« 朝日る民主党政府の シビレタコントロール | トップページ | 祝 天皇誕生日 »

報道の真実と品質が問われる次の時代に突入 既得権たっぷりの第四の権力を叩きつぶせ

『不安やわらげ転換うながせ』(北の後継者にどう臨む)「座標軸」

なるシリーズものとして朝日新聞主筆ー若宮啓文のご見解が本日

掲載された。「不安やわらげ」とは、日本国民の不安をやわらげる

のではなく、北鮮の不安をやわらげよ、という誠にとんちんかんなご

意見にまたまた今度も驚きました。

               *

金大中がせっかく太陽政策をとったのに、ブッシュが出てきて北

を「悪の枢軸」と言ったと書く。『小泉純一郎首相の訪朝と日朝平壌

宣言は大きな風穴を開けて世界を驚かせたが、予想を超えた拉致

問題の展開で日本が独自の立場に立たされた。もとより中国やロシ

アの態度には甘さがぬぐえない。そうしたちぐはぐさの中で北朝鮮

が核実験に突っ走ったのではなかったか。』 金大中のとった態度

は正しかったが、小泉さんによる拉致被害者救出やブッシュの態

度が悪かったからやむをえず金正日は核実験をしたのだ、という若

宮啓文のご意見に受け取れる。相も変わらない言い分です。

               *

日頃の社説の約1.5倍の6段ぶちぬきの面積であれこれ書きな

がら、拉致被害者のことについては2行くらいで終っている。

それも救出しなければならないという同朋に対する愛もうかがえず、

こんな問題があるくらいの表現でけんもほろろ。

誠にクールというか冷血漢というか、普通に血の通った人間ではな

いのではないか。「今こそ拉致被害者を救出しその家族の不安をや

わらげる時だ」くらいは主張してもらいたい。

これが反日売国地球市民朝日を代表する論客さまのご意見であり

ます。

               *

『朝日新聞「アサヒコム」終了、来年初めに「有料版」に一本化

有力』(20日、Jcast) 建替関連損失引当金繰入額として43億

6500万円の特別損失を計上したこともあり、朝日新聞社の第2四半

期は純損益19.76億円の赤字になった。

営業損益・純損益ともに前年同期に対し赤字転落。ご苦労さん。

               *

てなわけで日経新聞と同じように、「アサヒコム」イコールネットに掲

載する記事は、来年早々より有料化になるそうです。

『良質なコンテンツはタダじゃない』(喜多恒雄、日経新聞社長) 

それは確かに。反対しません。同意です。

もっとも良質かどうかは発信する側ではなく受けとる側の評価にな

るわけで、発信する側が威張ってもらってはそれはどうだか。

価値は買う側が決めるものなのです。殿さま商売の感覚は当分なお

らないでしょう。なにせ第四の権力者だとまだ思い込んでいる。

               *

やがてその他の新聞社も地方紙も、ネットで稼ぎたいというか売上

高の落ち込みをちょっとでもおさえたいということで遅かれ早かれ

追随することになる。ネットがもたらせた情報の民主化によって、記

事及び報道の品質が厳しく問われる時代に既に突入しています。

国民のメディアリテラシーが向上するに反比例して、既得マスゴミの

売り上げが落ち込んで当然。多様化したことと、あって当然あたり前

の情報の品質が問われることになった。

ようやくあたり前の時代がやってきたのではないでしょうか。

               *

シナや北鮮のように門戸を閉ざすメディアマスゴミは増えるだろうし、

同じくそれに反比例して門戸をひらく新しいメディアマスゴミが誕生し

てその穴をきれいに埋めることになる。

進歩は止まらず後退はしない。それが世の中というものです。

勿論NHKも分割民営化しないと不平等です。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 朝日る民主党政府の シビレタコントロール | トップページ | 祝 天皇誕生日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/43471146

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の真実と品質が問われる次の時代に突入 既得権たっぷりの第四の権力を叩きつぶせ:

« 朝日る民主党政府の シビレタコントロール | トップページ | 祝 天皇誕生日 »