« 党利党略個利個略から抜け出て今こそ政治は未来の展望を示唆せよ | トップページ | 一川防衛大臣 ブータン国王に手紙で謝罪? »

ルール違反をする悪い奴ほどよく眠る マジメな日本人が損をする風潮であってはいけない

原監督さんの甥である東海大の菅野投手が、日ハムのドラフト指

名を蹴って1年間浪人することを決めた。そうですか。

ドラフトで指名した日ハムには拍手です。ご苦労さまでした。

               *

江川、元木、長野、その他諸々。巨人はドラフト制度を踏みにじり

続けている。金をばらまいて有力選手を略奪することをやり続けて

いるのだが、なかなかリーグ優勝がままならない。

あはは、と笑います。勝負の神や仏が巨人の勝手をいさめているの

ではないかと思いたい。

               *

プロ野球界に就職する、そしてプロ野球全体のファンを守り発展さ

せる、そういうコンセンサスが野球界に深く浸透しなければ衰退こそ

すれこれ以上繁栄することはないのではないでしょうか。

「巨人の選手は紳士たれ!」なんちゃって。あほらしい。

               *

85歳の渡邉恒雄さんはいまでも読売新聞の「主筆」さんだという。

手放さないのにはよほどこの肩書きに魅力があるのでしょう。

売国の急先鋒「主筆」さんとしては、朝日新聞の若宮啓文がいる。

国衰のためのテロ屋的言論を戦後朝日は拡散してきた。

既成政党のいずれもが今まで朝日的言論におどり続けてきまし

た。ポピュリズム政治は拉致被害者をたくさん北鮮に送り出し、

国家衰退の土壌に毒素を加えてきたのが朝日的マスゴミです。

彼らの成果は、金持ちでお気楽な反国家反社会左翼をやたら増やし

たくらいではないか。

               *

テロ屋といえば、オウム真理教元幹部遠藤誠一被告(51)の上告

審判決で最高裁は21日棄却した。これで189人が起訴されたオウ

ム真理教人殺し集団の裁判は終結とのことです。

地下鉄サリン事件は1995年であり、ここまでくるのがやたら長

かった。日本の裁判制度はこんなことでよいのでしょうか。

               *

『オウム真理教をめぐる一連の事件の裁判終結を受け、教団の主

流派「アレフ」は21日午後、「性急に事件の幕引きを図ろうとし、見

切り発車するかのごとく死刑執行を急ぐようなことがあれば、社会に

対して取り返しのつかない禍根を残すことを恐れる」とするコメント

を出した。』(21日、時事通信) 

やったことに対する根っからの反省がない。民主党政権だと死刑執

行をしないので、オウムの死刑囚の連中もおお助かりでしょう。

               *

暴力主義的破壊活動を行った団体を規制する措置を定める法律

である「破防法」を有効に適用すべきです。共産党や諸々の極左

集団、朝鮮半島出のヤクザ右翼、朝鮮総連を掃除することができる

かもしれない法律です。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 党利党略個利個略から抜け出て今こそ政治は未来の展望を示唆せよ | トップページ | 一川防衛大臣 ブータン国王に手紙で謝罪? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/43094071

この記事へのトラックバック一覧です: ルール違反をする悪い奴ほどよく眠る マジメな日本人が損をする風潮であってはいけない:

« 党利党略個利個略から抜け出て今こそ政治は未来の展望を示唆せよ | トップページ | 一川防衛大臣 ブータン国王に手紙で謝罪? »