« 民主党は卑怯者の寄り集まり | トップページ | オーナーは官僚 野田課長安住係長内閣は早々と国会を閉じる »

やむにやまれぬ変革の時代 負け犬根性の戦後などとっくの昔に終った

真珠湾攻撃云々。半世紀以上が過ぎ去りました。世界は大きく様変

わりしました。今はEUという白人社会だけの民主主義らしきものが

銭金問題で混迷しています。シナは軍事力とお金のパワーで大躍

進をし、近隣諸国どころか世界の覇権を握ろうとしている。

主だった狂産斜会主義国家は消え去り、イスラム原理主義が台

頭。金融工学なる資本主義もよれよれです。

               *

かの大戦は日本だけが悪かった話をいつまでも延々と続ける朝日

る連中やNHKの頑迷固陋さは、参院で問責決議案が通っても野田

総理が一川・山岡なるあんぽんたんを守ることに拘泥している間抜け

さと通じるところがある。我自らを客観視できない石頭というべきか。

性懲りがない。日本を取り巻くステージやロケーションがころっと変っ

ているのです。

               *

『ネズミは仲間見捨てない…米大学チーム確認』(9日、読売) 

一川・山岡を大臣として守る、この点では野田総理もしかりなので

しょう。心からの発露なのか、結局は自分の立場と政権だけを守る

ためなのか説明するまでもありません。

               *

横道にややそれますが、戦後やたら仲間を見捨てる日本人が数多

いこと、嘆かわしい限りです。政治家、官僚、マスゴミ、オリンパスの

あんぽんたん経営陣等々。自己中心人間が増殖した。

ネズミ以下がどうしてこれだけ増えたのか。

何が大事かというとこれからの日本、社会、そして未来です。

英霊を始めとする先人に対する感謝と敬意なくしてありえない。

日本を敵対視する国家教育をやっているシナ・朝鮮半島が隣国に

あり、相変わらずの盗人国家であるロシアが存在し、朝日るお花畑

平和国家日本はかりそめの立ち居地にある。

               *

郵貯、保険等々日本の金庫に手を突っ込んでアメリカの雇用は増や

すと宣言しているオバマ・アメリカがTPPを押し付けてきている。

自前の防衛力さえあれば、近隣諸国からの虐めもアメリカの圧力も

全て解決できる話なのです。大東亜戦争がどったらこったら、日本

軍だけが悪かったなどという自虐話は一向に治癒できない悪性の

慢性病のようなものであって、活力を奪う貧乏話になっている。

               *

戦後の朝日る自虐的な歴史観は、負け犬根性と謝罪と命乞い以外

に何が有益だったのでしょうか。結果誇りをなくした日本がある。

今の子供達に誇りある日本を譲れるのでしょうか。譲れません。

なにせ自虐と土下座を次代への遺産とするバカばかしい連中が

今尚跋扈している。朝日るナベツネというべきか。

               *

世代交代が必要です。各界各分野に言える。橋下新市長のような

世代がどんどん世に出てくること。彼の国家観は不明ながら、大阪

の政治はダイナミックに変貌しかけている。

動けば何かが開けてくる。何もしないのが一番悪い。

本日も英霊に感謝です。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 民主党は卑怯者の寄り集まり | トップページ | オーナーは官僚 野田課長安住係長内閣は早々と国会を閉じる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/43317972

この記事へのトラックバック一覧です: やむにやまれぬ変革の時代 負け犬根性の戦後などとっくの昔に終った:

« 民主党は卑怯者の寄り集まり | トップページ | オーナーは官僚 野田課長安住係長内閣は早々と国会を閉じる »