« この時期特に弱味につけこむカルトや左翼にはご注意下さい | トップページ | 日本を救う道は 福島原発の現状を包み隠さず世界に正直に公開し発信することです 正直者の日本になろう »

どさくさこれ幸いと まだ国を売るのか社民・狂産・民主党

『民主党がお揃いの防災服新調 党内から「パフォーマンスしてい

る場合か」の声』(31日、産経) ずっと書いてますが人気をとることし

か頭にない。チンドン屋政権、そんなチンドン屋与党に国をゆだねて

いる。辟易します。

               *

これにはびっくりです。『日独友好決議の採決見送り』(31日、産経)

『先の大戦で日本の行為をユダヤ人大量虐殺などナチスの戦争犯罪

と同一視していると受け止められかねない表現があったため、自民

党が反発。与野党間で文言の修正協議が行われていたが、共産、

社民両党が修正に難色を示したため採決を見送った。』

               *

どさくさに紛れて何をやってるのでしょうか。自民党はよく反発した。

拍手です。ナチスと三国同盟を結んだとは言えども、あの時のドイツ

と日本が抱えていた中身は全然違う。やったことも違う。

そう思う自分の根拠を書けばいっぱいあるのですがはぶきます。

ブログが長くなる。

               *

斜民・狂産・民主党がタッグを組んで、大震災のどさくさにつけこんで

日本を売るしつこいレッテル貼りをしようとしている。

朝日る毎日屋左翼の根性は恐ろしい。

               *

自分はドイツは好きな国です。フランスよりは好きです。戦後ドイツは

ナチスと一線を画している。そのために彼らは努力をしてきた。

ナチスとドイツとは違うのだと。そうでもあるだろうし、商売上手とも言

えなくもない。でも、そういうドイツを否定はしない。

国益のために頑張ってきた、立派な根性だと思う。

               *

で半世紀以上が過ぎて、我が日本がナチスと同罪でしたと認めたが

る売国根性とはいかなるものか。だったら国を売る前に自分を売れよ

と言いたい。我が身を痛めず、国益に傷をつけまくっている。

アウシュビッツのナチスと白人の植民地主義に抵抗した日本とは心

の素性が違う。比べようもない。

いくらでも本国に帰れる朝鮮半島人が、いまだに日本にへばりつい

ている事実とはいかなるものか。居心地が良いからです。

               *

あれだけ仲がよさげに見えた北朝鮮に乗り込んでいって拉致被害者

の1人でもかえしてもらう行動も努力も見せず、まだ売国にいそしむ

ニート左翼を抱えて大震災の復興をやり遂げなければならない。

大変な現状ですが、耐えて頑張りましょう、日本人の皆さん!

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« この時期特に弱味につけこむカルトや左翼にはご注意下さい | トップページ | 日本を救う道は 福島原発の現状を包み隠さず世界に正直に公開し発信することです 正直者の日本になろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/39435774

この記事へのトラックバック一覧です: どさくさこれ幸いと まだ国を売るのか社民・狂産・民主党:

« この時期特に弱味につけこむカルトや左翼にはご注意下さい | トップページ | 日本を救う道は 福島原発の現状を包み隠さず世界に正直に公開し発信することです 正直者の日本になろう »