩山の対抗馬にはなんと朴クネクネさんも対象になっているという噂もある。
孔子平和賞の賞金は日本円で120万らしい。1ヶ月で1800万ものお小遣いを母親からもらっていた鳩山さんにとっては微々たる金額ながら、アホだから受賞したらはじけて喜ぶ気がする。困るのは日本国民で、次はノーベル平和賞がほしいとよりやる気を出して売国言説を近隣各国には勿論のこと世界に向けてもふきまくる可能性があることです。まぁ、受賞させてやって下さい。
どんなことになるのか見てみたい気がする。

シナは国策で孔子を世界におしすすめている。ところが永い長い間「論語」を勉強してきたのだろうけど、シナ人及びシナのありようを見るとほんまに勉強してきたのかちっともそれがうかがえない。

孔子学院なるものがいろいろな国で開設されているのだが、シナ政府肝いりだから宣伝工作機関となっている。この9月シカゴ大学とペンシルベニア州立大学は孔子学院を閉鎖することを決定した。嘆かわしいことには日本には孔子学院を設けている大学が嫌になるほど多い。福山大学、関西外語大学、立命館、大阪産大、桜美林、北陸大学、愛知大学、岡山商科大学、札幌大学、早稲田、工学院等々。

欧米では孔子学院は共産主義とシナ政府のありようを宣伝する機関としての懸念の声が高まっているが、日本ではそんな声などまったくない。少子化時代を迎えて年々学生が減少する。学生数の分捕り競争時代になった。留学生に対する手厚い費用はどうせ日本国が負担するし大学の生き残りをかけてシナ学生を迎えたい。これでは教育で日本の尊厳を守る気持ちなど期待できそうにない。これってどうなのだと深い憂慮の淵に落ち込んでしまう。

16日、韓日未来フォーラムで、朝日新聞の木村社長は『韓半島なしでは日本の文化が豊かになることができなかったと考える。そのような面では韓国は日本の兄格だ』と南鮮の連中を持ち上げた。『東海、日本海を平和の海にしよう』(わざわざ東海とも呼称してよいしょかまし)。『
両国のマスコミが、過度に国粋主義的な事態をうまくコントロールする役割をしながら、長い目で見て友好増進につながることができるよう努力しなければならない。それがジャーナリストの役割だ』と強調した。

コントロールねぇ。木村社長は道筋をつけたら辞任すると発言したのだけどいつお辞めになるのだろう。居座ろうが別にどうでもええのだけど。
朝日は生まれかわる、なんて全然思わない。生き延びるのに必死のパッチではないか。
反日左翼の機関紙として益々先鋭化の道を下って行きそうな気がする。
シナにお願いしたい。朝日新聞にも孔子平和賞を是非ともお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性3閣僚が靖国秋季例大祭に参拝される

18日、高市総務相、山谷えり子拉致問題担当相、有村治子女性活躍担当相の女性閣僚3人が靖国神社秋季例大祭に参拝された。
小渕銭金問題における気がかりを吹き飛ばす価値がある。安倍内閣にはしっかりとした女性閣僚がいるのだという安心感を多くの国民に与えたのではないか。

高市氏は参拝後、記者団に「国策に殉ぜられた方々のみ霊が安らかでありますように、と祈った」と述べ、山谷氏は「平和な国づくりを誓った」と語った。有村 氏は近隣外交への影響について問われたのに対し、「(戦没者を)どう追悼するかは、国民が決める話であり、他国から参拝せよ、参拝するなと言われる話では ない」と指摘した。(10月18日、時事通信)

稲田朋美自民党政務調査会長を含めて、これらの人の中から女性首相が誕生してもらいたいものであります。反日マスゴミ稼業の朝日屋や毎日屋は、靖国参拝は近隣外交を刺激すると毎度の売国報道をやる、それを聞いたシナ朝鮮半島国はだったらこっちももんくを言った方が得じゃわいの~と「侵略戦争をやった日本の反省が足りない!」と攻撃する。
何十年も同じことの繰り返し。
朝日る反日売国マスゴミ屋が、不毛な報道を繰り返し繰り返しやる神経が理解できない。
靖国参拝を国際問題にさせた主犯はこれも朝日新聞でした。

「慰安婦問題ー貴重な女性基金の精神」(10月19日、朝日の社説)
外務省がこのほどHPから女性基金のことを削除したので怒っている。慰安婦報道でウソと捏造を何度も何度も繰り返してきた朝日が慰安婦問題で今後やれこれともんくをたれる資格はありません。
今やこの社説もウソではないか、明日もあさっての社説もウソなんだろうと思ってしまうわけであり、我々はもうそういう目線で見られているのだと気づいていないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直に「反省」できない 朝日と南鮮 そして河野洋平

骨が入ってる「うちわ」がどうの、入ってないのはどうの、レベルの低い話題で盛り上がっている。どうでもええよ、うるさいわい、国民に関わる議論を国会でやってくれと思っている人が実際のところ多いようだ。
小渕経産相の金銭問題が浮上。なんと脇が甘いことか。他界された親父さんの番頭連中が引き続いて娘さんを支えているのかもだが、問題になってることのなかみが古臭い。

将来の宰相候補だとマスゴミが書いた時、あれ?っと思った。いつからそんな話になったのかいなと。彼女の国家観はどうなのか、自分の勉強不足かもだが全然わからない。それに関する目だった言動はいままでなかったように思う。
若くして当選回数がすごいから、それが根拠になっているような感じだ。
女性宰相の候補になるなら稲田朋美さんのような政治家がふさわしい。すきっとした政治理念が伝わってくる。例えば野田聖子議員のような、古い自民党で泳げる才覚だけが目立つ人に首相候補などになってもらいたくもない。自分のイメージでは小渕さんは野田聖子と似通っている気がする。だから今回の件で大臣を辞任しようがどうでもええのであります。
安倍政権に大きな傷をつけないうちに辞めなさい。ご苦労さん。

大事な国会で下世話なことばかりを追求する民主党って、やっぱり民主党だわな~という思いです。恐怖のエボラ感染、世界景気後退による消費税問題、日本の化石燃料依存が88%、それによる燃料コストが景気を圧迫している問題、重要で緊急を要する課題が山積している。野党は真っ当な政策を提言して政府にぶつけるべきだ。
何の案も持ち合わせていないのか? そう思う。あほらしい。ため息が出る。

『慰安婦問題 韓国も自らの足元を見つめよ』(10月18日、読売、社説)を読んで納得した。しかり。問題点が簡潔に要約されているので全文コピペします。

≪重要な証言が明らかな誤りと分かった以上、修正するのは当然だ。                                     1996年に慰安婦問題に関する国連報告書をまとめたスリランカ人法律家、クマラスワミ氏に対し、日本政府が、報告書の吉田清治氏の証言部分の撤回を申し入れた。

 多くの朝鮮人女性を慰安婦として強制連行したとする吉田証言は報告書作成時から疑問視されていた。最初に報じた朝日新聞も今年8月、虚偽を正式に認めた。

 クマラスワミ氏は、撤回に応じなかった。吉田証言は「証拠の一つにすぎない」と主張している。首をかしげざるを得ない。

 報告書で、元慰安婦を除けば、吉田氏は強制連行を認めた唯一の証言者だ。それが虚偽であることは、当事者以外の客観的証拠がないことを意味する。「証拠の一つ」との主張は説得力を欠く。

 菅官房長官は「国際社会において、我が国の考えを粘り強く説明し、理解を得たい」と語った。強制連行を裏付ける証拠は存在しないという日本の立場を、強力に世界に発信することが大切だ。

 人権問題を扱う国連総会第3委員会では、韓国大使が慰安婦問題について「今も解決していない紛争時の性暴力の主な事例だ」と日本を批判した。慰安婦問題を取り上げたのは4年連続だ。

 だが、慰安婦を含む日韓間の請求権問題は、1965年の国交正常化により国際法上は「解決済み」だ。政府は、アジア女性基金を設置し、韓国人約60人を含む285人に「償い金」も支給した。

 第3委員会で日本側は、朝日新聞が吉田証言の誤りを認めたことにも言及し、韓国に反論した。

 そもそも、韓国が、日韓2国間の問題を国連の場に繰り返し持ち出すこと自体が異様である。

 「性暴力」を問題視するなら、韓国国内はどうなのか。

 今年6月、在韓米軍を相手にしていた「米軍慰安婦」らが、売春を強要されたなどとして国家賠償請求訴訟を起こした。支援団体によると、韓国政府が米軍専用の特定地域を設置し、慰安婦の管理なども行っていたという。

 ベトナム戦争に派遣された韓国兵士らがベトナム人女性との間にもうけて、現地に残した子供は5000~3万人とされる。

 売春や強姦(ごうかん)の例も含まれ、「日本に執拗(しつよう)に道徳的責任を問いながら、我々の暴力について免罪符を主張するのは自己欺瞞(ぎまん)」とするコラムを掲載した韓国紙もある。

 韓国は、自らの足元を見つめるべきではないか。≫

南鮮人の辞書には「自ら反省する」なんて文字はない。言ってもムダだが、諦めずに何度も言ってやることだ。読売と産経に健闘してもらいたい。日本の良識を声高に代弁してもらいたい。

●「吉田調書」をめぐる問題を検証する「報道と人権委員会」

●慰安婦問題をおもに担当する「第三者委員会」

上の2つに加えて

●「信頼回復と再生のための委員会」(委員長、飯田真也東京本社代表)を朝日新聞が新たに発足させた。委員会をつくるのが好きですね。慰安婦問題など偏向捏造報道を反省し今後はやんぺにする! ウソを書くなと記者教育を徹底する! と国民に土下座し、世界に向かって宣言すれば委員会を色々つくらずとも社内問題は解決するのではないか。

どこかそこら辺をうやむやにしてごまかしたいというスケベ根性が見え見えで、どこまで堕ちても朝日は朝日だな~という印象になる。

世間はわいわいやってるのに河野洋平はモグラのようにすっこんでいる。彼を追いかけないマスゴミも不思議だ。村山富市や菅ちゃんが南鮮に言ったぞホイホイ、うすらバカの鳩山兄はロシアに行ったぞホイホイ、みんな安倍政権のありようを非難しあちらで反省したぞホイホイ、とマスゴミは報じるのだが河野洋平をほったらかしにしているところが理解できない。

世界に対する信用から河野談話は撤回するべきではないと自分は過去に書いたが、河野洋平が自ら表に出てきて今から考えるとあの談話は間違ってましたと公に謝罪すべきだと強く思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人権擁護法案とヘイストピーチ規制の危険性

特に民主党政権時代に「人権擁護法案」が騒がれた。
2012年、あの野田内閣が「人権委員会設置法案」等を閣議決定した。

この法案に対して多様な意見があるが、今は自民党現職の城内実議員が当事主張された内容が問題点を要約されていてわかりやすい。

 人権委員会が、裁判所の令状もなしに立ち入り検査や物件提出要求を行う事ができ、警察を上回る権力を持つ。

  • 人権侵害の定義が曖昧で恣意的な運用が可能である。
  • 人権擁護委員の選定基準に国籍条項が無く、日本国籍を持たない在日韓国人・朝鮮人を人権擁護委員に選任することが可能である。
  • 人権擁護委員が弁護士会やバウネットジャパン、朝鮮総連など党派イデオロギーをもった団体によって構成されるおそれがある。

在日が擁護委員になる、朝日る反日左翼が委員になる、警察より以上の権力を持った彼らが鵜の目鷹の目で日本人をチェックし、少しでも気に食わないことがあれば強権を発動できる。そんなアホなと後日もんくを言ってももう遅い。

「人権」をネタにして金儲けをたくらむ連中や事件を数多く見てきたが、そんな人権屋に強権を与えようというのだから何とも恐ろしい法案だ。

人権侵害や名誉毀損等は現行法で充分対応できるはずだが、民事で決着をつけるとその期間が長くなりじゃまくさい、だから一刀両断に決着をつけてやるぞという、在日や朝日る反日左翼にとっては実に便利な法案になる。勿論ネットの世界も自由でなくなる。

人権擁護委員会によってネットにフィルターがかかり、仮に在日を批判することを書き込めばすぐお呼びがかかる。シナとまるで同じような社会になる。マスゴミは商売敵であるネットをつぶせるので人権擁護法案成立に賛成している。成立すれば日本は自由と民主主義の国でなくなるという根深い危険性を持った法案になる。在日は言論で日本を占領できるし、朝日る反日左翼にとっては天国と極楽がいっしょになったような国柄になる。

「ヘイストピーチ」やれこれが姦しい。橋下大阪市長は「大阪市ではヘイストピーチを許さない」「ヘイストピーチに関する裁判では原告の裁判費用を大阪市が負担してやる」と息巻いている。「どんどん裁判にかけて被告を費用で疲弊させてやればよい。」とも発言。

市長の頭の中には「ヘイストピーチ」の定義があるのだろうが、何がどんなもんやらそれは不明。これだと地方自治体の首長の判断1つで強権が発動されるのではという矛盾をはらんでいる。「ヘイストピーチ問題」は恐怖の「人権擁護法案」と表裏一体になる可能性が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当事の朝鮮人は日本軍に貢献した ご苦労さん

今度は台風19号。困ったものです。地震、火山、台風、竜巻、水害・・・。
ご先祖の皆さんは耐えてきた。そしてうまくつきあってきた。
八百万(やおよろず)の神々。自然崇拝。日本の歴史と文化を大事にしたいと思う。

下記の数字はWikipediaより

志願者数

年度 志願者 入所者数 選抜率 志願倍率
1938年 2946人 406人 16.2% 7.3倍
1939年 12,348人 613人 4.9% 20.2倍
1940年 84,443人 3,060人 3.6% 27.6倍
1941年 144,743人 3,208人 2.2% 45.1倍
1942年 254,273人 4,077人 1.6% 62.4倍
1943年 303,394人 6,000人 1.9% 50.6倍

*朝鮮人の志願兵

日本軍に入隊したかった朝鮮人が多かったのだが、数字を見るとえらく狭き門だった。志願した朝鮮人はえらいと思う。朝鮮人なら誰でも入隊させなかった軍部もえらい。

 
表1 各地域別人員と死者等
地域 分類 動員 復員 不明又
は戦没
不明又
は戦没率
朝鮮  全体 242,341人 240,159人 22,182人 9.2%
軍人 116,294人 110,116人 6,178人 5.3%
軍属 126,047人 110,043人 16,004人 12.7%
台湾 全体 207,183人 176,879人 30,304人 14.6%
軍人 80,433人 78,287人 2,146人 2.7%
軍属 126,750人 98,590人 28,160人 22.2%
日本本土 全体 7,814,000人 5,514,000人 2,300,000人 29.4%

日本本土と比べると朝鮮人の戦没率は低い。

BC級戦犯の裁判
地域 有罪 死刑
朝鮮 129人 14人
台湾 173人 26人
日本本土 5369人 922人

一般的には21000人の朝鮮人が靖国神社で英霊として祀られているといわれてます。
この時期の朝鮮は南北に分裂していなかった。

数字を見る限りにおいては、今現在の南北朝鮮と比べたらこの当事の朝鮮人はなかなかだったと思う。彼らは日本軍に貢献したわけで、我々は戦勝国だと南鮮の連中が声高に言いたがる理屈は成り立たない。あなたがたは日本軍だったのだから。
慰安婦問題を捏造してごちゃごちゃやるよりも、自分達はかくも日本軍に協力してきた、どうだい、立派だろうと自慢した方がよいとおもうのだが。
そうだねぇ、と思う日本人が増えて結果的によかったのではないか。

多くの朝鮮人が日本軍の一員として活躍してきた。当然彼らも慰安婦さんと遊ばれたに違いないものと推測する。そういうのは今の慰安婦問題ではどうなっているのだろう?

台湾の皆さんに対して、日本人は良い感情を持っている。世論調査を見ても南北朝鮮に対しては日本人は悪い感情をいまや抱いている。この違いは大きい。
要点は浅ましい根性があるなしというところだろう。民族性なのだろうと思う。

被害者でありたい南北朝鮮の連中は日本軍の一員としてよくがんばったね、と言われるのが一番嫌いらしい。数字を見る限りではあなたがたは日本軍のためによくがんばった。
ご苦労さん、と言ってあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法九条に平和賞で騒いだあんぽんたん

もし受賞したら授賞式には墓場のマッカーサーかもしくはその子孫、あるいはオバマちゃんが行かれてもよい。と思っていた。占領憲法が受賞するなんておかしな話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人権屋の高木弁護士から訴えられた池田信夫さんの活躍に期待する

さすがに今日は主だった各新聞社サマは、産経前支局長を南鮮が在宅起訴したことに関しそれなりに社説で意見を述べている。ご苦労さん。

軽率にも南鮮も三権分立だと思い込んでいた。民主主義国家を自称してるのだから当然そうだろうと。日本と同じなんだろうと。ところが違った。
大統領の思惑で司法が動く、要するに南鮮は法治国家ではないのだ。

さて、自称慰安婦を募集するべくアジアの国々を駆けずり回り、弁護料というテラ銭を稼ごうとした疑いがあるあの高木健一弁護士から池田信夫さんに訴状が届いたらしい。

「高木健一弁護士から訴状」←池田信夫ブログ

に詳しく書かれている。
原告は法廷に出なくてもよいが証人は出廷しなければならない。池田さんは証人に福島瑞穂を呼んでやると言っている。素晴らしいことではありませんか。
池田信夫さんに注目です。

ヤワな考えだと思いつつも何回か前に「朝日を国会に呼ばないこと」「河野談話を破棄しないこと」と書いた。
政府・与党が朝日を喚問して追及すると国家権力が介入することになる。それよりも政府要人の皆さんは当面批判や非難をしている方が得策だ。
うすらバカが出した河野談話だが、談話そのものを訂正破棄するよりも外堀から論理的に否定していく方が得策だと思う。
軽率にもあの時の朝日やその他メディアの報道ぶりにふらふらと乗ったわけで、あの談話は国家の威信に傷をつけた。だけど、中身がどうあれ、当事の政府が出したのだから簡単に破棄すると信用に関わる。
どうにもならない最後の手段としては、新たに談話を出せばよい。

朝日は吉田証言に対する一連の記事を取り消します、で逃げようとしたのだが、勿論だれも許さない。河野談話を取り消しますと今更言ったら世界への印象が別の意味で悪くなる。日本の「何とか談話」はこれから信用されなくなる。重みもなくなる。
事実を積み重ね、正論で吉田証言の中身に含まれている悪い印象を拭う以外にない。
その為には誠に残念ながらぼうだいなエネルギーがいる。
安倍政権という信頼できる政府が存在する間に、外務官僚のケツを叩いて日本の意見を世界に発信できるシステムと強い組織をつくってもらいたいものだ。

元朝日の植村が教授をやっている北星学園大学が誰かから脅迫を受けているらしい。
やたらめったらの脅迫なら当然警察が対応するべきだ。
ところで植村を守り隊なる組織ができたとのこと。北大の山口二郎教授などが中心となって
「今回の脅迫は明らかな人権侵害であり、言論テロだ。『赤狩り』が学問の場で行われてはいけない」と強調。へ~
著名人43人が呼びかけ人になり、市民団体も支援するという。
ウソ記事に言論の自由はない。捏造記事でなかったのなら植村は記者会見に臨んで釈明すべきではないか。自らにかかっている疑義を真っ当に晴らすべきだ。
植村にはそんな社会的責任がある。洞穴の奥に引っ込めて多くの国民が抱いている疑いを包み隠そうとするならば、そんな守り隊の存在価値はない。
脅迫を受けたなら警察に任せ。
朝日の第三者委員会は植村を追及して世に明らかにすべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主主義をかたる劣等未開国家の「南鮮」 産経前支局長を在宅起訴!

日本になら何でも難癖をつけて嫌がらせをしてやるぞ。その意図ありあり。
ここまでやるのかというよりも、ここまで堕ちていたのか南鮮よ。である。

「言論の自由を支持」=産経前支局長起訴で懸念-米
【ワシントン時事】米国務省のサキ報道官は8日の記者会見で、産経新聞ソウル支局の加藤達也前支局長が朴槿恵韓国大統領らに対する名誉毀損(きそん)で在宅起訴されたことに関連して「われわれは自信を持って言論・表現の自由を支持する」と強調した。
 サキ氏は「(韓国の)検察当局の捜査を注視してきたが、現時点で(報道以外の)追加情報がない」と説明。その上で、韓国の名誉毀損に関する法律について、国務省が毎年公表している人権報告書(2013年版)でも指摘したように「懸念している」と述べた。(2014/10/09-08:36)←時事通信

産経新聞は起訴は不当だという社長声明と号外を出した。当然と思う。
問題になっている産経前支局長のコラムは朝鮮日報のコラムの一部を引用した。ハングルで書いたものではなく日本語で日本の読者向けに書いた。
なのにあちらの市民グループは産経を訴えた。
一次情報を発信した自国の朝鮮日報は不問、それを引用した産経の支局長を起訴、全然筋が通らない。嫌がらせであることは明白。

朝日新聞一連の吉田証言捏造記事を暴いたのは産経新聞だ。悔しい~、腹が立つ。
産経に仕返しをしてやれ、明らかにそういうことと思える。
わが国の悪口を書くと許さないぞという脅し以外のなにものでもない。
脅迫された我が日本のメディアさんは、朝日は勿論のこと今日の社説でこの事実を真摯にとらえるわけでもなく、一般記事でよそ事のように報じている。
気の毒な立場の産経新聞社のみが号外を出した。
他の新聞社もこぞって号外を出すべきではないのか。由々しき問題だ。

朝鮮半島は南北共にまともではない。こんな国、こんな民族ともうつきあいたくないと思う日本人がますます増える。
日本政府が不当な起訴を非難することは勿論ながら、朝日る日本のメディアがこの事実の行く末と民主主義国家をかたる南鮮の異常なありようを正しく伝えられるかどうかにかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港デモでくっきりと NHK・朝日・毎日の偏向報道

香港のデモはやっぱりシナ政府の手練手管で収束に向かいつつある。ご苦労さん。
デモをやった彼らは自由という民主主義に一瞬でも夢を抱いたのだから立派なモノだ。
ありあまる自由な日本で、この国を自由のない狂産斜会主義にしようといそしんでいる朝日る連中と比べると立場は真逆。こういう連中には人としての善良さがない。

『香港の行政長官選挙の民主化を求め街頭デモを続ける学生集団に対し、数百人もの男が攻撃。 抗議活動拠点2カ所で衝突し、バリケードを撤去する騒ぎになった。』
(10月3日、bloomberg)

1番最初に学生デモ隊を襲った連中をメディア各社はどう報じたか?

産経新聞 「黒社会」と呼ばれる暴力団。
ウォールストリートジャーナル 「三合会」と呼ばれる犯罪組織。
読売新聞 マフィア関係者。

NHK 長引く抗議活動に不満を訴える市民
毎日新聞 地元住民
朝日新聞 デモに反発する市民

報道姿勢にえらく違いがある。
上の3社は息のかかった暴力団を動かせてデモを排除しようとした、と受け取れる。
下の3社は市民が学生のデモに反発したのだよあんぽんたんと報道している。

デモ排除のとっかかりに暴力団連中を動かした。その後はあちらの政府の思惑通りにいってるようであります。帝国シナがやることだからなにかと抜け目がない。
最初からそんなもんだろうと予想していたのだが、問題は朝日・毎日・NHKのとっかかりから学生デモに反対したのは「市民」なのだという報道姿勢です。
あちらの政府に迎合土下座し協力するという、まさに偏向報道そのものではないか。

真実を伝えない。NHK・朝日・毎日の体質が見事に出た事例の1つになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レイシスト」というレッテルを貼る言論弾圧は許せない ことの原因を究明せよ

香港デモですか。

なにせシナだから押したり引いたり押したり引いたりして、最後の最後はシナ政府が思い描く香港になる。その終着点はいつかしらないけどシナは必ず香港を意のままにする。
仮に香港の彼らががんばって天安門事件のような状態になりアメリカやEU諸国が非難しても、シナが引くことは絶対にありえない。そんな国だ。もし引いたらウィグル・チベットを抱えているので崩壊する。

「雨傘革命」をやろうとしている彼らはえらい。戦車がいつ出てくるかもわからない国柄でやってるわけで、日本の朝日る反日左翼とは立場が違う。日本の反日左翼は我が身は絶対に安全な状況の中で反体制だと言って反日をやっている。
血税をいただく公務員や教員になり、それでもって反日稼業をやってるのが数多い。
知恵があるのはおTVのコメンテーターなどで売国言説をたれ流して稼いでいる。
喜々としてそんな連中を利用活用してマスゴミ・メディアが成り立っている。
新聞はおTVは根っから総反日総売国と言っても過言ではない。
そんな中で産経新聞ががんばり一部の週刊紙や月刊誌などが健闘してきた。
さぞかし仕事がやりにくかったことだろう。

朝日的立場だと銭も立場も入ってくる。事実そんな風潮が長~い間続いてきた。
ようやくこのたび朝日の反日捏造体質が明らかになる証拠が出てきた。

朝日の第三者委員会のメンバーが決まったようだ。田原総一朗が入っている。
朝日叩きは戦前回帰だ、恐ろしい風潮を感じる。中韓叩きで日本は孤立する。などとコラムで書いておられます。今そんなことを言ってるあんたが孤立しているのだが。
メンバーの討論で自分の旗色が悪くなると、「ハイ!コマーシャル!」とついつい言ってしまうのではないか。
2ヵ月後をメドに提言を出すらしい。

香港デモは当然シナ本土では報道されていない。海外メディアの報道がある、いびつながらもネットもあるわで、削除削除でシナ共産党の連中は大忙しだろう。
国民に情報を遮断する国は恐ろしい。遮断しなくても朝日のような誤報捏造、これもまた恐ろしいのだが。

「朴大統領はチェ・テミン牧師、彼の婿のチョン・ユンフェ氏と不倫関係」とあちらのネットの掲示板に書いた主婦に懲役4ヶ月、執行猶予1年の判決が出た。
この人は別の牧師と政治家のインタビューをTVで見てそれを信じてネットに書いたらしい。
本当にそうなら一次情報をたれ流したあちらのマスゴミの責任はどうなるのやら。
こっちは不問のようだ。
産経の元ソウル支局長が不当にも辛い立場に立たされている中での主婦に対する判決であり、今後が危惧される。南鮮は筋が通らない観点で情報を統制する国であることが明らかになった。
それもわからないのだからあちらのメディア・マスゴミは死に体ではないか。

アメリカ人やロシア人などを批判するのは問題がないらしいのだが、朝鮮半島国人のありようを批判するとなんでもかんでも「レイシスト」になるらしい。
日本に新しい言論弾圧の風潮がはびこり始めている。新しい火種を反日マスゴミや一部の政治家が焚きつけ始めている。
風が吹けば桶屋が儲かる如く、朝日になびけば反日商売につながってきた。
朝鮮半島になびけば、政治でもマスゴミでも儲けのタネになると思ってるのだろうけど、もうそんな時代ではない。弾圧すれば弾圧するほど弾圧される方の人数が増えて元気になる。どうして批判されて批判する人が増えるのか、冷静にその原因を探ることではないのか。

最近思うのだが、産経を除いた全マスゴミ及びNHKなどの全おTV局は、吉田証言を取り上げて朝日の捏造報道にちょうちんをぶら下げてきた責任がある。
あの赤旗でさえ吉田証言を取り上げたことを一応訂正したらしい。これはこれで眉唾もので、悪い記事はそれだけだったのかいなと言いたいのだけど。赤旗の訂正は策略たっぷりの宣伝に思える。あほらしい。
吉田証言のことでは全マスゴミが総懺悔する責務がある。恥を知れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日る反日勢力による在特会虐め 「もの言えぬ社会をつくるな!」

『差別と政権ー疑念晴らすのはあなた』(10月1日、朝日の斜説)
山谷国家公安委員長が在特会の幹部といっしょに写真に納まっている。高市総務相と稲田政調会長が、『ナチスの思想に同調しているとみられる団体の代表と写真撮影をしていた』と海外メディアが報じているぞ、と朝日は非難している。

いつも思うが政治家はちょっとしたパーティーなどで記念撮影を頼まれるとイヤとは断れないだろう。非難するのは嫌がらせた。どれだけ親密に付き合ってるのか裏づけをとってから社説を書けといいたい。

2012年には、朝日新聞は安倍さんが3500円のカツカレーを食べてるぞ、ぜいたくだ、けっこうなご身分だとのごとく揶揄する記事を載せた。ところがなんと朝日の慰安婦ビルにはフレンチレストラン「アラスカ」があり、こちらのビーフカレーは当事6300円だった。
写真に納まってどうのこうのは、このカレーの値段問題と同じでヤクザの言いがかりのようなものだ。

『在特会が扇動する民族差別や、「ネオナチ」の考え方は容認しないという決意を示す必要がある。』と朝日の斜説は書いている。
近頃の在特会のデモを動画などで検証してみると、民族差別をやっているのは沿道を取り囲んでいる「しばき隊」や反日左翼の連中の方がひどい。
「帰れ! 死ね!」などとプラカードに書いたり怒鳴ったりしてカウンターをやっている。
日本の天下の往来で、どっちが民族差別をやってるのやら。

朝日る反日左翼は、在日には特権などないとわかりきったことをウソも方便で擁護する。「在日特権」(Wikipedia)に、その歴史と現状が詳しく書かれている。
日本にいる朝鮮半島人以外の外国人と同じ条件にするまで在日特権は存在し続ける。
在日特権の存在は、日本人とその他外国人に対する「差別」だ。
在日朝鮮半島人を諸外国の外国の人と同じ扱いにするように安倍政権の皆さんにはがんばっていただきたい。そうしないとこの問題は終らない。

在特会のデモをやめさせるなら、シナや北鮮と同じような国柄になるということである。
民主主義国家なのだから「多用な意見を尊重せよ」と朝日る連中は日頃から声高に言い続けてきたではないか。
今日の朝日の社説は、国家権力を自分たちのためだけに悪用せよと読める。

在特会の支援者ではないのだが、有田芳生のツイートや朝日のこんな社説などを読むと同じ日本人としてむかっ腹が立ってくる。日本人として自分と同じような思いに至った人が多いのだろう。在特会の桜井誠さんがこのほど発行した「大嫌韓時代」がベストセラーになっている。

『差別と政権・・・』と今日のお題の斜説だが、「差別と新聞・・・」と言葉をいれかえればよくわかる。反日捏造新聞の朝日は、自らのイデオロギーを拡散するために日本及び日本人をどれだけ差別してきたのだろうか。

御嶽山でのひどい被害は、民主党政権での事業仕分けにより予算が削減された影響が大きいと前回このブログで書いた。噴火当日にyahooニュースのページに2010年朝日新聞の「火山国ニッポン 仕分け対象 監視網に穴」の記事がリンク付けされ、その一部から抜粋した。今回の噴火によりネットで民主党批判がもりあがったのだが、民主党は予算を削減したのではない、それはデマだと主張している。

天災を民主党のせいにはしないとも前回書いた。噴火を予知するのは難しいというよりも現状無理ではないか。民主党のやることなすことが縁起が悪いとも書いたけど、今日もそう思い続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »