« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

シナ・ロシアが拒否権を持つ国連など信用できるわけがない

金一家というチンピラヤクザにしつこく絡まれて、アメリカはあほらしく

てあほらしくてとほほではないか。今日の一般教書演説で、オバマ

大統領さんはミサイル防衛を強化すると発言。裏を返せば北鮮を核

保有国として認め、飛んでくる火の粉をうっちゃる防戦をしっかりやる

とですとお話になられました。そりゃそうだろうけど、朝日る隣国から

の脅威に間近に晒される日本にとってはどこか物足らない。

               *

北鮮の核実験を受けて、13日国連安保理は非難声明。

そうですか。どれだけ効果があるのやら。なにせシナが本気で制裁

をやらなければうだうだやっても今までと何もかわらない。

朝日新聞が6者協議を再開してやれこれと通り一遍の社説を書い

てるけど、長い間6者協議をやってきたのに効果は皆無ですっから

かん。ことの全ての原因はシナにある。北鮮の核開発の生殺与奪

の権を握っていたのはず~っとシナだったわけで、今更シナのメンツ

がつぶされたとかどうとか論じることこそおめでたい。

シナはわかりきっていた。

               *

アメリカが金一家が核を保有するなら我が同盟国の日本と南鮮にも

核爆弾を保有させるぞとでも言ったらシナはさぞかし北の核保有をと

めたに違いなく。ロシアは北が核を保有しようがどっちでもええくら

いと思える。安保理5大国のイギリスやフランスにとっては遠い話の

出来事の認識だろうし。

               *

いっそ金一家が超小型核を作り上げてどこかのテロ国家やその

連中に売ったりなんかすれば、安保理5大国のお尻にようやく火がつ

きそうなあんばいに思える。ウィグルの活動家やチェチェンの連中

に金一家よ売れ売れ、と引かれ者の小唄のように思わないでも

ない。たちまち北の核が日本に飛んで来るとは思えない。こっちより

もシナの方が日本にとって危険すぎる。

               *

シナやロシアが拒否権を持つ国連では世界の平和を守れない。

国連にいくら尽くしても抑止力にはならない。多くの人間が殺戮され

てから手打ちを決める談合機関くらいのもので、本当の抑止力とは

自力で保持する以外にない。あたり前の話であります。

アメリカの核の傘を大いに利用すべきだが、最後の最後のところ本

当の抑止力とはいえない。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクザな帝国 シナの脅威を真剣に考えましょう

シナが海自の艦船やヘリに火器管制レーダーをロックオン。民主党

政権時代にもそんなことがあったなどという話が出ている。フタをし

てきたのが事実なら驚くべき危機管理意識であります。

自民党安倍政権に交代して本当によかった。

               *

憲法九条をおでこに貼ってこれで安全と道を歩いていたら、おい!

 お前、殺したろか! とドスを振り上げ、鉄砲の引き金の指を動か

し始める盗っ人に出会った。そんな印象です。

ロックオンをされた海自の皆さんはよくも辛抱ができたものであり

ます。数秒後には追尾ミサイルが飛んでくる状況に追い詰められ

た。その恐怖は想像するにあまりある。

もはやいつ戦争を仕掛けられてもおかしくはない状況です。

               *

尖閣諸島の海で日々命をかけて領土領海を守っている海保や自衛

隊の皆さんに感謝です。朝日るマスゴミからはその皆さんに対してあ

りがとうという趣旨の報道は一切ない。

毎日新聞などは今の危機はシナさまの言い分をきかない安倍政権

の責任だの如くの記事を配信して多くの皆さんから反発されている。

もし核爆弾を撃ち込まれても朝日るマスゴミは日本の対応のみが

悪かったと報道しそうです。

               *

平和とは何か。平和を守るには何をすべきか。安全保障とは、国防

とは。今この危機の中で全国民が朝日る戦後のありようを反省しな

ければ何の意味もありません。未来を背負う孫子のためにです。

               *

オスプレイから水筒が1つ落ちたらしい。それでやいのやいのと騒ぎ

立てている。朝日るマスゴミ屋や売国左翼には「非国民」という称号

もぴったりです。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナ・朝鮮半島から軍靴の音がするけど 朝日る左翼の皆さんどないでっか?

かねて朝日新聞の「俳壇・歌壇」などでは「軍靴の音」なんちゃって

言葉を入れてけっこう詠まれたようであります。朝日る左翼によって

日本を難詰する言葉として多用されました。今はどうだか。シナ朝鮮

半島から軍靴の音が高らかに日本列島に迫っています。

               *

1月31日、共産党の志位委員長さまは河野談話の見直しについ

て国会質問、『日本の戦争が「不正・不義の侵略戦争だった」という

戦後世界秩序の土台を覆し、「日本が世界とアジアで生きていく立場

を失うことになる」と厳しく警告しました。』(赤旗)。

戦後半世紀以上もとっくに過ぎているのに、いまだに日本を根こそ

ぎ陥れる質問をして世界に吹聴する亡者がいるわけで嘆かわしい

ことです。

               *

敗戦国日本を引きずる象徴は護憲。社会共産何チャライデオロギー

を実現し権力を握るためには日本を混乱させて陥れる、その為には

安全保障や平和などどうでもよい、なんでしょうね。

読売のナベツネさんは共産党員時代に、あの宮本顕治から日本を

混乱させるように策動せよという命令を受けたのが嫌で党員を辞

めたと喋っておられる。日本人が幸せだと権力を手にすることが出

来ないなどとはおぞましい。戦後半世紀以上過ぎた今日でも、朝日

る売国左翼の本心は何も変わってはいない。

               *

朝日る国売り左翼の言い分を、これはありがたいとシナ・朝鮮半島は

ホイホイと取り入れて、反日教育で国民を鼓舞し日本を責め続け

ている。おバカな党や朝日るマスゴミが存続する限り、シナ・朝鮮半

島の軍靴の音は鳴り続けることでしょう。

音どころか竹島を盗っ人され尖閣諸島を強奪されようとしている。

               *

黄砂を春の風物詩として朝日新聞の俳壇・歌壇ではかねてより萌

え上がってきたのではないか。ようやくシナの大気汚染は現象面で

も顕著になってきた。ご苦労さん。

民主党はブーメラン政党として天に向かって吐いたつばがやがて我

が身にふりかかりてんやわんやでした。朝日る左翼も当然同類で、

天に吐いた唾を日本人全員にふりそそいでいる。厄介です。

それが彼らの本望とするところでしょうけど。

宮本顕治の日本共産党精神である日本を混乱に陥れることに随喜

する。こんな考えこそ黄砂と同じで日本のガンの元であります。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »