« 日々ようすが悪くなっていく朝日る民主党の政策 | トップページ | 誰がやってもどこまで行っても ぬるま湯平和ボケ日本 »

やがて来る重税を横目に 今はバラまくぞ無責任政府

日本郵政の西川善文さんは、小泉竹中さんの要請により社長に

なった。自ら望んでなったものではない。それを嫌がらせたっぷりに

新政権はクビにする。政権がかわるとハイそれまでよ、でポイ捨て。

気の毒な気がします。しかも悪者の権化のようなレッテルを貼って、

マスゴミも民主党も犬の子を蹴飛ばすように追い払う風景を眺める

と、世の中そんなもんなのかなぁ~と思うのであります。

               *

小泉政権は、赤字国債を30兆円以下にとどめるのだとできる限り

頑張った。しかも消費税を上げずに構造改革をするのだと宣言し、

退路を断った。国民全員が将来のこの国のために痛みに耐えよう

よ、と訴えた。そのために格差が出た~! と朝日るマスゴミは吼

えまくったのだが、今度の政権は場合によっては赤字国債を50兆円

くらい出すのだと意気込んでいる。

それでこの国はよくなるのでしょうか、国民は幸せな明日を迎えるこ

とができるのでしょうか。はっきりしたのは、構造改革やめた政権とい

うことであり、最後の晩餐政権であるということです。

               *

近い将来必ずや消費税大国にならざるをえないのは明らかです。

その状態をわかっていながら知らぬ存ぜぬで無神経にバラまく政

府、あたかも救世主政府の如く囃し立てるマスゴミに対しては連日

連夜腹が立ちます。(苦笑)

西川さんをクビにして、昔のあのサービスの悪い郵便局に逆戻りさ

せるのでしょうか。

               *

『郵政社長に斎藤氏 平野長官、歯切れ悪く』(21日、産経)

なんですか、これは。結局官僚上がりが天下って後継社長に就任

する。しかも小沢一郎といっしょに細川政権時代に福祉税構想を練

りだしたお人です。要するに小沢の子飼いが、やりようによっては

利権たっぷりの日本郵政の社長になるわけで実にきな臭い。

亀ちゃん大臣は、小沢一郎に恩を売ったことになる。

政権に踏み止らせよ小沢はんというところではないか。

国民のためにならないしゃらくさい芸はやめにしていただきたい。

               *

どうやら前原大臣さんは、JALに公的資金をつぎ込むようすが濃

厚になってきました。日航維持は国策であるべきなのかどうか。

その資格があるのかどうか。

半官半民のような形態をちゃらにして、いったん倒産させるべきで

す。労働組合のブルジョア利権を霧散霧消させるべきではありま

せんか。連合というエリート組合政党は、抜本的な改革はやはりで

きない。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 日々ようすが悪くなっていく朝日る民主党の政策 | トップページ | 誰がやってもどこまで行っても ぬるま湯平和ボケ日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日々ようすが悪くなっていく朝日る民主党の政策 | トップページ | 誰がやってもどこまで行っても ぬるま湯平和ボケ日本 »