« ぼんくらの舛添よ まさか平昌オリンピックに税金をプレゼントするのではあるまいな? | トップページ | アカが書きヤクザが売ってバカが読む そんな朝日新聞の言い逃れが見苦しすぎる »

朝日るマインドコントロールをいつまで許すのか

「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」 と広島の原爆死没者慰霊碑に刻まれている。民間人を大量に殺戮する未曾有の兵器を投下したのに戦犯にも問われない。ホロコーストではないか。毎年毎年原爆の日を前にして、朝日る反日左翼は日本悪しそれみたことかと騒ぎまくるのだが、その碑文に対するクレームなど彼らから出ない。

あの東京裁判で国際法からして日本は無罪であると、インドのパール判事は終始主張し続けた。公正な主張をしてくれたものだと感銘する。そのパール博士は広島の碑文を読んで、『「この《過ちは繰返さぬ》という過ちは誰の行為をさしているのか。もちろん、日本人が日本人に謝っていることは明らかだ。それがどんな過ちなのか、わたくしは疑う。ここに祀ってあるのは原爆犠牲者の霊であり、その原爆を落した者は日本人でないことは明瞭である。落した者が責任の所在を明らかにして《二度と再びこの過ちは犯さぬ》というならうなずける。
 この過ちが、もし太平洋戦争を意味しているというなら、これまた日本の責任ではない。その戦争の種は西欧諸国が東洋侵略のために蒔いたものであることも明瞭だ。さらにアメリカは、ABCD包囲陣をつくり、日本を経済封鎖し、石油禁輸まで行って挑発した上、ハルノートを突きつけてきた。アメリカこそ開戦の責任者である。」と述べられた。

「広島、長崎に投下された原爆の口実は何であったか。日本は投下される何の理由があったか。当時すでに日本はソ連を通じて降伏の意思表示していたではないか。それにもかかわらず、この残虐な爆弾を《実験》として広島に投下した。同じ白人同士のドイツにではなくて日本にである。そこに人種的偏見はなかったか。
しかもこの惨劇については、いまだ彼らの口から懺悔の言葉を聞いていない。彼らの手はまだ清められていない。こんな状態でどうして彼らと平和を語ることができるか。」 これもパール博士の言葉であり見解です。す~と心の中に入ってきて納得できる。

仕返しのためにいつか必ずがアメリカ本土に原爆を投下してやれ、という気などさらさらない。それは不毛だ。だけどせめてアメリカの大統領が広島と長崎を訪れて、頭を垂れるべきだろと常々思っている。「彼らの手はまだ清められていない。」 パール博士のご意見はまさにです。その薄汚れた手でベトナム戦争をやり撤退敗北、その後も何かとやることが中途半端でアメリカは自分の手で自分の首を絞めてきたあんばいに思える。
ご苦労さん。

碑文は公募され、広島大学の雑賀忠義教授が選んだといわれている。雑賀は「広島市民であると共に世界市民であるわれわれが、過ちを繰返さないと誓う。 これは全人類の過去、現在、未来に通ずる広島市民の感情であり良心の叫びである。『原爆投下は広島市民の過ちではない』とは世界市民に通じない言葉だ。
 そんなせせこましい立場に立つ時は過ちを繰返さぬことは不可能になり、霊前でものをいう資格はない」のだと見解を喋っている。

インターナショナル、連帯、地球市民、世界市民、これらの言葉は朝日る左翼が使い彼らのイデオロギーを表現する。雑賀が言う「原爆投下は広島市民の過ちではない、とは世界市民に通じない言葉だ。」は全く理解できない。反日左翼が応募し、同じ左翼の雑賀が選んだ、とんちんかんな碑文を今もありがたがっているとはなんとも間抜けな事実です。雑賀の言い分は朝日新聞の慰安婦事件捏造報道の取り消します、ほなさいなら、にぴったりと通じるものがある。原爆を投下されたのは日本が悪かったから、慰安婦事件の虚報は反省などしない、すべては世界の女性の人権を守るためだったのだ、どんなもんじゃい、と論点をすりかえる。反日左翼は事実をねじまげるのがうまい。上手に嘘をつく。朝日るインテリには実に卑怯者が多い。

GHQの洗脳によって始まった日本の戦後はアメリカの思いどおり以上の素直な国柄になった。朝日る左翼のマインドコントロールが加わり、扱いやすい「反省サル日本」にまでなった。日本を左傾化させるための朝日る報道マインドコントロールがたまたまアメリカの工作とも合致したのだろう。
原爆投下という人体実験をやったアメリカはその責任を追及されたくなかった。朝日る連中は日本を反日左翼国家にし日本列島は日本人のためのものではないと解体したかったのではないか。過去の伝統文化を否定し、日本人を骨抜きにした後に権力を握る。そんな悪だくみが垣間見られる。

正義感も良識もない朝日るマインドコントロールによって、戦後の社会はパール判事の正論を無視してきた。パール判事の正しい見解を祭り上げて、東京裁判は不当だったから仕返しの戦争をするなんてバカなどよもやいまい。問題は核たる本質を踏みにじり、左傾化させるために第四の権力である報道の自由という強権を駆使して、朝日る連中は日本人をマインドコントロールしてきたのです。朝日る連中は自分らが愚民を導くインテリだと誇っているらしい。国益はそっちらけ、愛国心を冒涜する、世界の左巻きでも日本の朝日る連中は国も愛さず同胞も愛さないめずらしい存在です。彼らは孤利孤略の権力者で、本質的に公徳心も道徳心もない。人権を悪だくみに使う偽善者です。

|

« ぼんくらの舛添よ まさか平昌オリンピックに税金をプレゼントするのではあるまいな? | トップページ | アカが書きヤクザが売ってバカが読む そんな朝日新聞の言い逃れが見苦しすぎる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/57190807

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日るマインドコントロールをいつまで許すのか:

« ぼんくらの舛添よ まさか平昌オリンピックに税金をプレゼントするのではあるまいな? | トップページ | アカが書きヤクザが売ってバカが読む そんな朝日新聞の言い逃れが見苦しすぎる »