« 何がチェンジだったのか バラマキ以外の対案など持っていなかった詐欺師与党 | トップページ | オバマ政権の子育て減税は パチンコ代と貯蓄に回る現金バラマキより政策の質は高い »

創価学会政党が朝日る民主と手を組めば 氏素性はぴったんこ

『自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ』(27日、産経)

『民主党が推進している永住外国人の地方参政権(選挙権)の付与

について、地方議会で反対意見書の採択を働きかけるよう、都道府

県連に指示する方針を明らかにした。子ども手当の財源の地方負

担、日教組問題などについても採択を促す。』 良いニュースです。

これなどは憂いなく自民党を支持できる。

               *

前政権の案をストップさせてこねくり回したあげく、くだらぬ内容の2

次補正予算は28日に通過するらしい。

何ヶ月も景気の動向にそっぽを向いて、遅れに遅れて出てくる。

麻生政権が出したものと大差なく、ストップさせてもてあそんだだけ

の話ではありませんか。これに関しても朝日るマスゴミ批判は

一切ない。TVでは「景気が心配だからお金問題の追及であけくれる

と国民が困る」てな話ばかりでした。銭金問題を追及する野党の方

を非難するような言い草です。

               *

それらしく政権を追求しているようなマスゴミだが、小沢鳩山の金問

題だけはどうにもならないレベルになったと覚悟したくらいのもので、

これで与党を批判する側に立ったなんてことはありません。

朝日る連中はそんなもんではない。

               *

朝日珍聞は、今日など「日本が好きと思える日めざし」のお題で南

鮮元大統領金泳三の勝手話をしこしこと大きく掲載している。

別にあんたらに好きになってほしくもない。この記事では靖国参拝を

しないで国を売った中曽根元首相さんの話もついになっている。

中曽根曰く、「過ちを謝る礼儀」が必要だと能書きをたれている。

朝日の在日参政権を実現させるための工作特集でしょう。

               *

補正予算に、自民は反対し公明とみんなの党が賛成する。

みんなの党、大体こんなポピュリズムにあふれた軽い党名そのもの

が気に食わない。渡辺さんは愛嬌があるが、江田憲司は曲者です。

何よりも前与党だった公明党が賛成に回った。

これって明らかに民主党政権に色目を使った証です。池田教祖は

在日朝鮮人だともっぱら言われてますが、創価学会政党はいつも

権力の側について生き血を吸うヒル軍団ではないか。

世迷い日本人が血迷ってこんな宗教に救いをもとめているのは実に

嘆かわしい。もっとも利権集団化しているのではあるけれど。

血税にたかる集団というところでもあります。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 何がチェンジだったのか バラマキ以外の対案など持っていなかった詐欺師与党 | トップページ | オバマ政権の子育て減税は パチンコ代と貯蓄に回る現金バラマキより政策の質は高い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

死ねよカスw

投稿: ジャップ(笑) | 2010年1月28日 (木) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何がチェンジだったのか バラマキ以外の対案など持っていなかった詐欺師与党 | トップページ | オバマ政権の子育て減税は パチンコ代と貯蓄に回る現金バラマキより政策の質は高い »