« 鳩山は日本版ノ・ムヒョン 仙石・菅は日本よりも政権護持これ命 | トップページ | 仙石・菅ちゃん政権は見え透いた嘘を押し通します »

今回はヒラリーさんのおかげで日米同盟が機能したことは事実

『尖閣の再発防止策構築へ=梁氏「衝突事件後処理は適切」―日

中防衛相』(11日、時事) 北沢防衛相は、梁光烈国防相にお前とこ

の対応はまぁ良かったと誉めてもらった。ということはシナの思い通り

にことが進んだということであります。

               *

『尖閣防衛、共同で対応=武器輸出見直し伝達―北沢・ゲーツ会

談』(11日、時事) 尖閣防衛に対してアメリカの方が1歩踏み込

んだ。菅・前原・北沢の努力が実ったものではあるまい。

そんな動きをしたとも思えない。知恵も政治力もない。全てはヒラリー

さんの政治家としての感性からアメリカが踏み込んだと想像です。

               *

ブッシュは、政権末期シナにすり寄った。北鮮をテロ支援国家から解

除までした。尖閣に対する姿勢は、領土問題には立ち入らない

だった。『尖閣防衛、共同で対応』 が誠ならば、アメリカは日米同盟

にかなり踏み込んできている。

               *

アメリカは劉暁波氏のノーベル平和賞授与で、オバマ大統領はすぐ

さま彼を豚箱から解放せよとシナを責めている。ヨーロッパも当然同

調している。この辺のところは民主主義国家はかくありなんと強く思う

ところです。民主主義の良さも強みもここにある。

               *

菅ちゃん政権はいかばかりか。フジタの社員解放に対しても「人権」

で帝国シナに対峙することができなかった。よしんば今までの自民

党政権であっても、人権に配慮せよとシナには何も言えなかったと

思います。どっちもどっちこの辺のところはよく似たもんです。

               *

朝日るマスゴミによく出てくる言葉に「朝鮮半島国やシナはメンツを重

んじる国である」がある。日本という自国のメンツを二の次にして、近

隣諸国のメンツを受け入れるべきだがこれ全てという決め付け。

戦後の負け犬根性癖がず~と続いている。売国反日連中は、それを

原理として彼らの論理が成立しているわけであり、珍奇としかいいよ

うがありません。病的体質なのです。そんな病気を次世代に背負わ

せる責任など全然感知していない。

               *

朝日る戦後日本は、サルまね民主主義なのです。シナさえからも日

本は社会主義国家だといわれている。人権屋が大手をふって商売し

ているのだが、朝鮮半島やシナのことになると思考停止。

地球市民をほざきながら実にええ加減に人権を使い分けする。

               *

日米同盟の所以を今回我々は実体験として感知することができた意

味は大きい。岸信介さんは後世に役立つ遺産を残した。

今回シナのおかげで日本人が安全保障の大事さを知ったことにも

なります。問題はここでこれまた思考停止しては何の成長もありま

せん。自力で郷土や祖国をいかに守るのかにステージアップしなけ

ればならないのです。アメリカにもアメリカの都合がある。

朝鮮半島やシナに対してのみおもんばかり、それでもって反米にあけ

くれる朝日る左翼の行状は本当に不条理です。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 鳩山は日本版ノ・ムヒョン 仙石・菅は日本よりも政権護持これ命 | トップページ | 仙石・菅ちゃん政権は見え透いた嘘を押し通します »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩山は日本版ノ・ムヒョン 仙石・菅は日本よりも政権護持これ命 | トップページ | 仙石・菅ちゃん政権は見え透いた嘘を押し通します »