« 石垣市議尖閣諸島に上陸 孤独な戦いにしてはいけない | トップページ | アメリカから日米同盟を破棄される まったくありえないことではない »

へなちょこ民主主義を悪用する朝日る左翼

アハハ。山岡大臣は内閣府職員に向かって、「ユーロは近々破綻す

る」「中国のバブルも破裂する可能性がある」と5日の年頭訓示で能

書きをおしゃべりになった。ご苦労さまです。

               *

あながち間違ってはいないご見解ではあります。お友達と飲み屋で

話すならうんうんということになるだろうけど、なにせ日本国の大臣さ

まなので公的に言って良いことと悪いことがある。

立場は芸コメ屋ではない。マスゴミ屋と部下がいるなかで鋭いこと

を喋って認めてもらいたかったのかもしれないが、アホですね。

国家公安委員長として、マスゴミ相手にオウムの平田がようやく出

てきやがったくらいのことを喋った方がよかったのではないか。

               *

オウムの平田信容疑者さんのことだが、大阪から逮捕されにわざわ

ざ上京したようなことが取り沙汰されている。全国指名手配なのだか

ら大阪でも逮捕されたいという希望は叶えることはできた。

何も新幹線代を払って東京まで行く必要はない。これから色々なこ

とが尾ひれもついて出てくるでしょうけど、彼の潜伏を支える人間及

び組織が存在したことは確立高く想定できる。

               *

本来なら1995年に地下鉄サリン事件を起こした時点で「破防法」を

適用すべきでした。朝日る左翼は猛烈に反対した。

こんな事件を起こさざるをえなかった社会や国にも責任があったと

か何とか、毎度の朝日る屁理屈であります。

1971年に発生した革命的共産主義者同盟らによる渋谷暴動事件で

は破防法が適用されました。この事件は沖縄返還協定批准阻止闘

争なるものであって、これらのへんてこりんな国衰主義者が今でも

沖縄基地問題で暴れている。破防法適用→極左→左翼につながる

ことが多いので、朝日る連中は仲間を助けるために大反対する。

               *

朝日る左翼にシンパシーを持つ戦後の日本的民主主義社会にお

いては、国や社会の手足を削ぎ取る連中に対してはやたら優しい。

仲間意識で犯罪者を救おうとする。

それによる被害者にはめちゃんこ冷淡で、ヒューマンも人道のかけら

も感じられないことが多い。死刑囚の命を助けることに熱心な今の

平岡法務大臣や、それを平然と無視し続けている野田政権も無責任

極まりなく、犯罪者と被害者への法の平等がはかれていない。

政治もマスゴミもええ加減なのです。護憲屋が死刑執行を守らない。

               *

本日の書きこのまとめとしては、山岡大臣さんはええ加減な政治家

であり、問責決議を守らない。売国左翼議員が多い民主党を守る

ために、朝日るマスゴミ人などは問責決議など法的拘束力はないの

だからと偉そうに擁護する始末。

オウムの平田容疑者の突然の出頭も、社会正義を守る努力を長

い間口ばっかりで何もしてこなかったええ加減な流れであって、

漫画チックな話であります。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 石垣市議尖閣諸島に上陸 孤独な戦いにしてはいけない | トップページ | アメリカから日米同盟を破棄される まったくありえないことではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/43646283

この記事へのトラックバック一覧です: へなちょこ民主主義を悪用する朝日る左翼:

« 石垣市議尖閣諸島に上陸 孤独な戦いにしてはいけない | トップページ | アメリカから日米同盟を破棄される まったくありえないことではない »