« 菅ちゃん仙石政府は地検に粛々と責任をおっ被せてシナにひれ伏した  | トップページ | 口先だけの朝日るお花畑平和論者は 国は勿論同胞も守れない卑怯者です »

朝日る九条護憲屋は帝国シナにいかに対処するのか 説明する責任がある

『日本に謝罪と賠償要求=船長帰国、「拘束で主権侵害」―中国』

(25日、時事) 尖閣諸島は我が領土と言っているのだから当然の

要求なのでしょう。

               *

シナは領土拡張帝国主義国家であることが、日本人なら誰にでもわ

かる本性を見せつけたのであります。よって朝日る九条護憲屋の

積年にわたる言い分は破綻しました。

『日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇

高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と

信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。』

ご存知の憲法前文の一部です。

               *

明々白々たる日本の領土領海である尖閣諸島を侵略しようとする

シナに『諸国民の公正と信義』 があるのかどうか、特に朝日新聞に

はわかりやすく説明してもらいたい。

九条も護憲も、日本を守るには何の役にも立たない現実と事実が

はっきりしたのであります。

               *

『中国、東シナ海ガス田の掘削開始か 各紙報道』(25日) シナは

日本の弱味を当然遠慮なくついてくる。『なぜ釈放?怒る漁民「中

国漁船、どさっと来る」』(24日、読売) 『「起訴して当然だと思って

いたのに……。国に見捨てられた気分だ」沖縄県・与那国島の与那

国町漁協の中島勝治組合長(44)は、那覇地検の判断に憤りを隠

せない様子で語った。』

               *

軍艦と潜水艦つきのシナ漁船がおっつけ大量に尖閣諸島周辺に出て

くるのではないか。その時には海保巡視船の装備では太刀打ちが

できない。巡視船がそっくり拿捕される事態もある。

最低でそれくら。最大は戦争です。尖閣に関する初戦では米軍が絶

対に出てこないとシナは読んでいる。いくら同盟国だと言っても先端

を米軍が切る道理はない。

               *

ガス田の掘削を始めれば対抗措置をとると弱腰日本は叫んでも、現

状のムードでは口ばかりで手も足も出ない。

ここまでの事態になったのだから、朝日る九条護憲屋は対処法を示

し説明する責任がある。インド・アメリカ・南鮮の各紙では、「中国の

圧力に屈した」 とチキン日本を嘲笑した報道をやってます。

事実だから弁解できるものはなにもない。

               *

朝日る九条護憲屋は 「首をすくめてやりすごす勇気がいる。それが

本当の勇気だ。」 とでもいうのでしょうか。和睦に五分のウィンウィン

はありません。弱者は常に損をする。

今の朝日る民主主義国家日本では、帝国シナに太刀打ちできない。

北鮮に続いてシナが日本を乱打している。政治家は信用できない。

朝日る護憲屋マスゴミも勿論できない。法の番人である検察弁護士

裁判所も信用できない。オーバーではなくもうそんな国なのです。

世迷い現行憲法を破棄して、南鮮でもやっている徴兵制度を導入せ

ざるをえない時がきたのではないでしょうか。

世界標準の国にならなければ、平和であることを許してくれない。

今までの平和ボケ日本はあまりにも幸せすぎたというかアホすぎたと

いうことです。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 菅ちゃん仙石政府は地検に粛々と責任をおっ被せてシナにひれ伏した  | トップページ | 口先だけの朝日るお花畑平和論者は 国は勿論同胞も守れない卑怯者です »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅ちゃん仙石政府は地検に粛々と責任をおっ被せてシナにひれ伏した  | トップページ | 口先だけの朝日るお花畑平和論者は 国は勿論同胞も守れない卑怯者です »