« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

一日も早く安倍政権を誕生させて朝日る戦後レジームから脱却しよう

安倍晋三さんが自民党の新総裁に選出されました。前回は朝日を

核とするアカ連中のネガティブキャンペーンが功を奏し、安倍さんを

総理の座から引き摺り下ろした。

仕上げは民主党のバラマキマニフェストに拍手喝采、政権交代、

チェンジをやったわけで、朝日るアカ連中は我が世の春を謳歌しど

んちゃん騒で今まで楽しんできた。

               *

アカ朝日は今度もやるでしょう。安倍さんは今のところ野党なんだ

けど。笑

安倍さんが掲げた戦後レジームからの脱却は絶対に許せない。国な

どどうなってもよい、わが主張と利権を守り隊。

朝日の主張はその程度だが、たれ流してきた嘘八百記事と売国奴

なる所業を否定されたくないとアカ朝日は矛と盾を磨いている。

彼らの矛と盾の間の「と」をとるとまさに矛盾。世界に色々あるアカさ

ん達は愛国者です。朝日は反日売国を稼業とするわけで矛盾としか

言いようがない。民主主義をシロアリのように食いつぶす小汚い商

業左翼以外のなにものでもありません。

               *

民主党の代表選は野田首相さんが留任。党員・サポーターの投票

率は33.7%だった。前回は66.9%だったわけで、みっともなくも半減。

投票する気も起こらなかったのか?

民主党支持者には朝日るアカが多い。菅さんがもしいまだにしぶとく

首相と代表の座にしがみついていたら(悪夢だけど)投票率は上

がっていたのかもしれません。

今回の自民党の総裁選投票率は、56.92%だった。

               *

朝日るアカが推す縁起の悪い政党が政権を盗ったので、この3年と

いうもの降って湧いた如くの国難続きでした。朝日る戦後を諌める

天罰と言っても過言ではない。それがたまさかお気の毒にも東北の

皆さんに耐え難い辛苦となった。

南海トラフの危険性、日本海側では鳥取・福井・新潟などで歴史的

にも大地震が発生している。天罰は日本列島いずこにも起こる。

被災された東北地方の皆さんの忍耐と我慢強さは世界に誇れる日

本人としての民族性を具現された。ところがどうか。

ガレキ受け入れ大反対運動が各地で起こり、「絆」もくそもへったく

れもない。自分さえよけりゃの勝手な少数の日本人が暴れまくって

いる。やたらめったらの反原発、オスプレイ反対、ガレキ受け入れ

反対、これらの連中は底流朝日るつながりがあり色々とお面をか

えているだけの話です。

祖国をかえりみない世界に恥ずべきみっともない日本人がいること

が本当に残念です。同朋に対する愛情もなければ責任感もない。

               *

我々日本人は世界に類を見ない災害列島に住んでいる。

防ぎようもない自然災害にはなすすべもないところがありますが、朝

日るアカ連中による政治災害は有権者の心掛け一つで防ぐことは

可能です。朝日るアカマスゴミにまどわされないこと、これが今の

日本の最も重要な課題です。

               *

シナの外相は日本が尖閣を盗んだと国連で大演説。台湾もチベット

もわが国わが領土、戦争も辞さない確信的利益だとほざいてる。

相手をぶっ殺しても盗るぞと宣言している。そのやり方の中に尖閣

諸島も我々の確信的利益だと日本恫喝を始めたわけで、これくらい

のことなど国連でいうことは彼らは朝めし前でしょう。

               *

野田政権の尖閣国有化は時期的に適切だったのかどうかと朝日る

マスゴミは騒ぎ出している。東京都が買っていようがどうあろうが、

遅かれ早かれいずれ今のようなシナの現実的脅威に晒されなけれ

ばならなかった。宿命。早く俎上にあがりよかったよかった。

はっきりするし良識ある国民は心構えをする。へーこらへ~こらとシ

ナさまのご機嫌を伺うべきだった論をほざく毎度の朝日る連中の言

い草には辟易する。またかいやの感じ。

               *

日本維新の会の橋下党首さまは、尖閣も北方領土も協力して管理

すればよいなどと言い出したらしい。これが現実論だと言いたいの

だろうけど、小賢しい。

シナロシア朝鮮半島という世界の中の盗人大国に囲まれていて、

最初から百歩も千歩も譲った手打ち論が通じるわけがない。

亡国の政党がまた一つできるのかいなという思いが浮かぶ。

北方領土は、4島に限らず千島樺太以南の領土をいずれ必ず奪還

するくらいの歴史的な正当性を言えないと何が「維新」なのか。

弁護士上がりの中とってチョン話に見えてきてどうもなぁ~と思う。

日本維新の会は公明党より以上の議席を得ることができたら大成

功でしょう。議席が三桁になるなんてアホではないか。

橋下さんが安倍さんの理念にシンパシーを感じているならそれは良

とするけど。朝日る戦後レジームからの脱却をしなければ日本の未

来は絶対にない。国家の自立と日本人が誇りある日本を取り戻せる

環境づくりが必要です。朝日る連中は土下座を強要し、日本及び日

本人を衰退させること以外に目的はない。カルトですよ、カルト。

憲法を守っていつまでも敗戦国の負い目を背負ってると幸せになれ

るなどというそんなカルトです。狂産斜会主義そのものがカルトな

んだし、朝日るマスゴミの餌食から脱却しなければなりません。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売国朝日新聞よ シナ朝鮮半島をええ気にさせてきたお前らこそA級戦犯!

「愛国無罪」。反日教育を徹底し日本は未来永劫敵国だと教えてき

たシナ朝鮮半島人は燃え上がってる。

どこまで行っても終わりナシ。土下座をすればするほど過激になる

一方で終わりは絶対にない。虐めは反撃するまで終らない。

へたれ憲法を後生大事に守るお花畑平和ボケ日本が相手だから、

やりやすい。

               *

ポツダム宣言受諾。サンフランシスコ条約。日韓基本条約。

日中平和友好条約。条約とはケリをつけるためのものであります。

ところがどうか。朝日・毎日新聞や売国左翼などによって、それら条

約には日本側の土下座謝罪不足大有りだと近隣諸国に拡声器と

なって拡散。売国報道を展開。日本のマスゴミがそこまで言ってくれ

るなら、もんくをたれた方が得かいなとやり始めたら効果抜群。

甘い甘い汁を吸わせた。

そして今、日本人の安全と平和が危機にさらされている。

               *

人間の欲と業は難解なもので、最初は嘘八百でも100回1000回言

うと真実だと思い込み、本気度が増してくる。

そして益々虐める相手が憎くなる。その火に油を注いできたのが、

朝日るマスゴミと売国左翼であります。

護憲だ、朝日だ、戦争をしない国にするとやってきて、今は多数の

拉致被害者を出した上にシナ・朝鮮半島人から戦争を仕掛けられて

いるわけでおめでたい。

戦争をしない国にせいと近隣諸国の方にこそ言えよお前ら。

               *

自民の石原伸晃は、尖閣を国が買うなら事前にシナの了解をおうか

がいするべきだった論を総裁選で発言。こいつもアホですな。

野田首相さん以下だよ。鳩山菅の3代目かいな。

               *

さて、A級戦犯はもとよりBC級戦犯では約1000人が絞首刑に

なった。勝った戦勝国には戦犯はだ~れもいなかったのだか? 

むごい結末です。戦争が終ってからぶっ殺されたのだから。

朝日る戦後は、肉親の末永い安寧を願い国家に命を捧げた一人ひ

とりの英霊の皆さまを裏切り、みっともない朝日る売国民主主義国家

として右往左往し続けている。

鳩山の東アジア共同体話は近隣諸国に総スカンを食った。

アホか日本よとけんもほろろに応じた近隣諸国さまの方が普通の国

の大人だった。日本人でも世界常識として通じることのないアホ提

言だと思うのだから、彼らから見ればそのアホさが倍加する。

               *

尖閣の次は沖縄だ、と必ずシナはやってくる。沖縄もシナが主張す

る大陸棚は全部わが領土になる。竹島の次は壱岐対馬だと脳足り

ん民族でさえほざいている。歯止めをしないと絶対に止まらない。

その歯止めとは、日本人全てが戦争を覚悟する強い意志をもたない

とできない。卑怯な朝日る脳足りん左翼は、こんな時こそ外交力で

などと軽々しく言うのだが、軍事力の背景なくして外交も糞もへった

くれもない。世界史、人類史でとことん証明されたきた現実です。

『諸外国の公正と信義』やれなんちゃらという日本国憲法は、戦勝

国が敗戦国におしつけた国家的絞首刑。

諸外国は何事も正しくてお前ら日本は間違ってる、永劫に諸外国

がやることに従え!なのです。

               *

平和でありたい、戦争はしたくない、それは日本人の恒久の願い

です。その積み木を崩し続けてきたのは朝日る連中です。

おい、お前ら、責任をとらんかい!

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日る卑怯ないかれポンチにいつまで日本を乗っ取られ続けるのか

何の決断もせずに先のばし先のばし。結果は悪くなっていく一方。

ガンがどんどん広がり大きくなっていく。

そのガンとは、国と我が身を天秤にかけて、我が身がよくなりゃそれ

だけでええのだと、そういう決断だけしか出来ない政治家、朝日る

マスゴミ、官僚、どいつもこいつもであります。

タチの悪い進行ガンで、改善の兆しまったくなし。大事な体は国民

なのだが、薬も飲ませないし手術もさせない。朝日る売国屋は、ガン

細胞を広げる悪しき栄養剤になっている。

               *

体制、反体制とある。日本の体制側とはいったいどんなもんなので

しょうか。通念的には体制は国でありイコール愛国保守であるとい

うイメージ、反体制の我々朝日るモノは革新なのだ、なんちゃって。

体制側は悪であり、反対派は正義なのだと吹聴しまくってきた。

我々革新こそが市民の味方であり、戦争のしない国にすることをモッ

トーに生活第一以外の政治はナシ! てなあんばい。

               *

戦後日本は朝日る社会主義国家であって、性根がより悪いのはこ

れが良識なのだという言葉を乱用して売国をいとわない。

国益を尊重するなんてことをいうと朝日る仲間から総括をくらう、とに

かく我が身が可愛いので国民の利益などそっちらけで彼らにとって

は選ばれた市民のために言動すれば我が身の立場も守れるし、儲

けもできる。そんなもんではないか。

               *

日本では体制側が反日左翼であり、反体制派は愛国保守なので

す。へんてこりんですよ、これは。朝日毎日その他諸々の売国新

聞、大手なおTV各局すべて体制派のちょうちん持ちをし、日本を弱

体させ平和ボケ国民にすることを洗脳し続ける。

それがマスゴミの本分なのだと、悪どい商売を成り立たせ続けて

いる。売国反日をネタにして善良なる国民から愛国を搾取する。

これが実態です。

               *

ひところ官僚制社会主義という言葉がはやったこともありました。

それは言葉のあやで本当の社会主義ではないのだという意見もあ

るけど、だったら官僚制無責任社会主義とした方がよい。

イ・ミョンバクの竹島強盗訪問、盗人帝国シナの尖閣いちゃもん、そ

れになんとこんな時期に日朝協議らしくものもやりだした。

次の選挙のアテもない民党党政権は、みっともなくも汚くも国益そっ

ちのけのダボハゼ状態。野田首相さんはわざわざ記者会見をして

竹島と尖閣に対する思いを発信したのだが、イ・ミョンバクの天皇陛

下に対する無礼な発言に何のクレームもつけなかった。

絵は書こうとしたけど目は描かない。日本人のたましいなし。

屁のような会見でした。

               *

我が身の無能を隠したい、しんどいことはやりたくない外務官僚は

間抜け民主党政府を相手国の言い分を聞かないと大変なことになり

ますよと脅して説得する。能無し政治家はへなへなとなる。

熟慮だ熟慮だ穏便に穏便にの売国朝日も洗脳報道で呼応、結果全

部近隣諸国さまからのやられ放題損でおしまいになることでしょう。

嘘八百の従軍慰安婦報道のあんばいがおかしくなってきたので、朝

日は左翼お得意の議論のすりかえを平然とやり出し始めた。

河野洋平は朝鮮日報の取材だけを受けて、オレが喋った談話は間

違いないとあちらに売国約束の上塗りを最近やっている。

               *

南朝鮮には「親日派財産没収法」がある。すごいね。笑 

参考にさせてもらって、いずれ保守体制の日本が誕生すれば朝日

屋に毎日屋、その他朝日る連中が残した財産を全部国庫に入れさす

ような法律を作ってもらいたいものです。

政治屋、官僚、朝日るマスゴミ、それに巣食った連中の百傑を選び

出し、『売国奴の碑』を設けたいものです。

日本を売った朝日新聞論説主幹若宮啓文とか。パチンコ好きの土

井たか子とか、慰安婦でっち上げの福島瑞穂とか、候補者が多すぎ

て百人だけしか選べないと大変な労力がいりそうです。

               *

あほらしい近いうち解散話で、政界はごちゃごちゃ。

領土領海へったくれもなく、次もまた当選したいだけの議員がてん

こもり。原発反対のデモ屋と会って話しした首相。橋渡しをしたの

は菅ちゃん前総理とか。これからデモをやったら総理と直接会談

できるのか? 何のために国会があるのかいな。

書くのもあほらしい。こんな政権与党など1分1秒でも早く消えてし

まえ。朝日毎日NHKは日本を衰退させる悪の枢軸。アホばかりがよ

くもここまで揃ったもんだ。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »