« 朝日る民主党政権が誕生して以来 悪いことばかりが続く | トップページ | 野田さんよ あんたも総理の器ではない »

開国どころかTPP参加は平成の売国 野田首相さんは井伊大老ですか

あらら、環太平洋戦略的経済連携協定、すなわちTPPを議論する民

主党のプロジェクトチームさんは本日(9日)提言をとりまとめた。

なんちゃって。おおげさな。出した結論は『首相に一任』ですと。

               *

この何ちゃらチームは、国民向けのガス抜きチームだったのか。

議席だけは守り隊の民主党なのだから当然の成り行きだったと思

える。お笑いですね。実態は野田首相さんの後押しをしただけの

ことであって、実りある議論さえなかった。

政商がよりあうとこういうことになる。

               *

昨日、国民新党の亀ちゃんはTPPに反対だと野田首相さんに直

談判に行った。これも郵政利権仲間向けの演技であって、オレの話

を聞いてくれなかったからと与党を離脱するわけでもない。

朝日るマスゴミは「党が分裂」なんちゃって言葉を羅列して、さも

真摯に民主党内が議論しているなどというムードをかもし出すかの

報道をしたのだが、離党してまで政治家としての意地と責任を通す

議員が誰一人出てこない。大山鳴動ネズミ一匹ということわざがあ

りますが、そのネズミ一匹さえ出てこなかった。

これが今の日本の朝日るマスゴミ権力内で右往左往する政治家力

であります。

               *

『「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権

に要請』(9日、ロイター) 『「日本は長い間、国内市場を意味のある

競争から保護してきた」と指摘し、米国は日本政府が本気で市場

を開放し、米自由貿易協定(FTA)が求める高い水準を満たす用意

があるのかを十分確認する必要があるとしている。』 

と、狩猟民族の政治家さん達がぬかしております。

               *

安政5年(1858年)に日米修好通商条約が結ばれました。

歴史的に有名な不平等条約です。日本に関税自主権がなかった。

大老の井伊直弼が天皇の勅許がないまま締結し、桜田門外の変

を惹起した。何だかその時代に戻ったような感がある。

オバマという口先男の黒船に対して、政治もマスゴミもばたばた

している。TPPで「開国」だというなら、確かにあの時代の日本に戻っ

たのかもしれません。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 朝日る民主党政権が誕生して以来 悪いことばかりが続く | トップページ | 野田さんよ あんたも総理の器ではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/42943150

この記事へのトラックバック一覧です: 開国どころかTPP参加は平成の売国 野田首相さんは井伊大老ですか:

« 朝日る民主党政権が誕生して以来 悪いことばかりが続く | トップページ | 野田さんよ あんたも総理の器ではない »