« 7対0で大敗 金正日の血圧はさぞかし盛り上がったことでしょう | トップページ | 消費税話を1番喜んでいるのは小沢一郎では? 民主党の銭金問題を忘れてはならない »

インドはダメだがシナならよいと書く朝日はへんてこりん

『参院選、24日公示=「消費税」争点に』(23日、時事) 過去消費税

話を盛り上げた自民党政権はこぞってその時の選挙に敗北してい

ます。菅ちゃんは知らないはずがない。

               *

なのに踏み込んだ。この点は評価せざるをえないところが確かにあ

る。問題は消費税アップと抱き合わせにして国会議員数を削減でき

るのかどうか、何よりも前に実のある景気浮揚政策を打ち出せるの

かどうかも含めて国民の評価を受けなければなりません。

汚沢鳩山だったら自民党は消費税を10%にあげるといってるが、

我々民主党は上げません。もっとバラマキますとおそらくや叫んでい

たことでしょう。

               *

この点が同じ民主党政権なのに、鳩山と菅でコロッと180度変わっ

てしまった。いかがなものかいなと。今の衆院民主党の烏合の衆の

ような議員数は、汚沢鳩山の詐欺マニフェストによって有権者をだまく

らかして得たものであります。

政権公約がコロリンとかわったのだから、本来は衆参同日選挙でな

ければ筋が通らない。なのに衆院解散をせまるマスゴミは皆無。

朝日るマスゴミはいつもの偏向報道で民主党を擁護している。

               *

今日の朝日の斜説は、『原発輸出―インドへ?「非核」が泣く』 で

した。『成長戦略なら、すでに原子力協定がある中国の市場を重視

すべきだろう。沿岸部に集中する中国原発の安全性を高めるため

にも、耐震性、信頼性の高い日本の関連部材の輸出拡大を目指

す。その方が日中双方の利益にもなるのではないか。』

と書いてます。

               *

シナもインドも同じ核爆弾保有国です。インドはNPT(核不拡散 )でど

うとか書いているのだが、ロシアもアメリカもフランスも、安保理の核

保有大国は既にインドとちょねちょねとやっている。

そこでインドだけにNPTを錦の御旗にしてダメだ、シナならよいと書

く朝日珍聞の理屈は世界の常識というよりも認識が破綻している。

軍拡をしこたまやっているシナなのに、NPTに照らして原発の部品な

どを輸出するのはシナだけは良いのだと書く朝日の斜説はまっこと

へんてこりんであります。時代遅れの主張満載のこの斜説も、屈中

朝日の面目躍如というところです。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 7対0で大敗 金正日の血圧はさぞかし盛り上がったことでしょう | トップページ | 消費税話を1番喜んでいるのは小沢一郎では? 民主党の銭金問題を忘れてはならない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7対0で大敗 金正日の血圧はさぞかし盛り上がったことでしょう | トップページ | 消費税話を1番喜んでいるのは小沢一郎では? 民主党の銭金問題を忘れてはならない »