« NHKの「坂の上の雲」に思うこと | トップページ | 金をバラマキ 人気も票も一時買えてもそんなに長くは続かない »

やはり空振り三振で終った鳩山イニシアチブ

COP15における「鳩山イニシアチブ」なんてのは、やはり妄想であり

空想でした。結果日本の25%削減は効果もなく宙に浮き、それと共

に1兆7500億円の金額負担がお荷物として残るだけ。

口先は別にして、世界の評価はああそうかいなくらいのものでしょう。

かくして交渉敗北以外の何ものでもない。イニシアチブを発揮したの

はシナです。彼らが損になる言質は一切残していない。

               *

今日の朝日の斜説は、『COP15閉幕―来年決着へ再起動急げ』

でした。朝日がいくら毎度の地球市民的ええかっこ斜説を書いても、

シナは痛くもかゆくもない。この斜説を読んで連想するのは大東亜

戦争前の世界のありようが浮かびます。

欧米列強のしたたかな外交力で正直な我が国はつまはじきにさせら

れました。そして戦争責任を全部押し付けられた。

今尚喜んで恥を担いでいる亡国のやからが多い。朝日がいくら再起

動を急げと斜説で書いても、空疎そのものです。

交渉ネタをすっかりこっきり世界に言いまくったから、今後これ以上

の材料はどこにあるのでしょう。

               *

敗戦という未曾有の残念な結果をえて、これからは外交力で頑張ろ

うとなったはず。小沢一団のシナ土下座訪問も、南鮮での在日参政

権話も国益の身切りを安く売り叩いただけで得るものはなにもない。

ガス田盗人はいけないとシナにいったわけでもなく、尚且つ天皇陛

下の足も引っ張った。元々から脳天気な外務省だったが、今度のヘ

タこき政治主導で外交力は地べたに落ちました。

たかだか数ヶ月だが、もうええ加減にしてくれと言いたい。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« NHKの「坂の上の雲」に思うこと | トップページ | 金をバラマキ 人気も票も一時買えてもそんなに長くは続かない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKの「坂の上の雲」に思うこと | トップページ | 金をバラマキ 人気も票も一時買えてもそんなに長くは続かない »