« 南鮮も攻撃ミサイルを着々と配備中 安保で後退する日本 | トップページ | 今更保守の定義かよ 自民党 »

朝日る民主党政権とそのチンドン屋マスゴミは 赤字国債発行理由を説明せよ

『選択的別姓―法制化へと動くときだ』(16日、朝日の斜説)

拉致実行犯であるシンガンスを助けてやってくれろと嘆願書に署名

した千葉景子法務大臣さんと同根の反日イデオロギーを持つ朝日

なわけで、こんな斜説を書くのも当然かなと。

『江戸時代の農民や町民にはそもそも名字が許されなかった。夫婦

同姓が制度化されたのは明治に作られた旧民法からで、1世紀余り

のことだ。』と書く。姓名などどうでもええだろという意味らしい。

               *

『導入を阻んできた反対論は次のようなものだ。夫婦が同じ姓を名

乗るのは日本の伝統であり、文化だ。夫婦別姓では家庭のきずな

が崩壊する。なにより子どもが混乱し、教育上よくない。』 

という理由がよくないという朝日の価値観とは、家族も社会もやたら

ば~らばらにしたいということになる。

文化、きずな、教育をどがちゃがにしたい、国旗・国歌反対とも根性

がつながっている。

その反対論の趣旨を守ることこそが大事ではないか。

親殺し事件、子殺し事件、今現在毎日のように全国に発生している

事件の本質は、家族のきずながなくなったことです。

それは戦後教育であり~の、朝日る風潮であり~のが原因です。

               *

『「家」制度の名残からそろそろ決別したい。』『多様な生き方を受け

入れることは、今の社会の閉塞(へいそく)感を打ち破るのにも役立

つだろう。夫婦別姓を認めることは、その大きな一歩になる。』

今ある閉塞感を夫婦別姓にこじつけている。閉塞感を日々まき散らし

ているのは、朝日るマスゴミではありませんか。

日本人として誇りを持てない若者が増えています。今日の斜説は、

反日朝日の記念碑の一つとなる内容でした。

子供が父母のどちらの名字を選ぶのか、それは自由だと言っても、

厳しい選択をしなければならない。そんな気楽なものではない。

選ぶ時、父母のルーツに対して○×をつけることにもなる。

               *

我々マスゴミが何とか誕生させた政府だからと守り擁護する報道

が1ヶ月あまり続きましたが、そのご立派な政府のやってる中味が

具体的な形になってきました。

『概算要求、95兆円規模に=財務省、1.3兆円増額-来年度

予算』(16日、時事) 『税収40兆円割れへ=暫定税率廃止で悪化

に拍車も-09年度』(16日、時事)

この差を考えると穴埋めするのは赤字国債発行以外にない。

で、埋蔵金はどうなったんですか?

               *

べらぼうな話です。赤字国債は野党時代にあれだけ発行しないと

言ってたのに、オレオレ詐欺政権ではありませんか。

『橋下知事、政府概算要求を批判「赤字国債ダメ、国家公務員の

給与カットを」』(16日、産経) 『橋下が概算要求を批判「公約断念

すれば大ウソつき」』(16日、ZAKZAK)

               *

橋下知事は血のにじむような思いで職員の給与をカットして財政再

建の見通しを立てました。お気楽な国に怒って当然だし、正論。

自治労・官公労の利権政党は、公務員をどったらこったらやるという

のは口先だけであって、何もできない。ならば裏切りです。

               *

広告代は消費者負担なのです。TVも新聞も特に大手は給料を半分

にすればコマーシャル代は大幅に減る。自らの利権は守って、偉そ

うにオピニオンリーダーぶる資格などあるまい。

朝日系列全社員が夫婦別姓を名乗り、その結果を10年くらいかけて

社会に向けて報告してもらいたい。その後に議論を重ねても遅くも

なんともない。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 南鮮も攻撃ミサイルを着々と配備中 安保で後退する日本 | トップページ | 今更保守の定義かよ 自民党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

夫婦別姓はおそらく
婚外子・国籍法・外国人参政権・移民受け入れがセットで、鳩山政権のクライアント国の人を日本に潜伏させるための法整備でしょう。亀井さん個人が反対しているのは諸々あるにせよその利権を持っていないからでしょうね(亀井さん間違っていたらすみません)。

夫婦別姓が成立すれば本来外人姓を名乗るところをごく自然な手続きで日本人姓を名乗れて容易に潜伏することが出来る。勿論、朝日が書いたような理由はカモフラージュでしょう。

確かに反対派の意見として、
"家族間の絆", "文化の伝承"
など日本の価値観としてはとても重要なことではあるのですが、そのクライアント国の立場になれば、そんな伝統や文化なんかより如何に他国への侵攻が出来るかが問われているわけですから、もっと本質的なところを突いて頂きたいと思っています。

何しろ、そのクライアント国は伝統や文化をある日突然、創り上げてしまうのですから。

ブログ[博士の独り言]のエントリーによると
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-2830.html
どうも、今後制作される抗日映画の日本人役の名前を鳩山以外にするようです。
実に分かりやすい。

投稿: Sura | 2009年10月17日 (土) 00時48分

>Sura さんへ

書き込みいただいた内容に大いに納得です。

『何しろ、そのクライアント国は伝統や文化を
ある日突然、創り上げてしまうのですから。』
まさにです。孔子は朝鮮族だったとか、剣道の
発祥は朝鮮半島だったと言ってます。

こんな捏造民族と歴史を共有するなんて
ことは絶対にできません。シナも朝鮮半島も
嘘を吐くことに恥を感じる文化はないのかと
驚くばかりです。

投稿: 管理人 | 2009年10月17日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南鮮も攻撃ミサイルを着々と配備中 安保で後退する日本 | トップページ | 今更保守の定義かよ 自民党 »