« 硫黄島の遺骨を土足で踏みにじってケチをつける朝日の斜説 | トップページ | 政治生命がおしまいに近づいた小沢さんよりは 問責を無視している仙谷の方がタチが悪い »

今年良かったと思うこと

今年、良かったと思うことを考えてみたいと思います。小惑星探査

機「はやぶさ」が最後は我が身を燃やしながら、惑星「イトカワ」の微

粒子が入ったカプセルを届けてくれたこと。感動です。

日本の技術力を心丈夫に思うことができました。

               *

鈴木章北大名誉教授と根岸英一パデュー大学特別教授がノーベル

化学賞を受賞されました。日本人の誇りです。

               *

前評判が悪かった岡田ジャパンが、ワールドカップで決勝トーナメン

トに進んだこと。立派でした。「日の丸」を彼らは真摯に背負った。

               *

幻の魚と言われていたクニマス(国鱒)が、山梨県の西湖で生存固

体が確認される。天皇陛下は喜ばれました。

               *

尖閣問題をめぐる民主党政府の弱腰に反発する田母神俊雄さんを

中心とするデモが10月2日東京で行われ、2600名(産経)の国民

が集結した。『「中国の侵略許さぬ」 大阪で3300人抗議デモ』

(11月20日、産経) かつての朝日る左翼がよくやった公共物を壊し

たり傷をつけて暴れるようなものではなく、行儀よく粛々とデモをされ

ました。礼節のある行動に共鳴を受けた国民は多い。

               *

「在日特権を許さない市民の会」の会員数は『2010年6月17日時点

で9000人を超えた』(ウィキペディア) 田母神さんのデモにも多くの

国民が参加された。イデオロギーがどうとかこうとか言うよりも、今の

日本のありようを心配している国民がいかに多いのかの証だと思

います。来年はもっともっと増えることでしょう。

明日の日本につながる予感と期待を与えてくれる国民運動が芽生え

た年になりました。

               *

シナ・ロシア・朝鮮半島という夜盗強盗国家に日本が囲まれている

現実を、痛切に思い知らされる年でした。そして朝日る売国連中の

存在が浮き彫りとなる事象が様々にあった。根本的な戦後日本の体

質的欠陥に多くの国民が気づくことになりました。

               *

チェンジ、政権交代と朝日るマスゴミが煽った民主党が政権につき、

いかに彼らが無能であったのかがよくわかったこと。

民主党政権は戦後の朝日る連中のシンボルであり象徴です。ひど過

ぎる間抜けぶりが証明されたわけで、これも考えようによっては

良かった。正体がばれた。

               ☆

         クリックをよろしく~ (^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 硫黄島の遺骨を土足で踏みにじってケチをつける朝日の斜説 | トップページ | 政治生命がおしまいに近づいた小沢さんよりは 問責を無視している仙谷の方がタチが悪い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428713/38247458

この記事へのトラックバック一覧です: 今年良かったと思うこと:

« 硫黄島の遺骨を土足で踏みにじってケチをつける朝日の斜説 | トップページ | 政治生命がおしまいに近づいた小沢さんよりは 問責を無視している仙谷の方がタチが悪い »