« 堺市民は「大阪維新の会」の芽をつぶすな! | トップページ | 朝日る反日詐欺師に騙されてはいけません »

古臭くて狭量な朝日新聞の日本文化話

連合が政府が要望する「賃上げ」を批判、経団連は前向き。おかし

な現象になってます。「賃金の問題は労使交渉で行うことが重要

だ。」てな話です。笑っちゃいますですよ。連合はセレブな労働者

集団です。おめでたいというか、なんと言うか。

朝日る左翼は古臭い。

               *

『「戦前回帰」「日本の文化」 遷御の儀に84年ぶり首相』

(10月3日、朝日新聞) ほほう、センセーショナルなタイトルであ

ります。安倍首相が10月2日、伊勢神宮内宮の「遷御の儀」に参

列した。国家神道を復活させるのではないかと批判してる。

その記事の中には日本キリスト教 協議会の靖国神社問題委員長

である坂内宗男(79)なる人間のお喋りインタビューが出ていて、

「憲法に定められた政教分離の原則に反する行為だ。非情に深刻

に受け止めている」とご発言された由。

               *

キリスト教のこのおっちゃんが、靖国神社問題委員長などという肩

書きを持ってるので笑ってしまう。政教分離やれこれというよりも、そ

もそもが靖国神社は大嫌いということなのでしょう。

朝日新聞もそうだけど。

朝日る左巻きは「日本文化」「戦前回帰」と受け止めるわけで、驚い

てしまう。

               *

政教分離などとごちゃごちゃいうなら、創価学会公明党の存在はど

うなるのか朝日新聞の詳しい解説記事を拝読したいものです。

靖国神社や伊勢神宮に首相が参拝し行事に出席したとして、圧倒

的大多数の日本の国民は憲法違反だと難詰することはない。

靖国神社、伊勢神宮というと軍国主義復活と発狂する。

朝日る連中は業が深い。

ひもじくもあり心の狭い朝日る連中を背負って日本(=国民)は歩ん

でいかねばならないのだが、これからも骨が折れる。

               *

今時、国家神道を復活させて軍国主義の日本にしよう、などという現

実離れした頓珍漢がどこにいるのやら。

間逆のようではあるが性質は朝日る左巻きと同じで、今の日本では

珍奇な存在になる。

そんな動きがあれば、朝日る連中の前に善良なる多くの国民が反対

し自分もそれに加わることになる。

               *

そんなことよりもシナの軍拡と帝国主義、多くの同胞を拉致してかえ

さない核を持った北鮮、暴力団の因縁のごとくありもしないことまで

あげつらい恐喝する南鮮、こっちの方が今そこにある危機として多く

の国民は心配している。

朝日新聞さんよ、日本が戦前回帰などとありもしないことを心配す

るより、この三国は大丈夫ぃという安心理論を社説に書いて説明して

もらいたい。

|

« 堺市民は「大阪維新の会」の芽をつぶすな! | トップページ | 朝日る反日詐欺師に騙されてはいけません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/53510530

この記事へのトラックバック一覧です: 古臭くて狭量な朝日新聞の日本文化話:

« 堺市民は「大阪維新の会」の芽をつぶすな! | トップページ | 朝日る反日詐欺師に騙されてはいけません »