« 師走のお掃除選挙 安倍政権誕生~♪ | トップページ | 安倍救国内閣が誕生する »

竹島の日 政府式典見送り? 安倍さん 古い自民党外交に復活するのん?

鳩山兄さんは東大を出ているのだから頭はよかったのだろうけど国

を預かる知恵と常識と認識と責任感もなかった。うかがえなかった。

次の菅さんは人格も能力もなかった。詭弁を強く主張して我が身の

無能さを糊塗するすべにはたけていたようだけど。

               *

野田さんはどうだったか。当事の石原都知事にあおられたとはい

え、尖閣諸島を国有化した。時期が悪かっただのシナを刺激しただ

のと朝日るマスゴミは大騒ぎだがこれは評価したい。

なにせ戦後政治を背負ってきた自民党は、鄧小平の棚上げ話に

軽々と乗り無責任にも尖閣をほったらかしにしてきたのです。

実効支配をしてきたのだから問題はないだろ、は突き詰めるところ

無責任ともいえる対応だった。それが証拠に、棚上げ論から一転し

てシナはわが領土領海だと強烈に主張し始めたではありませんか。

シナの策略に乗せられた。田中角栄さんがシナと国交を開いた時か

ら尖閣ほったらかしの間違いが始まった。

               *

国の意思として尖閣諸島はわが領土と世界にはっきりと示したのは

野田さんに他ならない。愛国無罪の反日テロが起こり、日本企業の

店舗や工場はがたがたにされた。これは野田さんの責任ではない。

シナの責任です。

               *

民主党のマニフェスト違反の消費税。財務省の言いなりになった。

騙された。たとえそうであっても消費税を上げる道筋をつけたことに

対しては自分は野田さんを評価してます。財政を再建し年金などの

社会保障を維持するには消費税は避けて通れない。

北欧並の制度にせんかいと放言しても、それにつれもって北欧並の

消費税率にしろとほとんど誰も言わない。社会保障と税は抱きあわ

せの一体話であって、こっちはやってもらってもこっちは嫌、てなこと

にはなるわけがない。冷静に考えれば、尖閣国有化と消費税という

大きな道筋を野田さんはつけた。

なにせがらくたを寄せ集めた民主党という党そのものが悪すぎた。

               *

保守の期待を集めた安倍総裁が動き出しています。さぁ、お願いし

ます、がんばって下さいよ~♪ というところです。

2%のインフレ導入やええ加減にぼんくらの日銀総裁をクビにする

話によって円は下がり株価はあがってきた。

               *

さて、そこで。『安倍総裁、韓国に特使=額賀氏きょう訪問、親書

携行』(時事通信、21日) えらくまぁ下目から出るものだな~という

感想になる。しかしながら大人の対応ならばと、なるほどといえなく

もない。我慢しよう。

               *

問題は、これ。『竹島の日、政府式典見送りへ』(時事通信、21日) 

悪化した日韓関係の修復を重視するために、式典見送りとはこれ

いかに。この衆院選の政策集に明記していたではありませんか。

まだ首相にもなってない内に早速公約破りですか。

これはいかん崎。自民党政権、今度の安倍内閣でも竹島の復帰は

遠のくのかという強い印象になる。

               *

北鮮がミサイルをぶっ放し、シナとの関係は悪化中、だから南鮮と仲

良しになったふりをするという外交戦術なのかどうかしらないけど、

竹島の日政府式典を反古にするということは、竹島はやはりわが

領土と南鮮の連中に自信と確信をあたえる以外のことでしかない。

またまた禍根が増える。イ・ミョンバクが竹島に足を入れたことにより

せっかくよいあんばいに悪化した南鮮との関係がへなちょこにもど

り、そしてより前より日本が損をするということしか浮かんでこない。

               *

古い昔のことなかれ自民党外交の復活ですか。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 師走のお掃除選挙 安倍政権誕生~♪ | トップページ | 安倍救国内閣が誕生する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/48408031

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島の日 政府式典見送り? 安倍さん 古い自民党外交に復活するのん?:

« 師走のお掃除選挙 安倍政権誕生~♪ | トップページ | 安倍救国内閣が誕生する »