« 原発が事故っても一企業の問題におしつけてきた朝日る国のありように問題がある | トップページ | 政治は三流だが国民は一流だと海外から評される日本人に誇りを感じる »

松本外相は「恩知らず」の朝鮮半島に敵討ちをせよ

『中学校教科書検定:竹島問題、全社が記述』(3月30日、毎日)

『竹島については北方領土と同様に解決しなければならない領土

問題があるが、尖閣諸島には領土問題はない』 あたりまえのこと

をようやく教科書に記述することになった。だけど創氏改名に関す

る記述、南京事件に対する記述に土下座後退が見られるようであ

り、しばし内容を把握しないと評しがたい。

               *

ところが、『竹島問題:「脅迫・妄言」と松本外相を非難、実効支配

を強化=韓国』(4月2日、サーチナ) 朝鮮半島のあんぽんたんが怒

るのだから、教科書検定内容の効果があったのか。

松本剛明外相の母方の祖母の祖父が伊藤博文さん。

1909年10月26日、ハルビン駅でテロリストである安重根の凶弾に倒

れ死亡した。松本外相が朝鮮半島に敵討ちをするなら応援したい気

持ちです。極貧の朝鮮半島に近代化の光を与えた恩人である伊藤

博文を殺すのだから、まさに「恩知らず」の極みではありませんか。

               *

松本外相さんは、3月30日と31日南鮮の駐日大使による抗議訪問を

受け付けなかった。ほほう、えらい。

『韓国メディアは「松本外相が竹島への攻撃は日本への攻撃だと

妄言(もうげん)」、「議会でも独島領有権主張を露骨に現した」、「権

大使の抗議に事実的な脅迫をした」などと批判した。』(サーチナ)

               *

突然外相に選ばれた松本さんだが、なかなかやってるではありま

せんか。嘘、あるいは事実を隠した戦後の教科書検定を長年中途

半端にやってきたのは自民党政権です。

竹島・尖閣・千島樺太北方四島。自民党は朝日る売国左翼に屈し

てきた。日頃民主党の悪口は多いのだが、自民党もロクでもない

政党だと思う気持ちはいっぱいある。

               *

で、松本外相さんはいったいいかなる人物だったのか、もっと調べな

ければならないのではありますけど。オオカミ少年の前原さんよりは

ましかもなんて。何でもええから骨のある政治家を待望します。

たくさんいる小商人政治家はもうけっこうです。

大連立で谷垣が首相に? 軟弱だろうなぁ~と。

後藤田正純、河野太郎、こういう類の連中は社民党に行った方がえ

えのではないか。自民党も色々ですよ。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 原発が事故っても一企業の問題におしつけてきた朝日る国のありように問題がある | トップページ | 政治は三流だが国民は一流だと海外から評される日本人に誇りを感じる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/39474845

この記事へのトラックバック一覧です: 松本外相は「恩知らず」の朝鮮半島に敵討ちをせよ:

« 原発が事故っても一企業の問題におしつけてきた朝日る国のありように問題がある | トップページ | 政治は三流だが国民は一流だと海外から評される日本人に誇りを感じる »