« 日本を救う道は 福島原発の現状を包み隠さず世界に正直に公開し発信することです 正直者の日本になろう | トップページ | 松本外相は「恩知らず」の朝鮮半島に敵討ちをせよ »

原発が事故っても一企業の問題におしつけてきた朝日る国のありように問題がある

『「来るのが遅い」 首相の被災地視察に冷めた目 東日本大震

災』(2日、産経) 両陛下は30日に東京武道館で避難生活を送る東

日本大震災の被災者を慰問されました。震災後福島原発を見物に

行って、今はあまりにもタイミングが悪かったのではないかと非難さ

れてる菅ちゃん首相。両陛下が被災者を慰問されているのに首相で

ある自分はどんなもんじゃいと問いながら行ったのでしょう。

               *

菅ちゃんは戦後社会を牛耳ってきた朝日るマスゴミの寵児(ちょうじ)

です。朝日新聞は、民主党が野党時代に菅ちゃんよ都知事に立候補

しろいしろいとおすすめ推薦社説を書いてきた。

可愛くなければ書けるものではない。朝日の二番煎じである毎日新

聞論説副委員長の与良は、民主党政権を誕生させることは悲願でし

たと関西の毎日TVで発言。場所が東京ではなかったので本音を

喋った。知人の話では大阪の毎日は、民主党のチンドン屋らしい。

福岡、北海道、名古屋、田舎のマスゴミは古臭い反日から脱皮

できずにいる。

               *

『自衛隊は中国軍の敢闘精神に及ばない―台湾メディア』

(4月1日、サーチナ) 『自衛隊の本来の任務は、核・生物・科学兵器

による攻撃を受けた時に、現場で放射線量を測定し、汚染除去作業

にあたること。しかし、自衛隊用の防護服は、有毒な気体やチリ状

の放射性物質から身を守ることはできるが、原発の放射能漏れは想

定していない。陸上自衛員は「我々ができることは、専門知識を持っ

た原発職員や専門職消防隊員に対する支援と協力に限られる」と

話した。「今日新聞網」は、日本の自衛隊に比べ、2008年四川大地

震発生後の中国人民解放軍には、「死を全く恐れない」敢闘精神が

みなぎっていた。』

               *

引用が長くなって恐縮ですが、含蓄のある記事だと思います。

日本人である自分は、被災地での自衛隊は100%どころか200%以

上の努力をされていると思います。自衛隊とシナ軍を同じ尺度で評

価することなど到底どころか全くできない。根底からシナ軍と自衛隊

は立ち居地が違う。斜民狂産朝日るマスゴミからは、自衛隊などいら

ないといわれてきた。自衛隊に原発事故対応を押し付けるのは酷。

               *

戦後左翼、朝日屋に毎日屋にNHK屋、フジTV屋に日本TV屋、あげ

つらえば切がない。どいつもこいつも自衛隊の存在をボロクソに報道

してきたではありませんか。シナ共産党と敗者に押し付けた憲法をあ

りがたく護憲している亡者国と比べられてもステージが違う。

原発に問題が生じても、基本は一企業一東京電力に全部お任せ。

国民を思い国家を大事にするのであれば、到底こんな仕組みは出

来なかった。国を守る安全保障などいらないと叫んできたのが、

社民・狂産・朝日屋・毎日屋・NHK屋なるあほだらメディアマスゴミで

あります。

               *

○○市民左翼は今何をやってるのか。東北大震災をネタにして勢力

拡大を狙っている。秘書給与ごまかしの詐欺師政治家辻元清美は、

ピースボートの傘下にNPOやボランティアを子分にするべく画策し

ている。被害者の救済など心根の端にもあるまい。

菅ちゃん任命により国家権力を背景に辻元清美は火事場泥棒をや

らかせようとしているのではないか。

左翼が国家権力を背景にするとナチになる。

               *

平等の目線で付け加えておきたいのは、長年の自民党政権にお

いて、原発事故に対する国としての安全保障体制が構築されてこ

なかった現状を猛省しなければなりません。日本人政党とは言いが

たい地球市民政党(無責任)である民主党、加担してきた朝日るマ

スゴミ、頑迷な与迷い左翼に押されて普通の国としての国の役割を

構築できてこなかった。国(イコール国民)が口を出すとなにかにつ

けて猛反発してきたのは国衰左翼勢力です。

               *

枝野官房長官だけの責任とは言わないが、国家と東京電力=福島

原発事故は根本的には責任の所在が違うのだ、という土台の発想

こそが大問題であります。前々から自衛隊に原発がもし事故った時

に国家の安全を守るためにやってくれよという取り決めと準備を要請

していたら、福島原発における対応もかなり違ったのではないかと

思います。

               *

手あせ足かせをはめてこられた自衛隊と、シナ軍を同じレベルで比

較するのは酷というものですよサーチナさん。

だがいざシナが日本を侵略してきた時、1番強い日本人の底力を持

つ自衛隊はシナ軍に精神力で負けることはない。

核爆弾をぼこぼこに撃ち込まれたら無念だが日本はシナに負ける。

皆殺しにされる。タイマンの戦争になればそれしかいえない。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 日本を救う道は 福島原発の現状を包み隠さず世界に正直に公開し発信することです 正直者の日本になろう | トップページ | 松本外相は「恩知らず」の朝鮮半島に敵討ちをせよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/39462635

この記事へのトラックバック一覧です: 原発が事故っても一企業の問題におしつけてきた朝日る国のありように問題がある:

« 日本を救う道は 福島原発の現状を包み隠さず世界に正直に公開し発信することです 正直者の日本になろう | トップページ | 松本外相は「恩知らず」の朝鮮半島に敵討ちをせよ »