« 今の政権では井戸の中のカエル騒動てんこもりだが 土壷から抜け出る活路がみえてこない | トップページ | 小沢一郎主席にもんくも言えない大量の議員集団の存在が恐ろしい »

鳩山の迷走を機会に 平和を守る大事な抑止力のことをみんなで考えよう

『普天間、辺野古移設を初表明=首相、県外守れず陳謝-名護市

長反発』(23日、時事) なんともはや。抑止力なるものの大事さがよ

うやくわかったというのだから、下の下くらいの評価はしなくもない。

朝日るニポン社民党そのままの言い分をほざきっぱなしだったら大

変なことになる。

               *

沖縄米軍基地問題が落ち着けば、1番安心するのはひょっとすると

シナかもしれません。彼らからすれば、朝日るニポンはいつまでも平

和ボケでいてほしい、その功労者は米軍だなんてことで。

日本が軍事力で1人立ちでもすることになるともっとも困るのはシナで

あります。

               *

不幸中の幸いとしては、鳩山首相の今更なるお気楽なご発言に

よって「抑止力」という言葉が国民の脳裏に大なり小なり焼きつい

た。憲法九条は占領軍が押し付けた言葉のまやかしであり、大事

な「平和」は抑止力によって守られる。

戦争を仕掛けられない国にすること。備えあれば憂いナシの軍事力

を自力単独で保持することが、世界の普通の国の考えです。

まだまだその道のりが遠いのが残念です。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 今の政権では井戸の中のカエル騒動てんこもりだが 土壷から抜け出る活路がみえてこない | トップページ | 小沢一郎主席にもんくも言えない大量の議員集団の存在が恐ろしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今の政権では井戸の中のカエル騒動てんこもりだが 土壷から抜け出る活路がみえてこない | トップページ | 小沢一郎主席にもんくも言えない大量の議員集団の存在が恐ろしい »