« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

朝日る連中は 戦後の縄文人

『【社説】韓国国会の「日本糾弾決議案」不発コメディー』

(4月29日、中央日報) 朝鮮日報に続いて今度は中央日報さん

がお書きです。おもしろい。

『安倍晋三首相が侵略戦争を否認し、閣僚・議員が皇国主義の象徴

である靖国神社を参拝するなど、日本の尋常でない右傾化の雰

囲気で、与野党が全会一致で出した決議案だった。』 なのに議場

に出席する議員がやたら少なくて採決できなかった。

と嘆いている。ご苦労さんです。

               *

日本の朝日るマスゴミは靖国に参拝したぞ~とやんややんやの

大騒ぎ。まだまだこれからも日本虐めができる。アホで反日の朝日

るマスゴミは、おいら達の味方を粘り強くまだやってくれている。

それが頼りだと、朝鮮半島国のマスゴミは喜んでいることでしょう。

               *

28日に投開票された参院山口での補欠選挙では、自民党新人の

江島さんが民主党とみどりの風推薦の元法相である平岡秀夫に

圧勝して当選した。けっこうなことであります。

マヌケ民主党の中でもこの平岡に岡崎トミ子、近藤昭一に辻元清美

などなど数え切れないほど嫌いな議員がたくさんいるのだが、平岡

はそれらの大嫌いな議員の1人です。

               *

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推

進する議員連盟」

「日韓議員連盟」

「朝鮮半島問題研究会」

「北京オリンピックを支援する議員の会」

「民主党娯楽産業健全育成研究会(常任幹事)」

「戸籍法を考える議員連盟」

平岡はこれらの団体や議員連盟に所属し、朝鮮族議員としても大

活躍。民主党娯楽産業健全育成研究会と仰々しいレッテルだが、

ようするにパチンコ族議員です。

前原、レンホウ、野田その他諸々の外国人献金問題では、「ほかの

先進国と比べて、日本はかなり厳しい」「金を受けてしまうことで、影

響を受けてしまうのかが問題。そういう懸念をどこまで制度化してい

くかが問題の基本ではないか」(ウィキペディア) と喋っている。

外国人献金は受けてよし!とも受けとれる。こんな奴がよくもまぁ

法務大臣になったものです。今回の選挙でも落選してよかった。

               *

朝日の天声珍語だが、アカいよたばなしを今日も熱心に書いて

いる。作間なる憲法研究者が、学徒出陣で散華した英霊のことを

「彼らは『日本国憲法』に化身して、平和日本の礎となった、と私は

確信している」と喋っていたよと書いている。

『戦争を知る世代が少なくなった。政界でも同様である。安倍政権

がきのう「主権回復」の式典を催した。作間さんならどう考えた

か、と思う。 』

               *

主権回復の式典をやりやがってこんちくしょう、というところなので

しょう。今の世代は、シナ帝国の脅威や朝鮮半島国の核と竹島盗っ

人のことをよく知っている。朝日る連中はかの戦争の語り部となろう

と熱心だが、今わが国に迫る脅威には盲目であり、永遠に反省サル

を押し付けるのに熱心です。

憲法前文や九条をでこちんに貼ってると絶対に安心だと吹聴して

いる。カルトのマントラのように。

               *

今日の朝日の社説は、『主権回復の日―過ちを総括してこそ』。

「総括」という言葉を聞くと、連合赤軍による浅間山荘事件などを連

想させる。左翼用語というべきか、なんというか。

『ただ、4・28を語る際、忘れてはならない視点がある。なぜ日本が

占領されるに至ったのかということだ。言うまでもなく、日本が侵略

戦争や植民地支配の過ちを犯し、その末に敗戦を迎えたという歴

史である。占領下の7年間、日本は平和憲法を定め、軍国主義と決

別して民主主義国として再出発することを内外に誓った。

だからこそ、国際社会への復帰が認められたのではないか。その

ことを忘れ、占領期を「屈辱の歴史」のようにとらえるとしたら、見当

違いもはなはだしい。』

               *

占領期を屈辱の歴史とするなとは恐れ入る。朝日る護憲屋の言

い分は、永劫に敗戦を背負い反省猿のままで後の世の日本人もす

ごさねばならないのだ、と強要することです。

英霊を尊崇するなどもっての他、「犬死に」でよい、だから靖国に参

拝するな、という朝日る反日売国屋の言い分は頑迷固陋、未来思考

など微塵もない。1945年8月15日の化石ようであります。

今は戦後の弥生時代とすれば、朝日る連中は戦後の縄文時代人と

いう印象になる。

               *

シナの李鵬が『1993年、日本について、オーストラリア首相であっ

たポール・キーティングが訪中した時に、「日本は取るに足るほどの

国ではない。20年後には地上から消えていく国となろう」あるいは

「30年もしたら日本は大体つぶれるだろう」といった内容の発言をし

たとされている。また、1995年に「日本などという国は20年後には消

えてなくなる」と発言した』(ウィキペディア)という話は有名です。

               *

朝日新聞のシナ派遣記者だった売国奴の加藤千洋が、靖国参拝に

反対すると得ですよとシナに注進した話なども巷間有名で、それが

事実なら日本の記者が日本の弱味と悪口を注進にくる、そんな国

など20年後につぶれてあたり前だと、そりゃシナが普通に思い込ん

でもへんてこりんではない。日本の名誉を傷つけシナに誤解を与え

た朝日新聞を糾弾したい。

               *

かの戦争の「総括?」。欧米列強の植民地主義がアジア諸国を席

巻していた。ロシアの南下政策はどうだったのか。ハル・ノートは? 

ただやみくもに日本だけが悪かったという説にくみする気はない。

関係諸国に対する敗れた者としての責任はすべてとっている。

残ってるのは北鮮だけ。手打ちした話に横やりを入れて土下座はす

んでいないとしゃかりきになってるのは国内の朝日る反日勢力で

はないか。日本をいまだに狂産斜会主義国家にできない悔しさがそ

うさせるのか、健常な精神の持ち主とは思えない。

               *

大東亜戦争で反省すべきは、どうして負けたのか、敗れた原因を

追求するなら学問的にされてよい。あるいは軍国主義の弱点など。

今は世界に向けて胸をはれる民主主義国家の日本です。

日本の保守派は軍国主義をのぞんでいるなどと嘘八百を言って

世界に日本を安売りする。軍国主義など時代錯誤もはなはだしい。

安全保障で自立できる国にならなければならないのは自明の理。

やがてシナは軍事力でもアメリカを抜く時がやってくる。

アメリカの民主党には親中派議員が多い。オバマによる世界の警察

からの撤退と保護政策。冷戦を経て超大国アメリカの次に帝国シ

ナが虎視眈々とその次の座を狙っている現実。

世界は新たにかわろうとしている中、戦後縄文時代人の朝日るあん

ぽんたんはいまだに古臭い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『主権回復の日』 よかったよかった

「主権回復の日」、政府主催の記念式典が4月28日に行われる。

毎年挙行されるべき国家行事でした。60年も過ぎてようやく記念

式典が開かれる。

               *

天皇陛下を朝日る左翼は政治利用をするなと騒いでいる。陛下の

ご臨席を反対する方こそ天皇陛下を政治利用しているのではな

いか?象徴たる天皇陛下にご出席を仰ぐのはあたり前の話です。

               *

A級戦犯約200人、BC級戦犯はおよそ5600人が投獄され、戦

争が終っても1000名以上の皆さんが戦勝国によって死刑にされ

ました。戦犯は敗戦国だけで戦勝国にはだ~れ1人いない。

戦争は負けるべきものではないとつくづく思う。

               *

米軍は絨毯爆撃をし、2発の核爆弾を投下して日本の民間人を

無差別に殺しまくった。そんなアメリカに戦後占領されたのだが、つら

つら思うに、それがもし仮に旧ソ連に占領されていたら、あるいはシ

ナだったら、その後の日本の発展は全くなく、いまだに占領され続け

ているに違いありません。

結果的にその巡りあわせは悪くはなかった。

               *

東西冷戦により不沈空母である日本列島の存在価値は増した。

日米同盟と共にアメリカは日本の主権を回復させた。沖縄の日本

への復帰はちょっとまってくれとなった。当事の日本政府が沖縄の

復帰は待ってくれと言ったものではなく、占領しているアメリカの都合

によるものです。

               *

沖縄は本土だけ主権が回復し我々は取り残された、だから「屈辱の

日」だという。心情的には理解できる。その屈辱感の対象がアメリカ

なら理解可能だが、朝日る左巻きは日本政府に向ける。

国家を騒乱させて我が左巻きイデオロギーの天下にしたい、という

貪欲な計算を実現させるためにはあらゆる手段に恥感じず。

               *

佐藤内閣は沖縄復帰のために心血を注いだ。日米同盟なくしてアメ

リカは本土も沖縄も簡単には復帰させなかったに違いありません。

北方領土しかり、世界とはそんなものです。

冷戦が終わり、ベルリンの壁もなくなった。ところがアカ大好きの朝

日る勢力は、北鮮マンセ~♪、ソ連大好き、シナも好き好き、と長い

間踊りまくってこられたのです。立派なイデオロギーは夢の国をつく

るかの如く。結果、ソ連はペレストロイカ、北鮮は地獄の国だったで

はありませんか。シナは悪の帝国。

               *

本土の主権回復なくして沖縄の復帰はありえなかった。沖縄の主権

回復が先でその後本土が復帰なんてこともありえなかった。

「主権回復の日」をおおいに祝したい。

戦勝国から戦犯とされ戦後絞首刑になった気の毒な皆さんの死

は、靖国神社で悼みたい。

               *

維新の橋下市長さんと松井知事さんは「主権回復の日」記念式典に

欠席するらしい。尖閣諸島は領有権問題アリとシナに認めるべき

だ、竹島は共同管理にしよう、なんちゃって手打ち論を賢そうにぶ

ってる橋下さんだが、どうもねぇというところで困ったものです。

鳩ぽっぽの「友愛の海」論に近い印象を受けるではないかと。

彼の突破力や実行力を支援してきたのだが、最近は気持ち一歩

後退になった。日本維新の会の支持率が低下しているようだがう

なづける。それじゃ古い自民党の政治家や民主党の政治家とあんま

しかわらないという印象になる。

               *

この記事はおもしろい。

『韓国国会が日本政界の歴史否定を糾弾する決議案を採択しようと

したものの、「出席率」が低調で採択を延期するという事態が起

こった。』『日本の国会議員の靖国神社参拝や安倍晋三首相の侵

略戦争否定発言を糾弾する、韓国国会の公のメッセージになる

はずだった。』『ところが午後に開かれた本会議には、およそ70人

の議員しか出席しなかった。本会議が終わる午後5時ごろまでに

議決の定足数となっている151人を満たすことができなかったため、

決議案は上程されなかった。』(朝鮮日報、4月27日)

靖国参拝に反対なのは、日本の朝日るマスゴミと売国左翼の方が

大変熱心で、マヌケな話ではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国参拝 小便をひっかけるかの朝日の社説

23日、尖閣諸島の日本の領海をシナの公船が長時間にわたって

侵犯。日本の政治団体メンバーが乗った小さな漁船を激しく追いか

けまわした。帝国シナは軍事力を肥大させ、ありあまった人殺しパ

ワーをやたら使いたがってる。

               *

反日教育を徹底し、国民から政府に不満が出始めると外敵日本に

目を向けさせる。日本憎しをあおり立て、国民の不満をあっち向い

てホイと。

帝国シナにとっては日本の存在は誠に便利な敵国で、頭を叩いて

も足蹴にしてもへなちょこ憲法を後生大事に持ってるわけで反撃さ

れる危険など微塵もない。

               *

シナ外務省の軍縮局長(こんな役職がシナにあるなんてお笑いだ

けど)さんは、19日ジュネーブで「日本に対し核兵器は使わない」

と記者会見でえらそうにご発言になった。

これで安心する連中といえば、セレブな左翼である朝日るマスゴミ

とNHK、売国反日の腐れ根性の皆さんくらいでしょう。

普通の健常なる日本人ならば安心だと思えない。

               *

つおい帝国シナに対して、その属国だったという長い歴史を持つ

南鮮は、昨今ちょろちょろとおべんちゃら外交をシナにするように

なった。南鮮の大統領になった朴クネさんは、就任挨拶にまずアメ

リカに行き次は日本という今までの順番をかえて、今回はシナの

方に先に行くのではと朝日るマスゴミがわ~わ~騒いでいる。

南鮮が重要と思う国の順序が日本はシナの後回しになる?

別にええじゃないですか、そんなことどうでも。

長い歴史から考えると南鮮の大統領はアメリカ訪問の前にシナに

朝貢訪問してもなんらおかしくない。

               *

北のあんぽんたんはテポドンとノドンを両手にぶら下げて相も変ら

ず脅しまくっている。北の脅威がやれ何チャラと朝日るマスゴミは煽

りまくってますが、日本にとっての目前の危機はシナの軍事力です。

朝鮮半島との利権大事の朝日る連中は、北の核の脅威を吹聴して

もシナの核爆弾のことはほったらかし。

朝日る反米屋は旧ソ連やシナの核は良い核だ、アメリカの核は人類

の敵と偏向反核運動をやってきたわけで、理屈が矛盾している。

               *

朝鮮半島国の反日教育はこれまた周知の如く。

彼らの対日本外交は、歴史を鑑にというだけで高見に立てる気分に

なれること。そう意識づけた日本の朝日る売国屋の負の遺産は大

きい。いとも易くておいしい外交の武器になっている。

シナはしばし横目に見ながら多いに参考にしたことでしょう。

日本を叩くには便利やないかいと。

               *

植民地時代に圧政と搾取を受けた国々は、独立しても宗主国を今

もって非難する話など聞いたことがない。アメリカに対するその後

のベトナムの態度は見上げたモノです。

民族の誇りと沽券、敬服させるものがある。それに比べればシナ朝

鮮半島国の汚い根性は度し難い。そういう彼らに仕立て上げた

日本国内の朝日る売国左翼の責任は大きい。

               *

本日の朝日の社説は『靖国問題ー政治家は大局観を持て』

「日本はいったい、何を考えてるのか。」から始まる。

あんたらこそまだ何を考えてるのか朝日に問いたい。シナ朝鮮半島

からの脅威のおかげて日本人の意識は10年前とはがらっと違う。

その現実に気づいていないのか気づかないふりをしているのか。

               *

168人の国会議員が靖国に参拝した。本来は国会議員なら全員

参拝せよと思うのだが。

朝日る護憲屋はこの時ばかりは信教の自由をそっちらけにする。

朝日る売国屋は政教分離及び政治家は国の機関やれこれだから

靖国に参拝してはならないと強弁したりする。ホンマでっか? 

政治家はお寺や町の神社にも行けないのか? まぁ、とにかく靖国

神社だけはダメ、ダメだ、と言いたいのでしょう。

               *

靖国参拝は軍国主義の復活だ? 大阪の道頓堀を歩いている普通

のおばちゃんに聞いても、シナ朝鮮半島こそ軍国主義とちゃう、と答

えるに違いありません。そもそも靖国参拝と軍国主義大好きがつな

がるわけがない。英霊に対する感謝と尊崇の念につきる。

ふと気づいたら、北鮮は核保有国になりシナは化け物の如く超軍事

大国になり帝国になった。

朝日の主張である「・・・・大局観」がなかったから、いわれなき負い

目を日本国民は背負わされることになった。

               *

靖国参拝における大局観は、シナ朝鮮半島国に対して参拝をしよう

がしまいがほっとけボケでよいのです。内政干渉するなです。

国会議員全員が毎年の春秋の例大祭に参拝すればその内に諦め

て何も言わなくなる。

何よりもことの原因は、ホレ参拝したぞ~!と世界に喧伝する朝日

るマスゴミにある。さも悪いことをしてるように垂れ流す。

英霊に対する不遜、日本人に対する不遜この上もない。

外交に対して悪い影響が出る? そうしたのは朝日る連中ではない

のか。国益を削ぎ続けてきたのは朝日新聞よ、お前らだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日る左翼には反省がない

条件として議会制民主主義であることが絶対だと思ってるのだが、

共産社会主義政党が選挙で大勝し国政を担うことになったとした

ら、大嫌いなイデオロギーの政府であっても多数の国民が選択し

たのだからとしばし従うつもりです。但し、それには絶対条件が

ある。その政府に愛国、愛同胞があることです。

まぁ、民主党政府には懲りたけど。

               *

日本の朝日る政党・政治家、あるいは朝日る面々には「愛国」や

「同胞愛」が全く見受けられないのが残念です。

「反日」と「売国」のこんこんちきが多い。劣悪な連中であると思わざ

るをえないのです。ここまで自国をコケにする朝日る左翼が多い国

も珍しい。かの敗戦による悪しき遺産というべきか。

押し付け占領憲法を護持するなどという『反省サル』がうろちょろし

ている。

               *

国連にはいまだに敵国条項が残っているわけで、国連がぶっつぶ

れない限り何十年何百年も敗戦国は負い目を背負わされ続けるの

かもしれません。だとすれば理不尽なことです。

SMのMというべきか、虐められることに喜びを感じ、それを左翼は

我々は高尚などという味付けをして満足する。

朝日る戦後左翼の趣味趣向を全く理解できません。

               *

さて、朝鮮半島の北の国は萌え上がってます。そもそも朝鮮半島

にはチンドン屋さんのような素振りを好む人が多いのですが、ヤク

ザな一家が核とミサイルを両手に持って踊っている。

得意な瀬戸際外交らしい。今は我が身もやばい崖っぷち外交を

やっている。次はどんな手をだすのかいなと興味津々状態です。

実際はこんなイデオロギーを持ったこんな国を「地上の楽園」だと

呼称した朝日る戦後左翼の歴史がある。

加担した、今も加担している連中は『反省サル』になるべきでは

ないか。売国、反日屋にはその主義主張や物理的にも利権があ

るのだろうけど、総括もせずにだらだらといくのでしょうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日る左翼には公徳心がない

1973年、伊丹市議会は「空港撤去宣言」を議決。市街地上空を離

着陸するので危険だ!と朝日るマスゴミとお左翼連中は当事大騒

ぎした。泉南沖に関西空港が誕生し、空港周辺の朝日る左巻き首

長が減った今は空港存続お願い論が声高になっている。

まぁ得手勝手な話です。伊丹市ではこの14日空港存続廃港の市

長選投票が行われる。

               *

朝日る左翼が大暴れした成田闘争のあの空港も、今は都心から遠

い所につくりやがってとぶつぶつともんくを言うむきが多い。

海外の空港に比べたら便利が悪いなどと。

今更なんじゃらホイという気分になる。朝日る政党や朝日るマスゴ

ミが、朝日る市民何チャラに扇動させて無駄な回り道をさせることが

色々なことで目に余る。朝日る連中がもんくたらたらと言ったことで

あぁこれは立派なことだったと思えるモノは何一つ残っていない。

記憶にない。

自分さえよけりゃの我利我利亡者というべきか、公徳心がない。

               *

米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)以南の施設・区域の返還

計画についてこのほど日米両政府が合意した。

普通に考えて1歩前に進んだと思うのだが、沖縄の反日主体思想

にかぶれた琉球新報や沖縄タイムスはもんくたらたら。

沖縄を北鮮のようなあんばいにしてシナに占領してもらいたいと考

えてるのかいなと思わせる相変わらずぶり。

               *

本土の朝日るマスゴミも追随し、シナの脅威も朝鮮半島の脅威も

関知なしと輪をかけて拡散する。沖縄は日本の安全を守るための

被害者になっている。差別だ~!と言い出す始末。

ほんまでっか! 近頃の朝日る連中はレイシストだの差別だのを乱

発するので、その本来の趣旨の値打ちがガタ落ちになった。

米軍の基地が多いのも、軍事的に枢要な所に沖縄があっただけで

差別でも何でもありゃしない。日本全体のために我々は協力してる

のだ、どうだ、えらいだろ、くらいの観点で言ってもらえればほとんど

の人は素直に沖縄に感謝することになる。

               *

ただ忘れてならないのは、沖縄の人たちのヘソがまがってるのか、

本土から反米反日のために沖縄を利用しようと乗り込んで行ってる

朝日る連中のヘソがまがってるのかを冷静に見極めることが大事

です。ことの原因の大半は後者にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »