« 人権抑圧激化により 増え続けているシナの暴動  | トップページ | 釜石では被災者からほめられた菅さん あれって ホンマでっか! »

実りのないスタンドプレーばかりのこんな与党では 国民投票の間口を広げてもらいたい 

『イタリア国民投票、原発反対票94%に』(14日、読売) 12~13

日に行われ、投票率は54.79%、原発再開への反対票は94.05%。

イタリアは使用電力の約10%くらいは、フランスとスイスから買って

いるという。この結果でその割合はもっと増えるのでしょう。

               *

全エネルギーを原発以外だと決めたことによりイタリアの皆さんはさ

ぞかし気持ちがよいことでしょう。意地悪にいうと、フランスの原発か

ら出た電力を現実に買っているわけであり、今後も買い続ける気持

ちなのだろうし、素直にはほめられないところがある。

ドイツもそうです。フランスから1部買っている。

               *

原発のことから横道にそれますが、イタリアは国民投票をけっこう

やっておられる。安倍政権において「日本国憲法の改正手続に関

する法律」が成立しました。戦後60猶予年放置されてきたのですが

安倍元首相の努力によって成立したことは大きな前進です。

今のような政治家連中では、国会において憲法改正三分の二以

上の賛成云々ではいつになるやらさっぱりわからない。

国会そっちのけに、まず憲法改正是か非かの国民投票をやってもら

いたいと切に思うところです。

               *

菅首相の居座り、震災復興対応など間接民主制が原則だといって

も、国会と国民との間に認識の乖離がかなりありすぎる現状が露呈

しています。選挙で選ばれた民意の代表者である政治家連中なの

に全然役に立たない。

かと言って本来の左翼の下心にある直接民主制は、ナチスや共産

社会主義国に多い一党独裁国家を生み出すわけで頃合いが難しい

のではあります。

               *

だけど憲法改正だけに限られる国民投票の間口を少し広げるべきで

はと思う次第です。それでも朝日や毎日などのマスゴミの洗脳活動

は相変わらずでしょうけど、この問題に対して自分が賛否を投じるこ

とにより、結果によって国の政策が大きく変るとなれば真剣にならざ

るをえない。今までのようなお任せ民主主義とはいかなくなる。

有権者を育てる意味でも民主主義国家であるイタリア程度の国民

投票は我が国でも必要ではないかと思うのですがどうでしょうか。

               *

『小沢氏ら造反8人、3か月の党員資格停止』(14日、Jcast) 

不信任案採決に欠席棄権した議員は15人。当選1回5人は厳重

注意のみ。病欠2人は処分ナシ。採決前まで除籍だ、党を離れろと

脅した執行部ですが、結果は実にふぬけたもの。

菅さんもケジメなしだが党もケジメがない。鳩菅のええ加減な約束

文書の1番目は、「民主党を壊さないこと」 2番目は、「自民党政権

に逆戻りさせないこと」。国より国民よりは、党が大事だと合意した。

器の小さいへなちょこ政党だとつくづく思います。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 人権抑圧激化により 増え続けているシナの暴動  | トップページ | 釜石では被災者からほめられた菅さん あれって ホンマでっか! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/40396764

この記事へのトラックバック一覧です: 実りのないスタンドプレーばかりのこんな与党では 国民投票の間口を広げてもらいたい :

« 人権抑圧激化により 増え続けているシナの暴動  | トップページ | 釜石では被災者からほめられた菅さん あれって ホンマでっか! »