« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 主権在民の質も問われる 興国の年 »

仙谷・菅ちゃん政権の初仕事は解散総選挙をすることです

菅ちゃん首相は年頭所感を発表。「本年を、明治の開国、戦後の開

国に続く平成の開国元年にする」

               *

能力のない人間は冠を被りたがる。身なりでごまかそうとする。ハッタ

リをかます。戦後の開国とはいったいなんぞやと問うてみたい。

               *

最初は奇兵隊内閣と称した。英雄・高杉晋作は、それはいったい

何じゃらホイと天国で思っておられることでしょう。

今度は「開国」? 維新だのやれなんだのと、やたら飾りたがる。

党是なく国家をどうしたいという信念もない歳費利権政治屋がよくも

これだけ民主党に集まっているものです。

政党政治家が烏合の衆。

               *

東アジア共同体構想とほざいた鳩ぽっぽのお話は、日本最後のおめ

でたい鳴き声のようなもので、アジアでの日本の立ち居地そのもの

が没落した。一党独裁のナチス・シナが、今年は益々ふくれあがるこ

とでしょう。人類の文化は、軍事力によっていつの時代でも大きな影

響を受けてきました。世界史の道理です。

               *

専守防衛なんてのは巨人が毎年優勝するような安心理論であって、

アテにはならない。かわる外交力はいかばかりかというとこんな按

配です。じりじりと後退し、じりじりと領土領海を削り取られて行く。

しかも悪夢ではなく現実に直面している。

               *

マルクスちゃんは、革命は歴史で繰り返されると言っておられる。

世の中安定しっぱなしはないと言ってるわけで、そのことのみ納得

です。革命にも色々あって、朝日る専売特許ではありません。

保守革命もある。近年の日本では吉田松陰が説いた。

               *

戦後世論を好きなように動かせてきた朝日新聞は、最近「孤族」特

集をやってます。個利を扇動してきた張本人が、何の反省もなく人事

のような立ち居地で書いてる面の皮の厚さには驚くばかりです。

孤族どころか孤国になった気分さえある。

               *

打破するには保守革命かクーデターです。平和的には総選挙。

首相が半年で交代しようが戦後の垢を洗い流すにはやむをえない。

それもやらなければ大変な時代になりますな。多分。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 主権在民の質も問われる 興国の年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/38322525

この記事へのトラックバック一覧です: 仙谷・菅ちゃん政権の初仕事は解散総選挙をすることです:

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 主権在民の質も問われる 興国の年 »