« 根性がねじれているのは朝日る民主党 | トップページ | 姥捨て子殺し そんな戦後世情を作ってきた中心は朝日と日狂組です »

朝日る民主党も政府も 脳死中

人の死は脳死か心停止か。どっちに転んでもそれは「死」だろ、と

思っているのですが、色々とややこしい考え方がある。機械でパコパ

コと呼吸をさせているのだが、脳が死んでいる。酸素が供給されて

いるので、全身に血が行き届いているわけで血色がよい。まさに今に

も起き上がりそうに見える。自分の親父の最後もそうでした。親父の

死は脳死と判定されたその日として命日参りを大事にしています。

               *

知恵遅れの民主主義国家の日本にも、ようやく臓器移植の道が開か

れようとしています。大歓迎です。人の命を救うことができる「死」は素

晴らしいことだと思います。どなたかの天使になりえる。

実に有意義ではありませんか。

               *

円高になっても失業が増えても、民主党政府は脳死状態そのもの

です。代表選が終わるまで、大事な政策は停滞したまま。

一昨日あたりの菅ちゃん首相は、これから担当大臣の意見を聞くとこ

ろですとニコちゃん笑顔でインタビューに答えていたのだが、実にな

まぬるい。国家国民よりも、代表選大事とするスケベ根性ありあり。

               *

この政権の脳死状態の例の1つとして、7月28日にホルムズ海峡

で商船三井のタンカーが爆発。朝日るマスゴミは8月の反日祭りに忙

殺されておられて、16日くらいからあれってテロ攻撃はなかったの

かい、なんて呑気に報道し出しています。

政府はどうかいなというと、朝日るマスゴミが騒ぐまで何事にも手を

出さない、波風を立てたくない。

               *

幸いにもタンカーは沈没せずにすんだのだが、どうやら脳天気日本

をそっちのけにして世界各国はこの事件に大変注目している。

ホルムズ海峡がテロ屋の手に落ちると、世界のエネルギーの動脈

が止まってしまう。もっともその影響を受けるのは我が日本でありま

す。ではこの海峡での安全航行を守るためには誰に頼らねばならな

いのかというと米軍以外に他なりません。シナは日本の生命線であ

る南沙諸島海域を牛耳ろうとしている。

この問題でも米軍は今頑張っている。ベトナムは朝日る大帝国シナ

にたてを突いているわけで、再度書きますが大した根性です。

日本にはこれがない。

               *

さて、民主党政権は国家国民のために常に危機感を持っていると思

いますか? 本日当たりは鳩ぽっぽの軽井沢の別荘に民主党議員

が集まり、汚沢も顔を出したとかやら。

数ヶ月前には二人で引っ込みましょうと宣言したはずなのに、何のこ

とはない、はしゃぎまくっている鳩山と小沢であります。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 根性がねじれているのは朝日る民主党 | トップページ | 姥捨て子殺し そんな戦後世情を作ってきた中心は朝日と日狂組です »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根性がねじれているのは朝日る民主党 | トップページ | 姥捨て子殺し そんな戦後世情を作ってきた中心は朝日と日狂組です »