« 警視庁公安部の国際テロ関連の捜査資料をネットに出したテロ屋を逮捕しろ | トップページ | 後3年もこんな与党が続いてよいのですか? »

金正日一家の手下を育てる教育をやっている朝鮮学校に血税を注げという朝日の斜説

善意の安売り、あるいはその本質の筋違い、それらを前面にして作

為ある意図を秘めながら押されると、人情を持つ人間は反論しにくい

ところがある。その弱味をネタにして突いてくるのは、オレオレ詐欺

であったり、平和屋、人権屋などであります。

へんてこりんな新興宗教も含まれる。

               *

あらゆる人の尊厳と人権を踏みにじって喜ぶのは絶対に尋常では

ない。万人が忌み嫌って当然であります。

しかし、そういう人の思いをネタにして、間違ったこと、或いは偏向を

刷り込んでイデオロギーを伝播させる行為は最も悪どい所業です。

               *

今日の朝日の斜説は、『無償化先送り―砲撃は理由にならない』

した。しつこく、しつこく、朝鮮学校の授業料無償化を喧伝している

朝日です。

               *

『民主党政権は、子どもの学びの支援に外交、政治上の問題はから

めないと確かめたはずだ。「平和という前提が崩れた」との理由でそ

の考えを変えるのは、筋違いではないか。』 元々民主党は北鮮及

び朝鮮半島に土下座売国シンパシーを送る議員が多く、拉致被害者

家族をかえりみず血税を朝鮮学校に注ぐことを一端決定したのです。

朝日と根性は同根です。

               *

『朝鮮学校出身の若者はこんなことを言っていた。「オレには朝鮮は

親のようなもの。親が悪いことしたからって縁が切れるわけじゃな

い。嫌いだからって捨てられない」。彼らとて「親」のふるまいをどうに

もできず、悶々(もんもん)としているのにちがいない。』 多くの日本

人を誘拐拉致した犯罪国家です。

               *

金正日一家は、国民(親)を人間として国家としてあるまじき未曾有

のやり口で虐め倒しています。人類史上まれに見る圧政国家です。

その親の国のありようをだらだらと見過ごす卑怯さをこそ反省すべ

きです。見過ごすこと事態が、金正日一家に協力しているのです。

               *

情緒的な理屈をこねまわして、いつまでもラチが開かない理屈に加

担する朝日の論理は、倫理的に間違っています。

何の値打ちもない善意の安売りであり、本質的には金正日一家の

味方をしていることになる。

朝日は北の国の人々をどのように思っているのでしょうか。

               *

大阪府の橋下知事は、4つの問題点をあげて朝鮮高校無償化適用

に異論を唱えています。

①学校法人として政治的に中立か。

②教室内に金日成、金正日の肖像画を掲示している。

③朝鮮総連の影響下にある。

④特定の政治団体と関係がある。

               *

誘拐拉致した犯罪国家をよしとする洗脳教育をやっている朝鮮学校

に日本人の血税は出す根拠がない。橋下知事の意見は明確であっ

て、多くのまともな日本人の思いを代弁した当然の主張です。

               *

『砲撃以来、各地の朝鮮学校には嫌がらせの電話がかかっている

という。同時多発テロの後には、世界各地でイスラム教徒への監視

や加害が強まった。紛争の際、矛先が真っ先に向けられるのは少数

派の移民たちだ。』 朝鮮半島の在日は移民だったのですか。ほ~。

嫌がらせの電話は、朝鮮総連得意のチマチョゴリをカミソリで破られ

たよ嘘八百被害者工作話なのかもです。今回だと民団の連中が

一生懸命嫌がらせ電話をするのではないか。

日本人かのように書く朝日の斜説には根っからの信憑性がない。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 警視庁公安部の国際テロ関連の捜査資料をネットに出したテロ屋を逮捕しろ | トップページ | 後3年もこんな与党が続いてよいのですか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/37967905

この記事へのトラックバック一覧です: 金正日一家の手下を育てる教育をやっている朝鮮学校に血税を注げという朝日の斜説:

« 警視庁公安部の国際テロ関連の捜査資料をネットに出したテロ屋を逮捕しろ | トップページ | 後3年もこんな与党が続いてよいのですか? »