« 人類は火山を消すことはできないけど 悪い政治のマグマは止められる | トップページ | ロクでもない朝日る政権をぶち壊すには 政界の混迷大いに望むところ »

頭かくして尻かくさず 鳩山の腹案

とりあげたい項目が多すぎてどれから書いたらよいのか迷ってしま

います。(苦笑) ブログなるもので長文をアップするのもいかがなも

のかと思いつつ(読んでいただく人に迷惑が掛かる)、且つ又個人的

にはブログに費やす時間の問題もあって最長30分と決めているの

ですが、キーボードがカタカタと動きすぎるところがあり、申し訳あり

ません。

               *

エキスのみを書いて気持ちの全てを表現できるなんて、才能です

ね。自分にはありません。そっから考えると俳句は素晴らしい。

芥川龍之介の小説も素晴らしい。

               *

本日行われた党首討論を全部見ました。と言っても、時間が短い。

せめて2時間くらいはやってほしいものです。「腹案や さみだれの

ころ どっちらけ」 そんな印象を受けました。今となっては徳之島以

外の場所でないとそもそも「腹案」の価値がない。

               *

『自民・舛添氏が新党検討=荒井氏らに参加呼び掛け』

(21日、時事) おTV屋子飼いの朝日る芸コメの全員が、「舛添は

チキンだ、党を出る気などさらさらない」 と、どいつもこいつも自信

たっぷりに説明していたのだが、出ることになったとは、ご苦労さ

んです。「出ざるをえなかった、追い込まれたのだ」 と芸コメ達は説

明することでしょう。自分達が政権交代させた与党の政治家より国

民的人気があるとモグラ叩きのように小突き回す。

野党である小政党を虐めまくる。朝日るマスゴミの報道ぶりは同じ少

数である社民党に対する扱いと全然違う。

報道する側の好き嫌いがはっきり見て取れる。福島瑞穂たんの顔

が、毎日何かとTVに出てくる。けったいな話です。

               *

『石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり-社民・福島党首』

(19日、時事) 提訴するならやってごらん。差別だとか名誉を傷つけ

られたなんていうのなら、福島瑞穂たんも朝鮮半島人をバカにする認

識をお持ちであるということになる。仮にそうでなくても、元朝鮮半島

人だと呼ばわれたらそれに誇りを持つくらいの政治家ではなかった

のでしょうか。そんな政治活動をず~とやってこられた。

どうぞ裁判でもやって恥を晒してください。

               *

おいらが朝鮮半島人だったら、そんな福島瑞穂たんこそを訴えたい。

逆に我々の名誉を傷つけているとさえ思ってしまいます。

               *

『拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」-訪朝支

援者に表明』(20日、時事) 朝日る左翼の根性なし、ぶざまさに呆

れます。主体思想のもとで死ぬまで貫け、と言いたい。

日本という国に甘えるニートです。ほとんどの拉致被害者は帰ってい

ないのに自分達は帰国したい? ええ加減にしてもらいたい。

こんなもんです朝日る国衰連中は、ずるい。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 人類は火山を消すことはできないけど 悪い政治のマグマは止められる | トップページ | ロクでもない朝日る政権をぶち壊すには 政界の混迷大いに望むところ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

"舛添新党"
私とても嫌な予感をしているのですよ。
結論を言いますと
中華人民共和国日本自治区初代自治区長舛添要一
が誕生するのではないか。
詳しくは
"まさか、右翼と呼ばないで!"というところにお邪魔して
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-411.html#comment
に書きましたが。

ただプラス思考で、今のうちに毒を出して、麻生前総理をはじめとするちゃんとした自民党になってほしいと願っているところです。

投稿: Sura | 2010年4月21日 (水) 23時29分

>Sura さんへ

谷垣総裁が靖国の春季例大祭に本日参拝
に行かれた由。歓迎するところです。

自民党には保守政党としての筋道を取り戻し
ていただきたい。

投稿: 管理人 | 2010年4月22日 (木) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人類は火山を消すことはできないけど 悪い政治のマグマは止められる | トップページ | ロクでもない朝日る政権をぶち壊すには 政界の混迷大いに望むところ »