« 1日に朝日が書いたゆうパック安心理論 応援記事の責任をとれ | トップページ | 国民を愚民扱い 朝日る民主党のたぶらかし »

日本を洗濯するには まず参院で民主党に勝たせないことです

本日の朝日の社説は『ゆうパック遅配―民営化の原則に立ち返

れ』 でした。『お粗末な失態の陰に、大切な顧客や働く人々への配

慮を欠いた経営ぶりがうかがえる。民営化の流れを押し戻そうとす

る「郵政見直し」や、官僚体質と無縁ではないだろう。』『今回の事

態は、金融重視と官業回帰ムードを改め、本業と民営化の大原則に

立ち返るべきことを示している。』 と書いている。昨日このブログで

『1日に朝日が書いたゆうパック安心理論 応援記事の責任をと

れ』 を書いたのだが、たまたまバッティングしたようです。

               *

09年7月に発表された宅配のシェアは、ヤマト38.7%、佐川33.4%

でした。2社で7割をこえている。日通10.3%、ゆうパック8.7%。

ゆうパックだけでは1割にも届かなかったのです。そもそもが日通と

合併しなければならなかったという根拠がわからない。

親方日の丸という腐った精神がきれいさっぱり変わっていないわけ

で、日通ペリカンを引きずり込んだことによって親方日の丸屋が2割

近くのシェアになってしまったということになります。

規模を大きくしたことにより、天下りの受け皿が増えた、だけなので

はないか。

               *

小泉元首相が言った民間にできることは民間にが正しい。国家権力

が民間でやれる事業に首を突っ込み稼ぐのはフェアーではない。

金融保健分野も勿論しかりです。小泉改革以降近くの郵便局から

我々のサービスに対する感想をききたいと3回くらいアンケートが来

ました。民主党政権になりそして亀ちゃんが大臣になってから全くこ

ない。どいつもこいつも手のひらを返すのが上手すぎる。(笑)

朝日新聞も社説で、国家権力が民間でやれる事業にクビを突っ込む

のはフェアーではないという趣旨のことを心入れ替えて書くべきです。

               *

『民主、過半数割れに危機感 自民堅調』(7日、産経) 河野太郎

や加藤紘一、古賀誠などがいる自民党を全面的に応援する気などな

いのだが、これはこれでけっこうなことです。

衆参共に民主党が権力を握ると、まるで安心できない国になる。

               *

死刑を執行しない千葉法務大臣。この極左おばちゃん大臣自らが

死刑制度をとっている国の法律を態度で破っている。

外国人参政権では、朝日新聞(他朝日るマスゴミ)と社民党・狂産

党・公明党が地方参政権を付与したいとマニフェスト(朝日は斜説)

に書いている。民主党以外の政党は反対を明確にしています。

民主党は卑怯にもスルーしている。

圧倒的な議員数を擁している第1党が立場をごまかしているわけで、

これからしても民主党は国政を預かることを「商売」にしている政党だ

といわざるをえない。得をするなら何でもするぜよのスタンスであり、

信用できない。

               *

参院は今の野党に任せるべきです。政治家は血反吐を吐くくらい苦

労して合従連衡をやり、そして政党政治家を国家観で区分けする、

これが日本の洗濯です。菅ちゃんがコマーシャルで洗濯をやってい

るが、小沢一派の泥も落とせないのではないか。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 1日に朝日が書いたゆうパック安心理論 応援記事の責任をとれ | トップページ | 国民を愚民扱い 朝日る民主党のたぶらかし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日に朝日が書いたゆうパック安心理論 応援記事の責任をとれ | トップページ | 国民を愚民扱い 朝日る民主党のたぶらかし »