« 橋下発言 中途半端な慰安婦話 | トップページ | 飯島参与の訪朝を評価します »

橋下市長 朝鮮半島の元売春婦と会ってなにするのん?

今月24日、大阪市役所にやってくる南鮮の元慰安婦のおばちゃん

2名と橋下市長さんは会うらしい。朝日る報道陣にその風景を公開

するという。橋下市長さんはぺこたんぺこたんと土下座するのか? 

何を不毛なことをやってるのやら。

               *

朝日る売国左翼の手口に乗ったのかそれとも政治的スケベ根性な

のか知らないけど、どっちに転んでも政治家橋下と日本維新の会

にとって何の益にもなるまい。それどころかその行動も日本の国益

を削ぐことになりかねない。

どう対応しようが南鮮や国内の反日勢力を勢いづけることになる。

今、アンタこんなことをやってる時期かいなとそう思う。

               *

『李登輝氏 橋下氏の竹島・尖閣「共同管理」提案は極めて危険』

(NEWSポストセブン、2012年12月16日号)

 『中国を相手にするには、恐れず、怯まず、強い姿勢で臨むこと

が重要だ。竹島や尖閣諸島の周辺海域について橋下徹大阪市長

などは「共同管理」を唱えているというが、極めて危険な発想だ。

日本が譲歩すれば、中国は「共同管理」を理由に尖閣に上陸し、

周辺海域を我が物顔で航行するようになる。

米国と肩を並べたがっている中国の太平洋進出戦略は、尖閣の

領土化から始まるのだ。 1996年の台湾総統選挙で私が優勢にな

ると、中国は台湾海峡にミサイルを撃ち込んで威嚇したが、米国が

空母2隻を派遣すると、途端に押し黙った。

こうしたやり方は中国の常套手段だ。』

               *

日本のあやうい朝日る政治を常に心配してくれている李登輝さんの

ご意見に敬服と賛同を覚える。まさに同感。

前回も書いたが、橋下市長さんの尖閣・竹島共同管理案は、あの

鳩ぽっぽの友愛の海と同じで、盗っ人のご意見を尊重するだけの話

で筋違いもはなはだしい。

衆院選では地方は自民党、比例は日本維新の会に投票しました。

この話が出るまでは橋下維新の会を応援し期待もしていた。

しかし尖閣・竹島共同管理話くらいからヘンだなと思い始めた。

               *

朝日るマスゴミを論破する強い姿勢は高く評価してきたし、週刊朝日

による橋下さんの素性を面白おかしくちょうちゃくする人権蹂躙に対

しては腹の底から気の毒に思いいきどおりを感じた。

しかしながらもっとも大事にしてもらいたい彼の国家観にギャップを

感じ始め心が離れつつある。

               *

西村眞吾さんは党の代議士会で「日本には韓国人の売春婦が大勢

いる」という事実を喋っただけで日本維新の会は除籍・クビにする

とか。西村さんは現実を述べただけではありませんか。

南鮮は売春婦輸出国家で恥の大国であります。

うちわの党の代議士会でのことにクビですか。へ~、何を気にして

いるのやら。朝日るマスゴミに叩かれることを恐れて西村さんを血祭

りにあげて土下座とは情けない。

               *

民主党から小沢鋭仁氏を始めとする中途半端な政治家稼業第一の

議員を入れて党を組んだ時点でへんてこりんなあんばいではあり

ました。石原前都知事や太陽の党といっしょになって重みが出た

のだが、朝日るマスゴミにおちょくられっぱなしで形勢逆転の芽が

出てこない。橋下さんはその焦りもあったのだろうが、国家観のボ

ロがちょろちょとと出てきて支持する熱意がさめてきました。

何よりも石原さんがいるとは言っても、西村眞吾さんを箒で吐き出す

ようにするわけで次の選挙では日本維新の会の未来はない。

ややこしいことを言ってるのなら安倍自民党で充分になる。

今回の橋下発言に発狂するように叩きまくっている朝日るマスゴミ

だが、世の中全部がそうなのだは大きな間違いで、日本人の多くは

西村眞吾さんの話にも腹の中では賛同している。

だから選挙をやるたびに朝日る政党と政治家はジリ貧。マスゴミは

派手に世論を誘導しようとしてるが、ネット時代の今は無理なんだよ

あんぽんたん。

               *

今この国には在日が60万人いると言われている。既に日本国籍

をとった者とその家族をいれると300万人も日本人でありながら

日本人でない人間が住んでいると言われている。

正確な数字を知りたいのだがまともな統計はない。

マスゴミ・官僚・公務員・政治家・労組・芸能界・ヤクザ・学者・

芸コメ・売春・宗教の世界で日本を陥れる工作員がてんこもり。

300万票あるいはもっとこえているかもしれない票をほしさに、創価

学会公明党や民主・狂産・斜民が日本人でない外国人に参政権を

付与したいのだと反日勢力を取り込んでいる。

恐ろしい現実です。1億数千万の純日本人が食い物にされようとし

ているのです。

               *

南鮮の元売春婦のおばちゃんがやってきて日本の7ヶ所で慰安婦

反日祭りをやるらしい。それを段取りしお膳立てをしてるのは当然

朝日る面々で、そんな行事に橋下市長さんは首を突っ込んで元売

春婦と会うというのだから恐れ入る。

朝日る連中の口車に乗せられたのか政治家的スケベ根性で自ら

乗ったのか知らないけど、会うのを断れ! 

どっちに転んでも彼自身の得にはならない。彼自らがいわれなき

日本の汚名にお墨付きを与えたいのかいなとなる。

虻蜂取らずで不毛この上もない。

 

|

« 橋下発言 中途半端な慰安婦話 | トップページ | 飯島参与の訪朝を評価します »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

‘泰平の眠りをさます上喜撰 (蒸気船) たった四杯で夜も寝られず’
無哲学・能天気の輩には、大変な世の中になっている。

>日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は14日、在日米軍海兵隊幹部に風俗業者を活用するよう促し拒否されたことについて「だいたい、米国はずるい。一貫して公娼制度を否定するが、日本の法律で認められた風俗業を利用することに何ら問題はない」とツイッターに書き込んだ。

橋下徹大阪市長は理想 (非現実) に向かうのか、それとも現実の中に埋没するのか。
‘我々は、どこから来たか’、’我々は、何者であるか’、’我々は、どこに向かうか’ を考えるのが、英米人の教養である。
年中行事を繰り返して、何も変わらないのが、日本人の求める天下泰平の世の中である。
今の地球は英米の世の中。国際社会で日本人の態度が場違いであることが明らかになる。

>同時に「人間の性的な欲求解消策について、真正面から認めるのか、そこに目をつむるのかだ」と提示。「風俗業を活用したからといって、沖縄での米兵の性的事件が収まるかは分からない。建前論はやめてくれ」と投げかけた。

現実を直視することも必要、理想 (非現実) を求めることも必要。理想を基準にとって現実に善悪の判断を下して、日常の舵を取る。これは、思慮ある人の行いである。
建前 (規則) と本音 (恣意) の世の中は、未来 (理想) の世界につながっていない。我が国には何でもあるが、ただ、夢と希望が存在しない。

>第二次大戦中の慰安婦制度に関しては「人間、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実」とし、あらためて慰安婦は必要だったとの考えを表明した。

事実・現実をのみを述べて、それでこれからどうする。

>さらに「今の視点で良いか悪いかと言われれば、良いことだとは言えない。ただ、世界各国を見れば、軍人の性的欲求の解消策が存在したのは事実」と強調した。

良いことを推進し、良くないことを抑制するのが人の一生の務めである。政治家とて、これは同じこと。
現実しか知らない子供にとどまるか。哲学を持つ大人に育つか。それが、日本人の問題である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


投稿: noga | 2013年5月18日 (土) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/51676877

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長 朝鮮半島の元売春婦と会ってなにするのん?:

« 橋下発言 中途半端な慰安婦話 | トップページ | 飯島参与の訪朝を評価します »