« 目先ばっかりだけの朝日る政権には未来がない 希望もない | トップページ | 寺島実郎は鳩山ぽっぽの弓削の道鏡なのかも »

ゴルバチョフさんに泣きを入れたら もうおしまいですよ鳩山さん

『丸山号泣国内10年ぶりV/男子ゴルフ』 プレーオフ4ホール目で

朝鮮半島人の選手に競り勝ち、丸山茂樹選手(40)が昨日の日本シ

リーズJT杯で優勝しました。拍手を送ります。

男子ゴルフはハニカミ王子(18)のことで話題もちきりですが、丸山

選手は米ツアーで3勝している。これってすごいことだと思います。

今季日本ツアーに本格復帰したものの、調子が悪く、最後の最後に

美酒を手にすることが出来た。自分に打ち勝ったのではという美学

を感じる。頑張れ中年! 普通のサラリーマンでも誰でもかれでも、

今は中年の頑張りどころです。やはり最後は何事も粘りと根性なの

だと思います。

               *

マスゴミの尾ひれもついてるのだろうが、タイガー・ウッズ選手に11

人目の不倫相手が出てきたとかどうとか。人間らしくて、けっこうな話

題であります。ゴルフだから18人目くらいまで出てくるとおさまりがよ

さそうな。決して怪物ではなかった人間ウッズを知って親近感がわ

いてくる。

               *

恵まれた家庭に育ったものですから」 と鳩山首相はご発言。

親子3人で脱税していた疑惑が濃い。両手をそえてしおらしく記者の

質問にこたえるのだが、やったことは品格もなければ面白みもない。

ウッズも石川選手も恵まれた才能があって、それを生かせる努力

ができた。ウッズの女遊びは男のかいしょというところがあって、あぁ

そうかなるほどと思う。一方にはあり余る金で首相になったんかいな

という軽さがある。ウッズは苦労して稼いだお金で責任をとるのだろ

うけど、鳩山首相さんはどんな形で責任をとるのでしょうか。

同じ軽さでも自己責任で解消できるものとできないものがある。

立場の違い、立ち居地の責任というものがある。

               *

『日本、ロシア主戦派の同盟案黙殺 日露戦争直前、新史料発見』

(7日、共同) ロシアの主戦派政治家ベロブラーゾフが、『「ロシアと

日本はそれぞれ満州と朝鮮に国策開発会社をつくり、ロシアは満

州、日本は朝鮮の天然資源を開発する」ことなどを提案していた』

てな文書を、反日売国極左の『和田春樹東大名誉教授が7日までに

発見した。』 とですか。これってなんぼのモノなのか。

こんな文書を立派なモノとして、戦争を回避しなかった明治政府を非

難するなら、朝鮮半島人たちは怒るのではないか。

もしそれに同意したとしても、その後の日ロ関係は仲良しこよしで

やっていけたのかどうか、だ~れも断言できまい。あほらしい。

東大には極左教授が多い。そんな連中を血税で飯を食わせている。

不況にあえぐ国民のために働けと言いたい。

               *

『「批判に耐えるのが指導者」=ゴルバチョフ氏が鳩山首相を激

励』(7日、時事) 鳩ぽっぽが来日しているゴルバチョフに『「(マスコ

ミなどから)批判されている」と弱音を吐くと、ゴルバチョフ氏は「当

たり前だ。それに耐えていくのが指導者の務めだ。耐えてください」

と激励した。』 ほう~。

ゴルバチョフさんは鳩ぽっぽの金問題を知っているのかどうか。

多分ご存知なのだろうけど。北方領土問題で意見交換したらしい

のだが、自らのことで弱音を吐いて奪還できるわけはあるまいに。

その会談のお立会人は、鈴木宗男外務委員長だった。

けったいな風景です。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 目先ばっかりだけの朝日る政権には未来がない 希望もない | トップページ | 寺島実郎は鳩山ぽっぽの弓削の道鏡なのかも »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目先ばっかりだけの朝日る政権には未来がない 希望もない | トップページ | 寺島実郎は鳩山ぽっぽの弓削の道鏡なのかも »